ここまで来たか。多摩市の「AI市長候補」がスゴいとSNSで話題に

2018.04.10
186
by gyouza(まぐまぐ編集部)
DaRaBJ6UMAAFKUD
 

近い将来ほとんどの人間の仕事を奪ってしまうとも言われている、人工知能(AI)ですが、ついにAIが選挙に立候補する時代が来た!とツイッター上で話題になっています。

東京・多摩市の市長選に立候補し、その斬新な選挙カーが話題になっているのは、AI市長候補を名乗る松田道人さん(@tama_ai_mayor)。

一体、どれだけインパクトのある選挙カーだったのか、まずは当該ツイートを早速ご覧ください。

 

 

これは。。以前、「てつわんあとむ」さんという立候補者が話題になり、記事で取り上げたことがありますが、十万馬力のロボットの次はAI候補ですか。。しかも、選挙ポスターまで人工知能で統一されているようです。

 

 

なんと、素材写真のようなイラストが選挙ポスターに使われていますね。。しかし今回、完全な人工知能が立候補した、、、わけではなく、きちんと生身の候補者がいるようです。

 

 

ああ、なんだかホッといたしました。。多摩市長選の公平性に配慮し、ほかの候補者を含む選挙情報をお伝えいたします(以下、政見放送のNHK男性アナの声で脳内再生してお読みください)。

任期満了に伴う、東京・多摩市長選は4月8日に告示されました。立候補を届け出たのは、会社員の新人、松田道人氏(44)、現職の阿部裕行氏(62)、元会社員の新人、高橋俊彦氏(79)の無所属3人。

AI候補者はどこまで票を伸ばすのか、投票は15日に市内25カ所で実施、同日午後9時から即日開票されます。

 

 

image by: 多摩市長選挙2018 AI 市長.候補 – 松田みちひと ツイッターアカウント

印刷する

人気のオススメ記事

  • ここまで来たか。多摩市の「AI市長候補」がスゴいとSNSで話題に
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい