高城剛氏インタビュー 「2018年、日本と世界はこう変わっていく」

DSC04451-copy
 

2017年は「仮想通貨元年」とも呼ばれ、今まで不動と考えられていた「通貨」の価値観が大きく揺らいだ一年でしたが、今年2018年はどんな変化の年となるのでしょうか。MAG2 NEWSでは、メルマガ「高城未来研究所」の著者で、世界を股にかける高城剛さんに、全く先が読めない世界情勢の最新の動向を聞くべくインタビューを敢行。近いうちに崩壊するであろう「スマホバブル」から、日本では笑い話の「大麻解禁」まで、目が離せない内容でお送りいたします。

高城剛が予言する2018年以降の世界と日本

MAG2 NEWS:ここ数年、MAG2 NEWSでは、年末年始に高城さんにお話をお聞きするのが定番になってるんですが、まずは高城さんにとって2017年はどんな一年でしたか。

 高城:そんな芸能レポーターの囲みインタビューのようなザックリ話を聞いてどうするんですか(笑)。実は、2017年の前半はまったく働きませんでした。ピアノ習ってたりして、「お稽古」に忙しい日々だったんです。そうやって一年の前半働かなくなると、後半も同様に働けなくなっちゃうんです。

そこで、2018年は社会復帰というか、スタートダッシュでコケないように、なんとか頑張ってますよ、こうやって(笑)。スペインとかに行っちゃうと、またのんびりしちゃうから、なるべくやる気のある人間で溢れてるアジア圏に身を置くようにしてます。

アジアは、熱いですよね。全世界のうち、今は15億人しか中産階級がいないんだけど、これから15年で50億人ぐらいになるんですよ。で、その7割がアジア人だから、円安の間は観光客は増えますね。もちろん、それによって日本人は衰退していくんですけどね。京都はインド人で溢れかえると思いますね。

DSC04468-copy

MAG2 NEWS:では早速、今年もデジタルガジェットについて、まずはお聞きしたいと思います。

 高城:まずは、皆さんが動向に興味あるアップルの話から。

いよいよリリースされるmacOS10.13.4のベータ版を見る限り、大きく変わる予兆を感じます。驚いたのは、ついにeGPUを本格的にサポートすることなんです。

ここ最近のMacは、中も開けられないし、メモリーすら増やせませんでした。でも、eGPUをサポートするということは、いままで、自社だけですべて完結してた姿勢を改め、他と協業していくことを示唆しています。

この年末にiMac Proが出荷されましたが、あれは、プロでもなんでもないですよね。GPU見ると、ただのVega 64で、ゲーマーのためのグラフィックカードなんですよ。同じシリーズでも、本当の「プロ」用、Radeon Pro SSGをiMac Proに搭載することができません。これがあれば、8Kの映像編集だろうが、仮想通貨のマイニングだろうが、やりたい放題なのに、iMac Proは規格が自己完結すぎて、どうにもならないんです。

そこで、macOS10.13.4を見ると、eGPUを本格的にサポートしますので、「近年では考えられなかった、他社製品を組み込み可能なMac」が、今年登場するでしょう。噂されるMac Proの新型かもしれませんし、なにより、この領土の一部を、他社に解放したアップルの変化は、想像以上に大きい。エコシステムの崩壊を感じますね。いまでは想像できない協業も発表されるかもしれませんね。自分たちだけで、すべてを行うのを諦めたわけですから。

MAG2 NEWS:iPhoneやスマホは、どうなるのでしょうか?

高城:スマートフォンで今年台風の目になると思うのが、REDです。

REDは、プロフェッショナル用の動画カメラメーカーで、僕も愛用者のひとりです。本社は、カリフォルニアにあります。この企業は、スポーツサングラスで有名なオークレーの創業者のカメラ趣味が高じて始まった会社なので大変面白いのですが、昨年、突然スマートフォン「Hydrogen One」の発表を行いました。今年の夏に発売すると言ってます。

Androidベースなのですが、画面が浮き出るホログラフィックディスプレイになっているのが、最大の特徴です。これだけだったら、スマホ業界でよくあるネタなんですけど、REDにホンハイとシャープが、今年大型出資するんです。

建前上、現行のREDカメラの小型版を作ると言ってますが、一切、「Hydrogen One」について、触れてません。夏に大々的にリリースするわけだから、ホンハイとシャープが作るに決まってるじゃないですか(笑)。ホログラフィックディスプレイの技術は、Leiaという企業が提供してるのですが、いつものように、このままホンハイのモノになってしまうでしょうね。そして、技術流出して陳腐化して、ダメになるんですよ、GoProのように。

あと、この「Hydrogen One」が面白いのは、誰も見たことがないのにほぼ完売してるんです。1台20万円ぐらいするのに。キックスターターやテスラでも、一応プロトタイプや、完成した商品の映像がありますよね。でも、この「Hydrogen One」は、完成品どころか、なにも見せないで売りつけ決済を行う。これは、新しい! アップルにも、見習ってほしいですね。誰も見たことがないけど、「iPhoneXXX」を、売るような。ええ、僕もすっかり釣られて、昨年夏の発表と同日に「Hydrogen One」予約購入しましたよ(笑)。いつ来ることやら。

高城剛さんのメルマガ詳細はコチラから

印刷する

人気のオススメ記事

  • 高城剛氏インタビュー 「2018年、日本と世界はこう変わっていく」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい