「ネイルが認知症に効果」がヒント。老人を笑顔にする新サービス

kiyoaki20171204
 

ハイキング、ゲートボール、囲碁将棋などジャンルに違いはあれど、自分が楽しめることに打ち込んでいる時のお年寄りの表情はとても生き生きとしています。女性であれば「美」に関することで輝く方もいるでしょう。今回の無料メルマガ『繁盛戦略企画塾・『心のマーケティング』講座』では繁盛戦略コンサルタントの佐藤きよあきさんが、高齢者にワクワクをプレゼントする新たなビジネスの事例を挙げながら、その必要性について考察しています。

高齢女性

喫茶店に入って来た、70~80代のおばあちゃん2人話題はネイルについて。月1回、2人でネイルに行くと言います。季節に合わせて、ネイルを変えるそうです。夏は花火、正月は金色。そんな話をするふたりの目はキラキラと輝き、笑顔で明るく、とても楽しそうです。可愛くも見えます。いくつになっても女心は変わらぬもののようです。

いま、「福祉ネイリスト」という存在が注目されつつあります。介護・福祉施設を訪問して高齢者向けのネイルサービスをする人たちです。施設にいて、自由に外出できない高齢女性であっても、「美とファッション」への想いは強く、いつまでも美しくいたいと願っています。

身なりを気にする女性は、ほんの少し口紅をつけるだけでも、表情が明るくなり、元気が湧いてくると言います。化粧品メーカーが施設の高齢女性に化粧をするという活動があります。化粧をすることで、日常生活にメリハリと潤いを与えるのです。若い頃のワクワク感が戻ってきて、元気になるようです。化粧療法とも言われています。

これと同じ作用のあるのが、ネイルなのです。特にいまの高齢女性は、ネイルの経験が少ないので、なおさらワクワクするのです。このワクワクする気持ちが病気を予防することにも繋がっています。認知症にも効果があるということは、学術的にも検証されています。

【寄稿】ネイルを塗るだけで認知症の症状が改善?! ネイルが持つ「認知症」への可能性の学術的検証に成功

印刷する

人気のオススメ記事

  • 「ネイルが認知症に効果」がヒント。老人を笑顔にする新サービス
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい