世界がバッシングも米が「イラン核合意」から離脱する真の理由

26009193562_91cda1e358_k
 

5月8日に「イラン核合意」から離脱すると発表した米トランプ大統領。表向きの理由はともかく、その裏には別の真実が隠されているようです。今回の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』では著者で国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんが、これまでの経緯をたどりながら「米が離脱した真の理由」について分析しています。

アメリカの「イラン核合意離脱」で、中東大戦争が起こる?

皆さんご存知と思いますが、トランプさんは5月8日、「イラン核合意からの離脱を宣言しました。

トランプ大統領、イラン核合意からの離脱を発表 欧州説得実らず

BBC 5/9(水)12:00配信

 

ドナルド・トランプ米大統領は8日、オバマ前政権が締結したイラクとの核合意から離脱すると発表した。合意は「衰えて腐って」おり、「市民」として「恥ずかしいものだ」と語った。2015年に米国と共にこの合意を結んだ欧州各国からの忠告に反し、トランプ大統領は合意の見返りとして解除していた経済制裁を再び実行すると明らかにした。

この件ですが、アメリカの決定を支持しているのは、イランと敵対するイスラエルサウジアラビアだけです。2015年の「イラン核合意」に参加したイギリスフランスドイツ中国ロシアは皆反対の立場。さらに、世界の核を監視するIAEAも、トランプの決定を強く非難しています。なぜ? イランが、「核合意を守っているからです。

「イランは核合意順守」=IAEA

5/9(水)21:40配信

 

【ベルリン時事】国際原子力機関(IAEA)の天野之弥事務局長は9日、米国のイラン核合意離脱表明を受け「現時点では、イランは核開発に関する合意を順守している」との声明を出した。声明は「IAEAは動向を注視している」と説明。その上で「イランは核合意により、世界でも最も強力な監視体制下に置かれている」として、核合意が有効に機能してきたことを強調した。

イランが合意を守っているのなら、なぜアメリカは、離脱するのでしょうか? 表向きの理由は、こちら。

トランプ氏はかねてから、この合意がイランの核計画を期限付きでしか制限しないことや、弾道ミサイル開発を制止しないを批判してきた。さらに合意によって、中東地域全体に「武器と恐怖と抑圧」をもたらすために使われた1000億ドルの臨時収入を、イランに与えてしまったなどと非難してきた。
(BBC 5月9日)

  • イランの核計画を期限付きでしか制限しないこと
  • 弾道ミサイル開発を制止しない

だそうです。次に、大きな流れから「本当の理由」を考えてみましょう。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 世界がバッシングも米が「イラン核合意」から離脱する真の理由
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい