歴史文化を守ろうとする日本と台湾、政治利用で破壊する中国と韓国

ou20180110
 

先日掲載の「台湾では今、古き良き『日本統治時代の建物』が観光地化されている」などでもお伝えしたように、かつて日本が彼の地に残した建造物等を「歴史遺産」として保存する台湾。今回のメルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』では著者で台湾出身の評論家・黄文雄さんが、日本統治時代の蒸気機関車2両が台南市により修繕・一般公開されるというニュースを取り上げながら、歴史文化を守る日台と政治利用で破壊する中国との決定的な差について解説しています。

※本記事は有料メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』2018年1月10日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め1月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:黄文雄(こう・ぶんゆう)
1938年、台湾生まれ。1964年来日。早稲田大学商学部卒業、明治大学大学院修士課程修了。『中国の没落』(台湾・前衛出版社)が大反響を呼び、評論家活動へ。著書に17万部のベストセラーとなった『日本人はなぜ中国人、韓国人とこれほどまで違うのか』(徳間書店)など多数。

【台湾】歴史文化を守る日本と台湾、政治利用で破壊する中国

放置されていた日本統治時代の蒸気機関車、台南市が修繕へ/台湾

「フォーカス台湾」によれば、今年、南部・台南市内の公園に30年余りにわたり放置されていた日本統治時代の蒸気機関車2両が、同市政府によって修繕される見通しとなったそうです。文化局の担当者は、修繕作業を通じて機関車の価値を引き立てたいと語っているとのこと。

以下、報道を引用します。

修繕されるのは、旧台湾総督府鉄道「C55 1」と「D51 2」。C551号機は1935年、始政40周年記念の台湾博覧会開催に合わせて日本から持ち込まれ、台湾に初めて導入された最新型の蒸気機関車として同年から走行を開始。D512号機は1940年に投入された。戦後は2両とも台湾鉄路管理局に引き渡され、C551号機はCT251号機に、D512号機はDT652号機に改称された。台湾に現存するC55形は2両、D51形は4両のみ。

 

2両は引退後の1983年に台南市政府に寄贈され、体育公園に設置された。だが、雨風から車体を守る囲いは取り付けられていたものの、解説板も立てられておらず、ひっそりと置かれているのみだった。市は2015年、その希少性などから、2両をそれぞれ市の有形文化財(古物)に登録。2016年には日本統治時代のプラットホームの雰囲気を再現しようと、周辺設備の改善工事に着手した。工事は先月完了し、今月15日から一般公開される。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 歴史文化を守ろうとする日本と台湾、政治利用で破壊する中国と韓国
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい