本田圭佑「まわりがなんと言おうと、最後は俺が決断する」

06
 

来季のEL出場権獲得を決定づけるゴールを置き土産に、ミランからの退団を発表した本田圭佑。

その本田が、シーズンオフやブレイク期間を利用して世界各国を強行スケジュールで飛び回るビジネスツアーに密着する、本田の有料メルマガ「本田圭佑『CHANGE THE WORLD by KSK』」の人気コーナー、「密着“本田圭佑ビジネスツアー”」。

前回のカンボジア篇に続き、今回もいままで明かされることがなかったツアーの様子やビジネスマン本田圭佑の姿を、本人の名言とともにご紹介します。

2016年初夏、カンボジアの首都プノンペンに到着した本田は、そこで何を「決断」したのでしょうか?

密着“本田圭佑ビジネスツアー” in カンボジア Vol.2

驚くほどの「国賓待遇」で迎えられた本田はプノンペンに到着した夜、招待を受けた石焼ステーキの店で乾杯の音頭を取りました。現地のサッカー協会の重鎮やンボジア財界の有力者が本田の目の前に陣取る中、サッカー界とは関係ないビジネスマンもいたからなのか、まずはこれまで歩んできたキャリアの話になったようです。

 

「大阪で生まれ、日本では3年間プレーし、オランダのフェンロというクラブで2年間プレーした。次にロシアで4年(ここがちょっと長かったね、という感じで苦笑い)。そして今、ACミランで2年半が経った」

 

「すごい」と声があがると、本田はさらりとこう言いました。

 

「驚きではない。ただ単に、なりたかっただけだから。すべてをそのために捧げた」

 

そして、昼間に現地のサッカー協会会長がシェムリアップ(アンコールワットがある街)でのクラブ運営を提案していたこともあり、自然とカンボジアリーグの話題に。本田は会長に対して、次々に質問を投げかけていきます。

 

「クラブは営利法人?」「年に何人観光客が来る?」「不動産業やショッピングモールは?」「練習場の施設は?」「協会がどれだけサポートしてくれる?」湧き上がる興味を抑えながら、気になる点をいろいろな角度から確認。

一通り、質問をし終えると、本田は立ち上がりました。

そして思いもよらぬ提案を口にしたのです……。つづきはメルマガにご登録の上、お楽しみください。こちらの記事は5月のバックナンバーを購入すると全文読むことができます。

ご登録はこちら

 

 

※盛りだくさんのコンテンツが目白押しのメールマガジン、「本田圭佑『CHANGE THE WORLD by KSK』」のご登録はこちらから。

本田圭佑オフィシャルメルマガの承認を得て一部抜粋、掲載しています。著作権者の承諾なしにコンテンツを複製したり、再利用することは禁じられています。

image by: HONDA ESTILO

 

本田圭佑『CHANGE THE WORLD by KSK』

著者/本田圭佑

サッカーやスポーツの話題はもちろん、「経営・ビジネス」や「教育」、「時事ニュース」など、他では絶対に公開することのない本田圭佑氏の頭の中を発信し、これまでになかった読者の皆様からのご意見や質問に回答する機会も設けるなど、サッカー好きからビジネスパーソンまで幅広い層にお楽しみいただける情報を届けていきます。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 本田圭佑「まわりがなんと言おうと、最後は俺が決断する」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい