メルマガ登録

松宮康生の『最強格闘技解体新書』

  1. スポーツ・アウトドア
  2. 格闘技
  3. その他
00000000000000000000000000000
最強格闘技解体新書
格闘技・武道は、今新時代に突入した。「男は強くなければ生き
ていけない、優しさがなければ生きている資格がない」
いつの時代も男が男であるためには、いくつもの闘いがある。
その生き様を達人たちに学び、その技の秘密を新しい視点から
解き明かす。ブルース・リーから芦原英幸、ヒクソン・グレイ
シー、前田日明、武田惣角、李書文etc あらゆる武道・格闘技
から学ぶ。それが、この最強格闘技解体新書である。
*******************************
松宮康生とは?
天才的武道家:芦原英幸氏に22年間師事。アートディレクション
映画、ファッション評論などのジャンルでも活躍。
著書に『最強格闘技図鑑』『ブルース・リー・クロニクル』
翻訳に『格闘術全4巻』『基本中国拳法』など多数。
空手、柔道、少林寺拳法、沖縄空手、合気道、JKD、ムエタイ
グレーシー柔術、太極拳、大東流合気柔術、古武道などを学ぶ。
その著作は、イギリスの大英図書館にも所蔵されている。
OFFICE:JAPAN/USA/HONG KONG/
******************************

◆松宮康生の『最強格闘技解体新書』  第0000001号

特集
  【The Way of Ashihara's Sabaki 】

******************************
目次

1.The Way of Ashihara's Sabaki(芦原英幸の捌道)
2.BRUCE LEE THE SECRET FILES
3.松宮康生のワンポイント英語レッスン
4. リスクマネージメント・レポート
5.松宮康生が推薦するDVD
6.Q & A / メルマガ購読特典
7. 編集後記

********************************
1.芦原英幸の捌道

格闘技・武道の世界は、極めて狭い世界である。私が、書籍で業界
No.1を取ることができたのも、業界自体がさほど大きくないか
らであった。

しかし、極めて狭い世界であるだけに問題もさまざまである。今回
このメルマガを発行することになった経緯も多くの読者ならご存知
かもしれない。まぁ、そのことには詳しく触れない。

ただ言えるのは、そこに読者が数名でもいる限り、その数名の読者
のために精一杯私からのメッセージを届けたいという思いだけであ
る。

私は、一人の天才・芦原英幸先生に22年間師事してきた。これは
その記録と覚書であり、技術解析の書でもある。

まず、『芦原英幸の捌道』を開始するにあたりみなさんにできるかぎ
り揃えてもらいたいものがある。それが次にあげるものである。

【書籍】
実戦!芦原カラテ     芦原英幸著 講談社刊
実戦!芦原カラテ 発展編 芦原英幸著 講談社刊
実戦!芦原カラテ3    芦原英幸著 講談社刊

【ビデオ】
「芦原空手 スーパーテクニック 捌き」 日商岩井・講談社制作
「実戦!芦原カラテ 基本編」      講談社
「実戦!芦原カラテ 応用編」      講談社

実は、これらの本やビデオは、すべて現在では絶版になっているもの
ばかりである。ただし、オークションなどでは比較的容易に入手でき
る。すべて芦原英幸先生が、生前に残した技術書とビデオだからであ
る。

まず、私が長年考えてきたのは、なぜ芦原先生にできてそれ以外の弟
子にはできない動きがあるのかということだった。

サバキとは何か? そう聞かれたら

それは、芦原英幸という天才武道家が創造し生み出した空手技術の
総称である。

そう答える。
私は、芦原英幸という天才武道家に22年間学んできた。
そのなかでは、本やビデオで公開されなかったものも数多くある。
なぜそういう技術があったかということは、多くの人にはそう重
要な事ではなかった。

「芦原先生だからできるのだ!」

そういえば誰もそれ以上突っ込んでくる者はいなかった。
しかし、そこにこだわってきた結果芦原先生が、ほんとうに残し
たかったものがわかってきたのであった。

芦原英幸先生が、ほんとうに遺したかったサバキ技術についてい
よいよ次号から、その神髄に迫っていきたい。
                       to be continued
***********************************

2.BRUCE LEE THE SECRET FILES
「知らずに死ねるか!未公開フィルム」

昨年は、ブルース・リー・ファンにとっては、素晴らしい一年で
あった。

それは、決して表に出てこないといわれていた

アーナ・カプリ・フィルム

がネットで流出したからである。最初の発信源はイギリスである
とかフランスであるとか言われているが真相は不明であった。

ここで知らない人のために少し説明しておくと、「アーナ・カプリ・
フィルム」とは、ブルース・リー主演の映画「燃えよドラゴン」の
映画撮影現場で、女優であったアーナ・カプリが自分の趣味でまわし
た8ミリ・フィルムのことであり、時間は約13分ほどの映像である。

その撮影中にブルース・リーが

「アーナ、君が今まわしている8ミリテープは、将来すごい値段の
つくお宝になるだろうね。」

そう言ったと伝えられている。
そして、それはブルースの死とともに現実になったのであった。

通常は、映画を撮影したときに NGフィルムがかなり出る。
近年では、そういったNGフィルムを特典映像としてDVDにつけ
たり、ジャッキー・チェンの映画のようにエンド・ロールで流した
りされる。
つまり、最近では捨てずに保管しておくのである。

ところが

「燃えよドラゴン」では、当時NGフィルムがそれほど貴重とは
考えられることもなく、映画完成後に破棄処分されていた。
そういうことがあり、映画宣伝用に残されたフィルム以外では、
当時の撮影現場を記録した映像は残っていなかったのである。
そういう理由からも、アーナの撮影したフィルムは、世界中の
ブルース・リー・ファンから注目されたのであった。

うれしいことに、ブルース・リーの未公開映像は、この「アーナ
・カプリ・フィルム」だけではなかった。

現在、現存するブルース・リーの未公開映像について詳しくお知ら
せしよう!

それは、まずブルースが「ドラゴンへの道」でプライベート撮影
した映像である。これについて最新の情報が届いている。
                       to be continued
************************

3.松宮康生のワンポイント英語レッスン

問. 次の英語を日本語に訳してみよう!

The secret doctrine of Ura Yagyu states:

Once engaged in battle, fight to win.

That is the first and cardinal rule of battle.

Suppress all human emotions and compassion.

Kill whosoever stands in thy way,

even if that be God or Buddha

Only then can one master the essence of the art.

Once it is mastered, thou shall fear no one,

though the devil himself may block thy way.


【解答】

日本語訳すると

裏柳生口伝にいわく
闘えば必ず勝つ
これ兵法の第一義なり
人としての情けを断ちて
神に会うては神を斬り
仏に会うては仏を斬り
然るのち
初めて極意を得ん
各の如く行く手を阻む者
悪鬼羅刹の化身なりとも
あに遅れをとるべけんや

以上のように「柳生一族の陰謀」では、千葉真一の
ナレーションで流れる有名な言葉である。
この文は、監督であった深作欣二氏が考えたもので
あるといわれているが、英語で聞くとなかなか味わい
がある。

ちなみに、この千葉真一演じる柳生十兵衛シリーズは
海外も人気が高い。
特にテレビシリーズの分が、まだDVD化されていない。
東映さんは、はやくDVDを出してくれないものだろうか?
今度、東映の宣伝部に行ったら直訴してみようと思う。

                  to be continued
*********************************

4. リスクマネージメント・レポート

     「危険の国ニッポンを生きる!」
                    
 日本では、よく「水と安全はタダである」という言葉を聞いた。
しかし、犯罪が多発し水道水も決して安全とは言えない時代に入
りつつあるようである。また、犯罪者に対する警察官の考え方も
日本とアメリカでは大きな差がある。たとえば、日本の警察官が
所有する拳銃は、22口径が標準であるのに対して、アメリカの
警官が持つ拳銃は、38口径である。22口径の拳銃で撃たれた
場合、急所さえ外れていれば命まで失うことは少ないが、38口
径だとたとえ急所を外しても、その損傷はかなり大きなものとな
る。さらに大きな違いは、相手が拳銃などを所持していた場合の
警察官の対応である。日本の警察では、相手がかなり凶悪な犯罪
者である場合を除いて、その犯人の肩、脚の部分を狙うように指
導されている。これは、警察官の指導マニュアルでそういう指導
が行われているのである。
これに対して、アメリカの場合は相手が拳銃を所有している場合
に打つべき場所は、頭部であり、心臓である。だから、それをよ
く理解している犯人は、警察に囲まれるとすぐに両手を上げて降
参するのである。ただ、そういう連中ばかりではなく警官に囲ま
れても降参せず、銃撃戦をしかけてくる連中もいるが、そういう
連中は全員が即死するケースがほとんどである。現在、アメリカ
の警察では、警官は38口径以上の拳銃を所持し、拳銃の中には
常に全弾が装填されていなくてはならないし、予備の弾装は最低
2本以上持っていなければ処罰される規則になっている。
 アメリカの警官は、リボルバー(回転式拳銃)かオートマチッ
ク(自動式拳銃)を自分の希望で選ぶことができるが、私の知る
限りジャミング(弾づまり)などが起きにくいリボルバーを所有
している警官が多いようである。
 また個人でも申請すれば、44口径のマグナムやショットガン
、小型機関銃でも所持することは可能なのである。一昔前なら、
警官が小型機関銃など所持することは考えられないことだったが
ギャングやマフィアの連中の所有する武器が年々小型で性能も
よいマシンガンやショットガンを使い出したため、警察でもそれ
に対応しなければ身の安全が保てないという状態なのである。
 さすがに日本ではまだ、警察が小型マシンガンを所有するま
では行っていないが、そういうことが必要な時代がこれから先
やってこないとも限らない。なぜなら、アメリカで起こってい
ることは、その数年後には日本でも同じように起こっているか
らだ。麻薬などの薬物も昨日までは、海外での出来事だと思っ
ていたら、我々の住むマンションの近くで取引が行われていた
り、隣の大学生がベランダで大麻を栽培していたりする時代
である。世の中は、確実に大きく変動し続けている。日本での犯
罪発生率は、年々高くなっている。もはや日本で「水と安全がタ
ダ」といわれた時代は終わった。
 
 これからは、自分と自分の家族の安全は、自分たちで守らな
ければならない時代に突入した。
街角では、世の中に不満があるからと何の関係もない一般人を刺
し殺したりする事件がおきたり、人間の考えが変わり、人の命が
軽んじられるような時代になってきている。日本人は、いま命の
大切さやそれを守るための自己防衛策を考えなければならない。
そんな時代に生きているのである。

**********************************

5.松宮康生が推薦するDVD

 このコーナーでは、格闘技・武道に関するDVDからアクシ
ョン映画まで私がこれは買っても、あるいは借りてきても損は
ないという優良DVDを推薦します。

今日推薦するDVDは

「極真空手武器術」棒・トンファー編  クエスト発売
                  ¥5600
           

である。制作は、極真館の盧山初雄(ろうやま はつお)館長
である。いままで、武器術というとあまりわかりやすいものが
なかった。トンファーだけでいうと、英武館(松本英樹館長)
が限定で制作した「英武館カラテ・武器術」が最高にいい。
今回紹介する盧山初雄館長のDVDでは、基本動作・型・型の
分解映像までしっかりおさめられている点がすばらしい。
まったく武器を学んだことのない人でも、この映像を見ればあ
る程度まで独学で学べるだろう。

というわけで 評価は★★★★★ 満点である!

*********************************

6. Q and A
  お便り質問コーナー●気軽に何でも聞いてください!質問募集中

メールからの質問に松宮康生が回答します。

どしどし質問下さい。よろしくお願いします

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ購読特典について!

1,松宮康生に、直接質問できます。

2,松宮康生の極秘・格闘技技術レポートやDVDを購入できます 。
(ただいま準備中です)

3,メルマガ会員向けのセミナーに参加できます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
7. 編集後記

●投稿・ご意見・質問などは下記宛にメールをお送りください。
matsumiya_kousei111★yahoo.co.jp
 (メールを送る時には★を@に変えてお送りください。)
※みなさまからいただいたメールは、メルマガやWEBサイトに
掲載させていただくことがございます。
匿名などのご希望があれば明記してください。
また、掲載を望まない場合も、その旨明記してください
メールに記載された範囲の事実の公開から生じる事態に対しては
責任を負いかねますのであらかじめご了承ください。

企画・監修/Matsumiya Kousei
編集・発行/OFFICE KOUSEI USA
松宮康生オフィシャルサイト
http://www.k-matsumiya.jp/
このメールマガジンは『まぐまぐ!』を利用して発行しています。
http://www.mag2.com/
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/00001517650.htm


  • 0001519050
  • 2017/06/26
  • 毎月 第1月曜日・第2月曜日・第3月曜日・第4月曜日(年末年始を除く)