ロシアの元スパイ毒殺未遂に新展開、英による自作自演の可能性も

shutterstock_781707544
 

先日掲載の「プーチンの脅迫に欧米激怒。25カ国がロシア外交官を追放した理由」などでもお伝えしているとおり、イギリスで起きたロシア人元スパイ襲撃事件を「プーチンの指示によるもの」とする欧米各国とロシアの対立が深まっています。今回の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』では著者で国際関係アナリストの北野幸伯さんがこの事件の真犯人を探るとともに、我々日本人も欧米とロシアの情勢を正確に把握すべきであると訴えています。

ロシア外相、ダブルスパイ殺害未遂は英の【自作自演】!!!

ロシアのラブロフ外相は、イギリスで起きたダブルスパイ暗殺未遂事件について、「自作自演説を披露しています。どういうこと????

3月4日、イギリス・ソールズベリーで、ロシア人スクリパリさん、娘ユリアさんが重体で発見されました。スクリパリさんは、ロシアの元諜報員。しかし、祖国を裏切り、イギリスの諜報機関に情報を流していた。ロシアでは、「裏切り者」「売国奴」として知られています。

問題は、二人の殺害未遂に使われた「道具」です。ロシア製神経剤ノビチョク」だと推定される。神経剤といってもわけわかりませんが、要は「化学兵器」。スクリパリさんの過去から、イギリスは、即座に「犯人はロシアの可能性が高い!」と宣言しました。

「ロシアは、NATO加盟国であるイギリスを、『化学兵器で攻撃した!」

こういうロジックで、メイさんは、欧米諸国に「みんなで一緒にロシア制裁しましょう!」と呼びかけます。そして、ものすごく成果があったのです。アメリカ、EU諸国、カナダ、オーストラリアなど、なんと25か国がロシア外交官追放に同意した。特に、多くの外交官を追放したのは、アメリカ60人、イギリス23人、ウクライナ13人など。

そして、ロシアも反撃しました。ロシアは、23か国の外交官を追放。アメリカの外交官を60人、イギリスは50人。ここまでが、前々号までに起こったことでした。

ロシア外相、ダブルスパイ殺害未遂は、イギリスの「自作自演」

こちらをごらんください。

元スパイ毒殺未遂は「英政府に利益」 ロ外相が独自見解

4/2(月)20:53配信

 

【AFP=時事】ロシアのセルゲイ・ラブロフ(Sergei Lavrov)外相は2日、英国で起きたロシア人元スパイ毒殺未遂事件について、ブレグジット(Brexit、英国のEU離脱)をめぐる問題から注意がそれることになり、英政府の利益となる可能性もあるとの見解を示した。

「毒殺未遂事件」は、「英政府の利益となる可能性もある」そうです。ええ??? どういうことでしょうか?

ラブロフ外相は記者会見で、「英政府はブレグジットの条件に関して有権者との約束を果たせずにいる気まずい状況にあり、事件が利益となる可能性もある」と指摘した。
(同上)

これは何でしょうか?

殺人事件が起こった。警察や探偵は、「この殺人で得をするのは誰かな???」と考えるでしょう? イギリスは、「スクリパリは、ロシア諜報機関を裏切った売国奴だから、ロシアが殺そうとしたのだ」と断定した。つまり、「ロシアの利益だ」と。

一方、ロシアは、「いや、イギリス政府も、スクリパリが死んで得をする立場だ!」と反論した。つまり、ラブロフさんは、「イギリスは、自分でスクリパリを殺そうとして、その罪をロシアになすりつけた」と。断言はしていないものの、大人なら誰でも、彼が「自作自演説を主張していることがわかります。

日本国民の99%は、「ラブロフ外相陰謀論者!」と思うでしょう???

印刷する

人気のオススメ記事

  • ロシアの元スパイ毒殺未遂に新展開、英による自作自演の可能性も
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい