結局、あの「消えた年金記録問題」とは一体なんだったのか?

5655001219_00a414b120_o
 

2007年、日本中に衝撃が走った「消えた年金記録問題」。旧社会保険庁が解体され、政権交代が起こる原因にもなったこの問題ですが、10年以上を経た今でも、あの問題は何だったのか、その後どうなったのか、すべてを理解している人は少ないのではないでしょうか。この件について、無料メルマガ『年金アドバイザーが教える!楽しく学ぶ公的年金講座』の著者・hirokiさんが詳しく解説しています。

あなたの年金記録は大丈夫? 消えた年金記録問題はまだ終わっていない!

平成19年2月の事ですが、この第一次安倍内閣の時に「消えた年金記録問題」というのが大きな問題となり、日本中にとてつもない衝撃が走りました。

この時に判明したのが、平成18年8月時点で5,095万件の誰のものかわからない年金記録がある事が判明し、平成19年の参院選、平成21年の総選挙で自民党が大敗して、旧民主党が大勝して政権交代が起こる大きな原因にもなりました。

今の日本年金機構の前身である旧社会保険庁も平成21年12月をもって解体された。55年体制(1955年に自民党が誕生して与党第1党としてずっと自民党が政権を取ってた)と言われた自民党政権が重大な年金問題の発覚によって崩れ去ってしまった。

5,095万件の記録というのは、5,095万人という意味じゃなくて被保険者と年金受給者合わせると3億件ほどあった記録の内の5,095万件という意味ではありましたが、それにしてもすさまじい衝撃的な数字でした。

現在の年金記録は、人それぞれ一つの基礎年金番号というので管理されています。昭和61年にどんな職業に就いていようが20歳以上60歳未満の人は全員国民年金(基礎年金)に加入して、生涯を通じて同じ番号を持つという基礎年金番号というものが平成9年1月に付されることになりました。

昭和61年3月までは、民間企業に勤めている人は厚生年金公務員は共済年金自営業の人や5人未満の零細企業の人等は国民年金に加入するというふうに制度が別々に分かれていて、加入する制度が変わると新たな番号が付されるというような事になっていました。

また、同じ制度に転職(例えば民間企業から転職して再度民間企業に就職)した場合は普通は同じ番号のはずなんですが、ここでもまた新たな番号が付されたりしていた。よって、基礎年金番号ができるまでは、一人で複数の番号を持つという事が少なくなかったわけです。

基礎年金番号が導入されたことにより、これらの複数の番号をお持ちの人はその基礎年金番号に統合していきました。しかしそれが完全に統合されずに残っていた年金記録が「宙に浮いた年金記録問題」として5,095万件もの誰のものかもわからない記録として残っていたことが判明しました。誰のものかもわかんないから「宙に浮いた年金記録問題」とか、「消えた年金記録問題」、「消された年金記録問題」とも呼ばれます。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 結局、あの「消えた年金記録問題」とは一体なんだったのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい