幸せも不幸せも。いずれ慣れるように人間はプログラムされている

shutterstock_197876549
 

人間なら誰もが抱く幸せや不幸せといった感情。ところが、アメリカの某大学の調査によると、そういった感情に対して人間は、時が経つにつれて慣れていくように、あらかじめプログラムされているらしいとのこと。その詳細が、無料メルマガ『Dr.ハセのクスリとサプリメントのお役立ち最新情報』で取りあげられています。

人間の適応力:幸せにも不幸にもすぐに慣れる。

今、幸せな人は「この生活を続けたい」、不幸せな人は「不幸から逃れて幸せな生活をしたい」などと思うのは、人間として自然な感覚だと思います。

ところが、ヒトはそのような“主観的な感覚”にはすぐに慣れっこになってしまい、幸せも不幸せも気にならなくなるように、生れつきプログラムされているというお話です。

これは、ミシガン州立大学のRichard E. Lucas氏らが、心理学誌Current Directions in Psychological Scienceに報告したものです。

研究はドイツ及び英国で行われた大規模調査を元に解析したもので、結婚、離婚、失職、病気、或いは障害のような様々な人生での出来事を経験した場合、その前後で満足度のレベルがどう変化するかを調べました。

その結果、結婚した場合の幸せについてみると、ほとんどの人は結婚後すぐに慣れてしまい、満足度は数年以内に結婚前の程度にまで低下することがわかりました。

逆に、伴侶を亡くすなどの深い悲しみに対しても同様で、この場合は結婚での幸福感喪失よりに長い時間が必要でしたが、それでも約7年後には忘れることができ、慣れることが出来るとされています。

離婚や失職などの場合は、以前の幸福度には戻りづらかったようですが、それでもいずれは不幸な状態から脱し、以前と同様の幸福感を得ることが出来たそうです。

更に、重い病気や障害についても同様で、いずれは気にならなくなってしまうのだそうで、やや勇気づけられます。

ちなみに、今までの心理学の常識では、そのような状況に陥ると主観的な満足度が長く低下したままである、と云われていたようです。

以上の結果から、ヒトは環境に対する適応力が強く、幸福や不幸にもすぐに慣れることができ、生活環境にはあまり影響されないように出来ていると云う事で、強く生きるようにプログラムされているようです。

“何事も時間が解決してくれる”と昔からよく聞かされてきましたが、どうもこれは、人間として重要な生きる能力であるように思えます。

尤も、幸せに慣れ切ってしまうのは、あまりいただけませんが……・。

image by:Shutterstock

印刷する

『Dr.ハセのクスリとサプリメントのお役立ち最新情報』
こっそり、目からウロコの情報をお教えします。世界の医学誌からの信頼情報のみです。専門家も知らない情報を先取りして、健康維持に。
<<登録はこちら>>

人気のオススメ記事

  • 幸せも不幸せも。いずれ慣れるように人間はプログラムされている
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい