糖尿病や心臓病になりたくない人が毎日続けるべき「最低限の運動」

akm20171114
 

糖尿病・心臓病の予防、筋力低下による尿失禁・便失禁予防には「毎日30分程度の運動」が必要とされていますが、どのくらいの強度で、具体的に何をすれば良いのでしょうか。今回の無料メルマガ『アリエナイ科学メルマ』では著者で科学者のくられさんが、複数の研究結果やスポーツトレーナーの意見などから、その答えを導き出しています。

最低限の運動

最低限の運動健康維持のための運動とは如何ほどの労力なのでしょうか? 世間全体を見渡すと、常に健康に気をかけて、運動をこまめにして、ジムにも通い、食事などにも気をつけて、体型維持、アンチエイジングを頑張っている人、対して、買い物にいけば菓子パンや袋菓子、アルコールドリンクを買ってしまい、運動らしい運動は何時したっけな? という両極端な感じがします。

しかし、粗悪な食生活に加えて運動をしないという不健康を積み重ねていると、糖尿病などの内分泌疾患や心臓病のリスク、もっと簡単には筋力低下からの失禁、便失禁を繰り返すような脆弱そのものの余生が待っているわけで、簡単には死なない分地獄が長引くというものです。なので最低限の運動くらいはしておきましょう…というネガティブよりのポジティブシンキングでいきましょう(笑)。

ハーバード大学とアメリカ国立がん研究所が2015年に発表した事例からみても、1日30分程度汗ばむくらいの運動量というのが理想値となっています。実際に多くのスポーツトレーナーも同じ事を言います。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 糖尿病や心臓病になりたくない人が毎日続けるべき「最低限の運動」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい