転勤できない。引っ越し費用急騰と「働き方改革」の意外な関係

shutterstock_762116716
 

春の新生活に向けて引っ越しの準備で忙しいという方も多いかと思いますが、今、引っ越し業者が軒並み「値上げ」に踏み切っているようです。無料メルマガ『まんしょんオタクのマンションこぼれ話』の著者でマンション管理士の廣田信子さんはその原因に「働き方改革」が大きく影響しているとし、人手不足にあえぐマンション管理会社の現状などと絡めながらわかりやすく解説しています。

従業員の待遇改善は急務、利用する側も意識改革を

こんにちは! 廣田信子です。

春は、新入学、新入社、転勤等で引っ越しのシーズンですが、今年は、大変なことになっているようです。

知人の話では、新入学に合わせて3月末に引っ越し予定の人が、一応引っ越し業者の確保はできたけど、予定価格の4倍の金額がかかるというのです。従業員に長時間残業をさせられないので、途中交代の2チームを用意しなければならないから、この金額になるのだと言われたようです。引っ越し業界大手が行政処分を受けたことで、残業をさせないようにと会社が神経質になっているのです。

断ってくれて構いませんという趣旨の金額提示だったのだと思いますが…それでも、引っ越しはしなければならないので、高くてもしょうがないと覚悟を決めて依頼したということです。すでにこの状況ですから、これから決まる転勤や新入学の引っ越しは引っ越し業者が確保できない事態も予想されています。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 転勤できない。引っ越し費用急騰と「働き方改革」の意外な関係
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい