仕事現場では「一生懸命」より「一瞬懸命」が顧客の心を掴む理由

shutterstock_340289432
 

子供の頃から「一生懸命がんばりましょう」と育てられることが多い我々日本人。しかし、無料メルマガ『ビジネス真実践』の著者で戦略コンサルタントの中久保浩平さんは、ことビジネスの現場においては「一生懸命ではなく一瞬懸命がんばるべき」と言います。顧客の心を掴む「一瞬懸命」の極意とは?

一生懸命がんばらなくていい

仕事に限らずですが「一生懸命がんばりましょう」とか言いますが、「実際、一生懸命がんばり続けるのは疲れる」なんて思うことありませんか? そんな時には、一生ではなく、一瞬懸命がんばるようにしてみてはいかがでしょう?

アドバイスを求めてくる方の中で

「本当に会社を良くしようと思ってるの?」
「本気で成果を上げたいと思っているの?」

と感じることがあります。例えば、

死ぬ気で頑張りますから、アドバイス下さい」
一生懸命やりますからご指導ください」

という人。色々とアドバイスをし、実践の報告を受けても、愚痴から始まり、愚痴で終ったり…とか、「先月は急な出張で実践できなかった」などと、言い訳をしたり…とか。あるいは、広告やチラシの添削をするも、その後修正したものを送ってこなかったり…とか。さらには、戦略を立て、いざ実践となるとなにか言い訳を見つけてきては、重い腰が上がらない…とか。このようなことが、平気であります。

これでは、何を言ったところで、一向に何も良くなりません。そのくせ「一生懸命がんばります」というのです。そんなときほど、「一生懸命がんばらなくていいから『一瞬がんばって』」て、思います。

特にお客さんへの応対、接客、商談、プレゼンなどの場面では、一生懸命ではなく「一瞬懸命」の方が大事だと思います。なぜなら、お客さんは購入するかどうか? 取引するかどうか? を一瞬で判断するからです。広告やチラシ、WEBサイトなどを見て自分にとって必要かどうか? を一瞬で判断するからです。

そこには、理屈も何もありません。感情の世界です。ですから、お客さんへの対応をしている時、商談をしている時、一瞬懸命にお客さんのことを考えながら接することが大切なのです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 仕事現場では「一生懸命」より「一瞬懸命」が顧客の心を掴む理由
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい