トランプ、ここまでか。側近の裏切りで「弾劾」へのカウントダウン

shutterstock_628593038
 

いわゆるロシアゲート疑惑を巡り、窮地に立たされているはずのトランプ大統領。しかしトランプ氏は自らが解雇したコミー元FBI長官の証言を「ウソ」と言い切るなど、相変わらず強気の姿勢を崩すことはありません。アメリカ在住の作家・冷泉彰彦さんは自身のメルマガ『冷泉彰彦のプリンストン通信』で、大統領の一連の発言や姿勢に関して「呆れるしかない」とし、トランプ氏の側近にして司法長官を務めるセッションズ氏が大統領を裏切る可能性についても言及しています。

弾劾へ向けて自滅コースに入ってきたトランプ

それにしても、大統領の周囲には「リーガル・チーム」というのはあるのでしょうか? 例えば、コミー前FBI長官の議会証言を受けて大統領は、「自分が忠誠心を求めたというコミー証言はウソ」であると言ってしまっています。

何とも不用意な発言ですが、ここに至って全体の構図としては「大統領が忠誠心を要求したという発言」が仮に事実であれば、それが「司法妨害になるという定義」ができてしまった感があります。

一方で、トランプの長男であるドン・ジュニアは、家業に専念し政治には関与しないという約束を破ってFOXニュースに登場し「オヤジは、誰にでも忠誠を求めるんですよ」などとペラペラ喋っています。「誰にでも求めるのだから、司法妨害とか深刻なものではない」ということが言いたいのかもしれませんが、「誰にでも言う」という息子の証言というのは、事実関係としては「トランプはコミーにも言っただろう」という可能性が濃いことを示唆しており、下手をすればオウンゴールものです。

更に言えば、大統領は「オレは議会へ言って宣誓証言したっていいんだ」として「100%やってやる」などと胸を張っています。これも、非常に危険な発言で、選挙運動のときと同じように「もう一つの真実」だとして胸を張っても、虚偽は虚偽であって偽証罪になってしまう可能性があるからです。

私自身が狐につままれたような気分なのですが、合衆国大統領が「ここまでプアなリーガル・サポートしか受けていない」と思われること、にも関わらず「思いつきでの発言やツイートが止まらない」というのには、とにかく呆れるしかありません。

私は、ワシントンの政界の中では、「もうこの政権はダメ」という感覚を持っているのではないかと思い始めています。勿論、民主党の側は、ボロボロのトランプ政権のままで2018年の中間選挙をやりたいでしょうが、この調子で政権が残り17ヶ月も「持つ」とはとても思えないのです。ある種の「国家意思としてもはやこれまで」という感じが近づいていると考えたほうが合理的です。

そんな中、6月13日(火)にはジェフ・セッションズ司法長官が、議会上院の諜報委員会で「公開形式の公聴会での証言」を行うことに同意しました。もしかしたら「秘密会での証言」になるという観測もあったのですが、「公開」ということで俄然注目が加速しています。

上院の大物議員たちが、それ以前にアメリカ社会全体としてセッションズ氏に「聞きたいこと」はたくさんあるはずです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • トランプ、ここまでか。側近の裏切りで「弾劾」へのカウントダウン
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい