なぜ「ワタミ」は、たった1年で53億円もの現金を失ったのか?

MBA20170713
 

先日掲載の記事「ワタミ『復活報道』も虚しく、18億円の最終赤字に転落したワケ」で、ワタミの財務諸表を分析しながら、同社が展開する各事業別に状況分析を行ったMBAホルダーの安部徹也さん。今回も自身の無料メルマガ『ビジネスマン必読!1日3分で身につけるMBA講座』で、バランスシート、キャッシュフロー計算書を読み解きつつ、ワタミの経営分析を試みています。

1年で53億円ものキャッシュが減少したワタミ

ワタミの最新決算分析の前編では、損益計算書から18億円の赤字の原因を特定し、前期の赤字は一時的なものであることを浮き彫りにしてきました。今回は後編として、バランスシートやキャッシュフロー計算書から、ワタミの経営分析を行っていきたいと思います。

それでは、まずバランスシートの現金残高からチェックしていくことにしましょう。

0713_mba1
ワタミの2017年3月末現在の現金残高ですが、138億円とこの1年間で前年の191億円から53億円も減少しています。

この138億円という現金残高は、日割りで計算するとおよそ50日分の売り上げに相当する水準になります。

この水準自体の妥当性はワタミの数字だけでは判断しにくいので、同業他社の鳥貴族と比較してみましょう。

鳥貴族の直近の決算書を見ると、売上高245億円に対して現金残高は37億円とおよそ55日分の売り上げに相当する水準です。

このように両社の現金残高の水準を比較してみると、決してワタミが著しく低い水準ではないことがわかるでしょう。

印刷する

人気のオススメ記事

  • なぜ「ワタミ」は、たった1年で53億円もの現金を失ったのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい