なぜ中国政府が渡航制限しても、日本に来る中国人は増え続けるか

ou20171004
 

10月1日、中国国民が待ち望んでいた国慶節の連休がスタートし、日本にも中国人観光客が続々と訪れています。一方、昨年の連休の渡航先人気ナンバーワンだった韓国は今年は20位以下にまでその順位を落とし、訪れる中国人が激減という憂き目に。一体何が起きているのでしょうか。台湾出身の評論家・黄文雄さんが自身のメルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』でその理由を記しています。

【中国】中国政府が旅行規制しても人気が衰えない日本と悲惨な韓国

中国、国慶節連休始まる 7億人旅行

今年も国慶節の季節となりました。中国人にとって、国慶節と春節旧正月は日本のゴールデンウィークに似ており民族大移動の季節です。実際、日本のゴールデンウィークを真似て、中国ではこの2つの時期を「黄金周」と読んでいます。観光地ではどこでも人があふれ、数年前には敦煌郊外の砂漠地域に観光客が殺到したため、らくだが過労死したということもありました。

今年は中秋節の祝日と重なり、例年よりも一日多い8連休(10月1日~8日)ということもあり、海外旅行を計画する中国人が多かったようです。

中国当局は、人民元の海外流出を危惧して海外渡航人数の制限を設けていましたが、それにもかかわらず旅行者は延べ7億1,000万人と、去年を上回る人々が海外へ旅立って行きました。

行き先の人気TOP3はタイ日本シンガポールの順。そのほか、ベトナム、マレーシア、インドネシア、フィリピンなどの東南アジアが人気が高かったようです。また、中国政府が掲げている「一帯一路」構想内に含まれているチェコやハンガリーなどの東欧諸国も人気でした。

一方、人気なし地域で目立ったのは韓国でした。そこには、もちろん政治的理由がしっかりとあります。地上配備型ミサイル迎撃システム(THAAD)の配備問題で、中国との関係が冷え込んでいる韓国に対する中国の報復措置として、韓国への渡航を事実上禁止しているのです。

中国当局は今年の3月に、韓国行きの団体旅行ビザの発給を停止しました。7月には韓国を訪れる中国人旅行者は前年同月比で7割も減少しています。そして、昨年の国慶節の渡航先として人気トップだった韓国は、今年は20位以下に転落しました。

中国、国慶節で旅行ラッシュ 日本は渡航先2位 韓国はトップから20位以下に転落

去年、人気ナンバーワンだった韓国が、政府の意向次第で渡航者が激減する。いかにも一党独裁の中国らしい現象です。中国人観光客が激減した韓国では、新たに出店予定だった3つの免税店のオープンを延期することを決めました。

中国人客来ず開店しても赤字、韓国の3免税店、オープン延期―中国メディア

印刷する

人気のオススメ記事

  • なぜ中国政府が渡航制限しても、日本に来る中国人は増え続けるか
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい