社会保険の調査が来た。加入しそびれた社員がいたらどうする?

shinmai20180209
 

最近、社労士の元に「社会保険事務所から過去2年分の資料を提出するように言われた」という社会保険調査の相談が多く寄せられているようです。今回の無料メルマガ『新米社労士ドタバタ日記 奮闘編』では、事前調査で「パート社員で社会保険に加入できていたはずの人ができていなかった」ということが判明し、遡及して加入した場合、金額的な面も含めどのような対応が必要になってくるのかをわかりやすく解説しています。

社会保険の遡及加入

最近、社会保険(健康保険・厚生年金保険)の調査が多いなぁ~と感じる。今週は、所長、大寒波、雪の中京都の北部まで。お疲れさまで~す! そして、僕の担当顧問先様にもついに通知が来た…。


新米 「大塚トレーナー、O社さんにも社会保険の調査が来ました!」

大塚 「え? そうなの? 問題はなさそう?」

新米 「2年前からの書類を持って来てくださいって書いてあるので2年間分の資料をいただいてチェックかけてみました。実は、1人、ちょっとどうかなって方がいらっしゃるんです」

大塚 「社員さん?」

新米 「いえ、社員さんは全員問題ないと思います」

大塚 「加入すべきタイミングで加入して、月額変更届もきちんと出せているので、標準報酬月額も問題ない。4~6月の給与を基準にする算定基礎届も大丈夫。残業見込みも見込み違いはなく、標準報酬月額のやり直しはない、ってことよね?」

新米 「そのはずだったんですけど、今は保険加入できている人が本来加入すべきタイミングに加入していなかったみたいなんです」

大塚 「あらら…どのくらいの期間、遡及しないといけないの?」

新米 「半年くらいでしょうか」

大塚 「労働条件通知書は見たの? それまでは、週に30時間未満だったのに、週30時間以上になったとか、何かの条件が変わったことをきっかけに加入されたのではないの?」

新米 「それが、労働条件は全く変わってないんです」

大塚 「じゃぁ、なぜその時点から加入したの?」

新米 「ご本人が社会保険に入りたいって言ったからだそうです」

大塚 「あらら、困ったわね。社会保険に加入したいと聞いて、加入条件に合うように労働時間を長くして加入したのではないってことね?」

新米 「はい、そうではなさそうなんです」

大塚 「つまりホントはもっと早くから加入しないといけなかったってことね?」

新米 「…みたいです。遡って加入したら保険料は高くつきますよね?」

大塚 「それは、自分で計算できるでしょ?」

新米 「あ、はい。そうすると、つまり保険料って、倍かかるってことですよね?」

大塚 「いやいや、倍ってどういうこと? 遡求して社会保険の加入をしたら、国民健康保険料と国民年金保険料は戻ってくるわよ」

新米 「あ、前に入っていた分は返ってくるんですね。それは、良かったです~」

大塚 「O社さんがそういうことを心配されているのね。保険料はダブッて支払う必要はないわよ。やりとりちょっと変わるわ。しっかり横で聞いておいてね」

印刷する

人気のオススメ記事

  • 社会保険の調査が来た。加入しそびれた社員がいたらどうする?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい