揺れるスペイン、カタルーニャ州「独立」なら州首相を死刑宣告

スペイン カタルーニャ 独立
 

サッカーの名門、FCバルセロナの本拠地があるカタルーニャ州の独立を巡り大揺れに揺れているスペイン。ラホイ首相は同州の自治権停止を決め、外交長官は「独立はクーデター」と発言するなど、事態は混迷を極めています。なぜこのような状況に陥り、そして今後中央政府とカタルーニャ州の対立はどのような推移を辿るのでしょうか。メルマガ『高城未来研究所「Future Report」』で、世界情勢に精通する著者の高城剛さんが解説・予測しています。

カタルーニャ州独立を巡る混乱の行方

今週は、カタルーニャの独立投票のその後につきまして、私見たっぷりにお話ししたいと思います。

スペインからの一方的な独立を宣言する構えを見せていた北東部カタルーニャ州のプチデモン州首相は、今月1日に行われた住民投票の結果、ついに独立宣言に署名しました。しかし、中央政府との対話の可能性を残すため、施行は数週間延期し、ペンディングとういう形をとりました。

中央政府からは、独立を宣言したのであれば、法律にのっとって憲法155条を発動させると強弁姿勢を見せています。

その憲法155条とは、自治州の活動を監視するための憲法で、その適用条件は大きく2つあります。

  • 自治州が憲法、もしくはその他の法律に基づく義務を満たしていない場合。
  • 自治州の行為が、スペイン国の利益を著しく侵害している場合。

この2点です。もし、今後憲法155条を発動させるなら、

  • スペイン中央政府は、州知事に対し現在行っている行動を辞めさせるために、まず「通告文」(Requerimiento)を送らなければならない。
  • この「通告文」(Requerimiento)が無視された場合、中央政府は「強制的」にその行動を制することが出来る。ただし、国会で過半数の承認を得る必要がある。

という手続きになります。ちなみに、過去のスペイン史で、憲法155条が発動されたことは一度もありません。スペイン政府は10月21日から自治権を停止すると発表しています。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 揺れるスペイン、カタルーニャ州「独立」なら州首相を死刑宣告
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい