メルマガ登録

EJ エコガイドジャーナル

  1. ビジネス・キャリア
  2. 経営
  3. コーチング
E・J 1号

☆☆☆




エコガイド・ジャーナル  1号




☆☆☆

----------------------------------------------------

こんにちは。
世界自然ガイド総合研究所
の長内です。


エコガイドを職業としている方
または、それを目指す方
その他の方は「視点を広げ幸せになる事」を
目標に有料情報を提供します



このような方に「価値をもたらします」

★ ガイドで稼ぎたい方
★ 営業成績を向上させたい方
★ コミュニケーションを強化し、「幸せ」になりたい方
★ 主婦や女性でさらに「愛されたい」方
★ ビジネスで成功したい方
★ 長生きで「寝たきりになりたくない」方
★ 暇で多少お金がある方



1号の記事内容を紹介いたします
目次と内容はこちら


■ 今回の記事
(特集 ガイドでワクワク)

■■■■ 今回のぼやき 
(フリートーク・格言など)

■■■■■  編集後記



----------------------------------------------------


■今回の記事
・ ・・ガイドに役立つ情報満載・・・

特集 ガイドでワクワク


☆目標  ガイドが解説で話せる内容を提供
☆目的  人々の視点が広がり幸せになる事


☆目次☆

1、トピックス  
最新情報を提供します

   ガイド料を値上げする方法

2、エコガイド・フォーカス 
 ガイド業界の課題・現状・解決

   ガイドの保全活動とは

3、キーワード・チェック
気になるキーワードをチェック解説します

   「安全管理」というキーワード

4、ガイディング技術のティーチング
ガイド技術の指導・伝達

   お客様を「トリコ」にするガイド術

5、解説技術のコーチング
解説技術を伝達します

   子供向けの解説術

6、解説知識スタディ
解説知識の伝達と習得方法

  解説資料の作り方

  「相当役立ちます」
  
  「ためになります」



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




1、トピックス  
最新情報を提供します




ガイド料を値上げする方法             

  ・・これは本当は公開したくないです・・


◎ 結論  
すごく簡単です
私のガイド料は1日いくらです。と宣言
(料金を書き換える)
すればいいだけです

問題なのは「その料金にお客様が納得して、
お金を支払うかが重要です」
さらに、リピートし「優良顧客」となるかです
それで「成功」となります

さらにその料金で「集客」出来るかです
  「そのための工夫をする」という事です

<ガイド料を値上げする7つの工夫>

1、 お客様が理解できるように料金の内訳を説明・公開する
2、 値上げする理由を箇条書きで5つ書き込む
3、 値上げしてサービスがよくなる理由を7つ書き込む
4、 他業界やライバル会社と比較データを提示する
5、 納得する理由を「キャッチコピー」を考える
6、 納得する肩書きをお知らせする
7、 何か得する「おまけ」や「プレゼント」をつける
        などがあります


<その他継続するために必要な7つの事>

1、 確実に満足度を向上させる
2、 優れたガイド技術を習得する
3、 優れたコミュケーションで楽しませる
4、 説得させる話術を身につける
5、 社会的な貢献度をお知らせする
6、 「お客様を絞り込んでいる事」をアピールする
7、 アフターケア(ブログ、DM、メルマガ)をしっかりする
   ・・これで今からすぐ値上げできます・・

 「これが出来ない人、自信がない人は中止しましょう」

ポイントは「まず値上げしてから、その後を考える」です 


 実践あるのみ



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




2、エコガイド・フォーカス 
 ガイド業界の課題・現状・解決




  ガイドの保全活動について               

・・なぜゴミを拾い過ぎるガイドは人気がないのか?・・

「ガイドの保全活動」について考えます


解説    

ガイドの業務には「保全活動」が盛り込まれています
  それは自然は「人々の共有財産」だからです
  それが破壊されると、「仕事がなくなる」からです
  私もゴミが落ちていたら拾うように心がけております
  同時に危険箇所やダメージが多い部分を情報提供して改善を
求めています
 「ただし、拾いすぎるガイド」は嫌われます
 その理由を解明します

事例    

ガイドはアメの包み紙(現在第一位)や
吸殻(最近はほとんどない)
ティシュ(これは拾うのに勇気がいる。
私は見逃したフリをする)が落ちており、
お客様がいる場合はそれを拾うようにしています。
自然保護活動をアピールしているためです
お客様に「この人は自然を愛するいい人だ」と
思わせるためです

真実    

ところが拾いすぎるとお客様は「嫌な気分」になります
  その理由は 「何か訪れている事に罪悪感を感じる」
  「過去に他の場所で同じ事を経験した事が多い」
  「偶然落としてしまう事があった」
  などを、考えてしまうからです
  ですから、「自分が怒られている気分」になってしまいます

解決   

人気がないガイドは「嫌な顔をして拾うからです」
 「そのゴミを解説してしまう」からです
 「ぶつぶつ 言いながら拾うからです」

 私は「何も言わずにサラッと拾いしまいこみます」
 これがテクニックです
 ただし、それはお客様に見えるようにします

 そこで、「グラッ」 ときます

 あなたに役立つ   スーパーテク  です



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




3、キーワード・チェック
気になるキーワードをチェック解説します




 エコガイドの安全管理を考える           

    ・・エコガイドの安全管理の必要性について・・


「安全管理」というキーワード



●解説  

「安全管理」とはお客様の安全を管理するという事である
   世間的には「ガイドが命を守ってくれる」と解釈されている
   現実的には「トムラウシやたくさんの判例により」
自然災害等のアクシデント
   において「ガイドは命をまもれない」のが事実である
   本来のプロのガイドの役目としては
  「お客様の安全を管理するために、最大の努力をします」が
本当である


●必要性 

危険リスクの高い自然やアウトドアでは「安全である」
という前提がないと
  「楽しむ事ができない」ですから必要性はある


●現状  

プロのエコガイドは安全管理技術を習得している
     (資格認定で試験を合格している)
   特に山岳エリアで活動する(社)日本山岳ガイド協会の
ガイドは優れている
     □ 装備      
□ツアー企画段階での注意点 
 □出発前のチェック
     □ 行動中の配慮 
 □危険の回避         
□レスキュー
     □ 搬送     
 □ ケア   など


●課題  

他組織のガイドは「安全管理」の意識が低い
技術がないということです
    また、活躍中の自称エコガイドは
「装備すら持ち歩かない」
    どこかで、アクシデントが発生し、
事故が起きてもメディアでは
    「ガイド」としか記載、発表しない
     そのガイドは「プロのガイド」なのか
「アマチュア」なのか自称ガイドなのか
     一般の方は分からない
     「ガイドはどうにもできない」


●解決  

ガイドの職能やカテゴリーを明確にし、
それを認知させる努力が必要である
     組織・協会 「しっかりと明記する」
     メディア  「しっかりと公開・通知する」
     行政    「もっとお勉強する」 
     事が必要である


●結論  

エコガイドに安全管理は必要であり、
国民に認知させる努力を早急にする



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




4、ガイディング技術のティーチング
ガイド技術の指導・伝達




    お客様を「トリコ」にするガイド術            

     ・・お客様を「生涯のお客様」にする方法・・



◆解説  

「トリコ」にするとは、生涯ガイドは「この人」
と決める事です
  「 登山やハイキングはこの人としか行かない」
と決める事です


◆知識  

○「トリコ」になるのは瞬間です
○ その瞬間には、「訪れやすい時間」が
あるという事です
○「それが訪れたお客様」だけが
「トリコ」になります
● その時間帯はリラックスしている夕方や夜
 (ガイド業務が終了した時間です)
ズバリ、山小屋や宿泊施設での夕食時です
○第一印象と出来るだけ「ギャップ」
のあるほど「好意」を抱く
○共通点があるほど、「好意を抱く」
○「少し、怪しい人に興味をいだく」



◆方法  

□ 第一印象でとぼける
(ミスをする、いい加減にする)
□ かなり、しっかりとした業務を行う
□ ガイド終了後、いわゆる業務外で意表をつく
サービス(やさしく)をする
 例 お食事のサポートをしてあげる
お客様の用具のメンテナンスをする
お客様が「して欲しい」事をしてあげる
□ コミュニケーションで共通な話題で
共通な点をアピールする
□ たくさん話させる 
(話を聞いてあげる)
  □ 相手を理解する  
(大きくうなづく)
  □ 好意を行動でしめす 
(感謝する、料金外のおもてなしをする)



★まとめ   

「業務外の時間帯で、お客様が喜ぶ行動をする」
そして会話で仲良くなる



☆注意  悪用厳禁




◇その他の方法

1, 奴隷となり、すべて望む事をしてあげる

2, 依存をゆるし、依存をさせまくる


3, いわれなくても行動を予測し、
すべてをしてあげる

4, 出来るだけ考えなくてもよい行動をさせる



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




5、解説技術のコーチング
解説技術を伝達します




     子供さん(幼児)に好かれるガイド術          



◆解説  
近年、家族連れでハイキングや登山を楽しむ方が
激増しています
   家族サービスばかりではなく、子供の自然体験や
環境教育の目的が含まれます
   将来的にも、増える事が予想されますので、
ガイドとしては子供さんにも、好かれる解説技術を
提供する必要があります
   子供さんに好かれる事により、2回目からは
子供の意思「またつれてって」
   と言う展開となり、比較的リピート率は高い


◆知識 
 □ 親の希望で自然豊かな場所に連れてこられる
(自分の意思ではない)
□ 子供さんは何よりも親にほめられたいと願っている
□ 子供は教育よりも「楽しく遊びたい」と願っている


◆問題点  
子供に気に入られても

「連れてきたり、お金を払うのは親である」


◆方法 

 □ 子供の目線で挨拶する
  □ お友達である事を理解させる
□「いやだ」という事はさせない
□子供さんの体力や年齢を考慮した内容にする
□トイレの気配りや「問いかけ」を多くする
□「なぜ、なぜ」に答えるようにする
□子供の好きな話題を解説に取り入れる  
(アニメ、ゲーム、など)
□解説に「ゲーム」や「しりとり」なぞなぞを
取り入れると効果的である
□アメやおもちゃを活用する
□Q&Aを多様する



◆アドバイス

□  子供さんは「ホメられる」と
モチベーションがアップする
□ 親御さんも「子供がホメられると」かなりうれしい
□ とにかく「一緒に遊ぶ」事を心がける
□ 子供さんと「友達になる」
□ 「親の教育熱心」をほめる
□ 「お世辞」と「おべっか」を多様する



★まとめ 「子供さんも親もホメまくる」



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




6、解説知識スタディ
解説知識の伝達と習得方法




自然解説講習 セミナー資料です


                                   
<解説資料の作り方>

  
                                 
0,ツアー場所・ルート・工程を決める(決まっている)
1,案内書や「しおり」を作成する(作成されている)
2,ツアー場所の広域なマップをダウンロードする
3, ピンポイントのマップをダウンロードする
4, 大まかな観光情報をダウンロードする
5, テーマを決める
 □参加者のオーダーがあったもの
□参加者の年代にあったもの
□参加者が興味を示しそうなもの
□ガイドが伝えたい事
□一般的な方が望みそうな事
6, そのテーマについて検索する
7, 検索して、優良な情報をダウンロードする
8, 案内書から「キーワード」をひろう
9, 「キーワード」を検索する
10, 優良な情報をダウンロードする
11, その中からお客様が興味のありそうなものをダウンロードする
12, 資料をオリジナルとして、まとめる
13, その資料に追加で比較できるものを添付する
□その当時の時代背景
□社会情勢
□同年代の事件
□同時期の活躍人物
□同時期の流行
 ○どんな者が流行っていたか?
 ○映画は何がヒットしたか?
 ○食べ物は何が人気だったか?
 ○どんな交通手段や車が登場したか?
14,おまけ資料を作る
  (参加者が喜びそうなもの・得するもの・お土産・記念になるもの)
15,次のご案内を渡す


 ・・こんな感じです「バッチリ」・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




7、おまけ情報
役立つ書籍・DVD・ブログ・サイトの紹介




   ◇今回のおすすめ書籍

   人生がときめく「片づけの魔法」

   近藤麻理恵 著 サンマーク出版

   「ガイドがトキメキます」


  ◇今回のおすすめDVD
      (ツタヤでレンタル)
    
   神田昌典  セミナーコーナー

「2022 これから10年活躍出来る人の条件」

  ・・未来が見えます・・


  ◇おすすめサイト

    もちろん
「尾瀬花ナビ」で検索


  ◇おすすめブログ

    もちろん
    「ステファン・長内のエコ日誌」


  ----------------------------------------------------------

■■■■ 今回のつぶやき 
(フリートーク・格言など)

 ~ 格言 ~ 

  「芸能人は歯が命」
  「ガイドは情報が命」

 ~フリートーク~

  「このメルマガは本気です」

  「すごいボリュームでしょ」

  「ですから」

  「あなたも本気で読んでください」


  ----------------------------------------------------------




■■■■■  編集後記


最後まで、お読みいただき、ありがとうございます。

地球上でたくさんのガイドが活躍することで、
 環境保全をめざします。

               発行者  長内 覚


  • 0001490190
  • 2017/10/01
  • 毎月 1日