なぜ日系企業は結局、中国・大連に「出戻り」したがるのか?

img_6531
 

中国でビジネスを経験した日本人ビジネスマンの中には、かれらの時間感覚の乏しさや、あまりに自己中心的な行動に辟易した方も多いでしょう。しかし、メルマガ『中国大連ビジネスリポート』の著者・高瀬正博さんは、「そんな中国人も、日本式の仕事術を取り入れ、変わりつつある」と指摘し、たとえ人件費があがっても日系企業が中国に拠点を置くメリットを力説しています。

時を刻みながら発展する大連

16年間を中国・大連市内で暮らしてきて、この10年で市内のあらゆる場所がみるみるうちに様変わりしてきたのを目の当たりにすると、時の流れの速さとともに、行政の行動力と指導力がそれに伴い、見事なまでに速やかに前進していることに驚嘆するのです。

人が求めていることに対して、兎にも角にも、形さえ作ってしまえばという、そこに、中国式手法があります。

10年持たせなければということよりも、5年でもいいから早く市民の目にさらせ、ということが、前提になっているのでしょうか。

地下鉄1号線、2号線を利用する人の数も多く、その便利さを伺う事ができます。

公共バスを利用すれば全行程、1元(約16円)か2元です。地下鉄の場合は、距離によって違い2駅で4元から順次金額が上がっていきます。それでも今の人たちは理解しつつも、あえて利用しているのです。

10年前あたりには、中国人との約束で待ち合わせをする時、その時間の10分ぐらい前には指定された場所に着くというのが日本人としての常識みたいなものがありました。

その反面、中国人は必ずその時間の後に来ることが多く、ある時電話をして「いつ来るの?」と尋ねると、「馬上馬上マーシャンマーシャン)」(今すぐ、今すぐ)というだけ。時間の観念がまったく無い中国人が多かったのです。

※「馬上(マーシャン)」とは、<馬に乗って走っているところだからもうすぐ着く>という意味です。

時が流れ、現在の20代から40代の人たちは時間に対しての重要性がある程度認識されてきているので、以前ほどとてつもなく、自己本位的な行動が少なくなってきました。特に日系企業に勤める人たちには顕著に表れています

そういう人たちの周りにいる中国人も、徐々にそのような行動をとるようになっていくのです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • なぜ日系企業は結局、中国・大連に「出戻り」したがるのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい