中国共産党は、体制を正当化するために「外部の敵」を捏造している

kitano20170815
 

以前掲載の記事「中国は、30年遅れて日本と同じ道を歩んでいる。次は暗黒の20年」で、中国は国家ライフサイクルにより、2020年代から「暗黒の時代」に突入するとした無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』。今回、著者で国際関係研究者の北野幸伯さんは、習近平率いる中国の未来を考察しつつ、彼の国が暗黒時代に入り国民に中国共産党の正統性を主張し続けるのが難しくなったとき、政権が主張し始めるであろう「安全国家」という考え方についても紹介しています。

中国共産党、次の「正統性」は、「○○国家」

日本人は、概して習近平さんが嫌いです。わかります。なんといっても、「日本に沖縄の領有権はない!」と宣言している国のトップですから。

そうなのですが、それと、「彼が有能かどうか?」という話は別です。2015、2016年、習さんは、かなり追いつめられていました。「AIIIB事件」でオバマが、中国の影響力の強さを知った。それで、中国バッシングを始めたからです。中国経済もボロボロになってしまった。

しかし、2017年、習近平は反撃に出ました。1月、ダボス会議で、「グローバリズム絶対支持宣言」をした。さらに、「核兵器のない世界をつくる!」宣言。「パリ協定絶対支持!」宣言。彼は、グローバリストたちと和解し中国経済も少し良くなってきた

最近、世界が心配しているのは、「朝鮮戦争」です。習近平は12日、トランプと電話会談した。そして、「自制を呼びかけた」というのです。

世界的に見ると、「アグレッシブなトランプと金正恩」。「自制を呼びかけ平和を愛する習近平」という構図。もちろん裏の事情を知っている人は、笑います。というのも、北朝鮮貿易の90%は、対中国である。つまり、金体制を存続させ核兵器開発を継続させているのは、事実上中国なのですから。

とはいえ世界の大衆は、そんなこと知りません。表面で起こっていることだけみて、「トランプ、落ちつけ!」「習近平、大人!」などと思っている。しかし…。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 中国共産党は、体制を正当化するために「外部の敵」を捏造している
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい