韓国でアサヒ「スーパードライ」が爆売れ、純利益が前年の5.3倍に

IMG_6649
 

2018年1~3月期の連結決算で、純利益が前年同期比の5.3倍となったアサヒグループHD。国内のビール出荷量が減少する中、なぜ同社は業績を伸ばすことができたのでしょうか。今回の無料メルマガ『店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業』では店舗経営コンサルタントの佐藤昌司さんが、アサヒグループHD好調の理由を分析しています。

アサヒグループHD、純利益が5.3倍に。買収で国際事業が躍進

アサヒグループホールディングスの業績が好調です。5月8日に発表した2018年1~3月期の連結決算(国際会計基準)は、売上高が前年同期比16.6%増の4,420億円、純利益が5.3倍の147億円でした。

ビール類の販売数量が減少したことなどにより酒類の売上高が4.3%減の1,803億円となるなど国内市場で苦戦しているものの、海外市場を担う国際事業の売上高が82.2%増の1,590億円となり、また、同事業の本業の儲けを示す事業利益が5.5倍になるなど大幅な増収増益だったことが寄与し、全体の収益を押し上げました。

国際事業に関しては、ビール世界最大手のアンハイザー・ブッシュ・インベブ(ベルギー)から東欧5カ国のビール事業を買収し、昨年4月から連結対象に加わったことが増収増益の要因となりました。

アサヒは17年度の連結決算において売上高でキリンホールディングスを抜き去りました。キリン(国際会計基準)の売上高は前年比0.5%増の1兆8,637億円と微増だった一方、アサヒは22.1%増の2兆848億円と大幅な増収となり、アサヒがキリンを2,200億円上回っています。アサヒは先述した東欧5カ国のビール事業の買収効果が大きく寄与しました。

アサヒは近年、海外での販売が好調です。たとえば、韓国では傘下のアサヒビールの主力製品「スーパードライ」が人気となっており、順調にシェアを拡大しています。11年に韓国の輸入ビール市場で販売量がシェア28.3%となり、年間で初めて首位に立ちました。それ以降、16年まで6年連続でトップシェアを獲得しているといいます。

韓国市場では、04年に韓国ロッテグループと輸入酒類販売会社のロッテアサヒ酒類を設立し、同社を通じて市場開拓を進めてきました。15年に同社に対する出資比率を引き上げ、連結子会社化し、販売を強化しています。

アサヒは韓国に工場を持たず、韓国向けのスーパードライのほとんどは日本の博多工場福岡市博多区で製造しています。同工場の無料の見学会には多くの韓国人が参加するといい、それほど韓国ではスーパードライが人気となっているのです。

韓国で人気があるアサヒビール。ただ、韓国のビール市場は決して大きくありません。とはいえ、世界的な飲料・酒類メーカーと競争していくためには、主戦場の中国や北米、欧州で本格的に戦う前に日本の周辺国で国際競争力を高めておく必要があるため、そういう意味において韓国はアサヒビールにとって重要な市場といえるでしょう。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 韓国でアサヒ「スーパードライ」が爆売れ、純利益が前年の5.3倍に
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい