大炎上で火傷を負ったVAIO Phone、撤退しなければ命取りに

2015.03.16
733
 

「VAIO」というデザインで攻めるのであれば、出身元であるソニー「Xpreia」と互角に戦えるデザインに仕上がっている必要はあるだろう。日本通信の三田聖二社長も「アップルと対等に戦えるのはVAIOというブランドだけ」と力説するなら、iPhoneに匹敵するデザインであるべきだ。

会見終了後の囲みで、「スマホに書いてあるVAIOロゴをガムテープで貼って、5万1000円で売ったら、消費者は買ってくれるか」という質問に対して、日本通信の福田副社長は「それは買ってくれないと思う」と答えた。

VAIOが本当にデザインで自信があるなら、ロゴがなくても、ユーザーが「デザインが格好いい」と思って手を伸ばすのではないだろうか。それがロゴがなかったら、買ってはもらえないということは、デザインがイマイチということを認めているようなものだし、VAIOというブランドに日本通信もVAIO側も甘えているだけではないか。日本通信とVAIOは、「所詮、ユーザーにはデザインなど理解できるわけがない」と、ユーザーを馬鹿にしているのではないか。

今回の件は本当に、単なるVAIOブランドの安売りで終わってしまった感が強い。スマホを本業にしているソニーモバイルでさえ、デザインに苦労し、市場で存在感を出すのに四苦八苦しているにもかかわらず、スマホのことを理解できていないVAIOが片手間で参入したところで、火傷をするに決まっている。

そもそもスマホのデザインを語るなら、外観だけでなく、操作性にも手を入れるべきだ。ハードとソフトが融合してこそ「スマホのデザイン」ではないか。

スマホ市場は、ブランドを貸しただけで利益が得られるほど、簡単で甘い市場ではないはずだ。

製品発表後、VAIO関係者が「誤解がある」「こんなはずではなかった」「悔しさでいっぱい」と漏らすのを聞く限り、どうやら今回の案件はVAIO側が望んでいた結果ではなかった雰囲気がある。

VAIOが本気でスマホをやるというのであれば、日本通信に頼ることなく、自社で開発チームを立ち上げるべきだ。現状、「VAIO Phoneコールセンター」に電話をすると、日本通信につながるという。これでは、VAIOにはスマホのノウハウが蓄積はされない(情報は共有されるだろうが)。

今後、WindowsPhoneという可能性があるなか、VAIOがスマホに活路を見いだしたいのなら、サポート体制も含めて、一から出直して、自社でもっと取り組む必要があるだろう。

もし、その気がないのなら、一刻も早くスマホ市場から撤退したほうが身のためだ。スマホは辞めて、本業のPCに集中した方が良い。でなければ、今回のVAIO PhoneはVAIOにとって命取りになりかねない。

Source: b-mobile

 

『石川温の「スマホ業界新聞」』 Vol.122より一部抜粋

【Vol.122の目次】
1.VAIOと日本通信が「VAIO Phone」を正式に発表
━━2社の幹部がメディアからの素朴な疑問に答える
2.VAIOは単に日本通信へ「ブランドの安売り」をしただけなのか
━━命取りになりかねない「片手間でのスマホ参入」
3.MNO批判の日本通信が「ちっちゃなMNO」に変身
━━日本通信が自ら実証した「MNOビジネスモデルの優位性」
4.今週のリリース&ニュース
5.編集後記

 

著者/石川 温(ケータイ/スマートフォンジャーナリスト)

日経トレンディ編集記者として、ケータイやホテル、クルマ、ヒット商品を取材。2003年に独立後、ケータイ業界を中心に執筆活動を行う。日経新聞電子版にて「モバイルの達人」を連載中。日進月歩のケータイの世界だが、このメルマガ一誌に情報はすべて入っている。
≪無料サンプルはこちら≫

人気のオススメ記事


  • 大炎上で火傷を負ったVAIO Phone、撤退しなければ命取りに
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい