家電のプロが明かす、ダイソンの通販モデルが安すぎるカラクリ

kaden20171117-e
 

TVCMやチラシなどの通販で、ダイソンのクリーナーが驚きの安さで売られていることがあります。電器店などと比べると、価格の差は数万円になることも。なぜこのような現象が生じるのでしょうか。メルマガ『旬刊!ブログで言えない家電の話【神原サリーとゆかいな仲間たち】』の著者のひとりで家電コンシェルジュの神原サリーさんが、その驚くべきカラクリを解説してくれました。

通販モデルのダイソンはなぜそんなに安い?~そのからくりとは

先日、懇意にしている方からこんな相談を受けました。

添付しているジャパネットの掃除機のチラシが気になっています。ジャパネットで売られているダイソンと、電器屋さんで売られてる8万円くらいのダイソンは、どのくらい違うのかがわからないのです。どんな差があるのか、教えてくださいませんか?

kaden20171117

これって、ジャパネットに限らずショップチャンネルバージョンも含め、気になっているという人が多いのではないでしょうか。だいたいのところはわかっていましたが、せっかくなのできちんと説明するために、詳細に内容を調べて下記のようにお返事しました。

お尋ねの件、同じ製品が安くなっているわけではありません。ちゃんとからくりがあります。でも、ダイソンのコードレススティッククリーナーは見た目がどれも似ているので一般の方にはわかりませんよね。

● 今回のジャパネットさんの製品

こちらはタイトルの下にあるように<DC62WH ENT SV>となっています。型番からいうと、

  • DC45:2012年
  • DC62:2013年
  • DC74:2014年
  • V6 :2015年
  • V8 :2016年
  • V7 :2017年(V6とV8のエッセンスを取り入れたモデル)

ダイソンのコードレススティックのこれまでの歴史をまとめるとこんな感じになります。ちなみに、昨年登場したV8が現況のフラグシップモデルで、今年のV7は数字のとおり、V6とV8のエッセンスを取り入れたモデルになります。

そしてダイソンのウェブサイトを見てみるとV6以降しか販売しておらず、「DC●●」というのは存在しません。

つまり、このジャパネットモデルはV6の2世代前のモデル(2013年版DC62)をもとにして、本体カラーとヘッド(の幅)のみ、オリジナルモデルとして作り直したものといえます。ある意味、在庫処分に近いかもしれません。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 家電のプロが明かす、ダイソンの通販モデルが安すぎるカラクリ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい