メルマガ登録

三宅雪子の「こわいものしらず」

  1. 行政・政治・地域情報
  2. 政治・行政・自治体
  3. 政治家
\\\ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ///
            三宅雪子メールマガジン

      こ┃ わ┃ い┃ も┃ の┃ し┃ ら┃ ず┃
      ━┛ ━┛ ━┛ ━┛ ━┛ ━┛ ━┛ ━┛
            2013.10.25 Vol.003
         [毎月第2・4金曜日発行+号外あり]
/// ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ \\\

みなさん、こんにちは!三宅雪子です。

参議院選挙後、これからの自分に何ができるかということを真剣に考え、その
中で新しい試みの一環として、このたび〈三宅雪子の「こわいものしらず」〉
と題したメールマガジンを始めました。

このメールマガジンでは、レギュラーコンテンツの、

●こわいものしらず!な時事コラム
3年3ヶ月の与野党国会議員の経験を生かし、独自の語り口で、あたたかみのあ
る中にも言うことは言う「こわいものしらず」なコラムを展開します。

に加え、

●教えて!○○さん
日々のニュースや話題に沿って、各分野の専門家や達人にズバリ!訊きます。

●名言・迷言・明言
心に響く先人達の名言を紹介し、現実との矛盾をチクリ!

●永田町コトバ
新聞などでよく耳にするけど、実は詳しくわからない、といった言葉をわかり
やすく解説します。

●ヒトリゴト
そう言えば・・・と、ふと思い出した伝えたいコト。

●話はそれますが・・・
メルマガ読者だけに、ちょっと笑ってしまうようなエピソードをご紹介します。

等、私的なコンテンツもローテーションでお届けする予定です。(新企画続々
登場!)

日々、ツイッターでは発信していますが、メールマガジンでは、140文字の枠を
こえて、普段なかなか書ききれないことをつづりたいと思います。

───────────────────────────────────
▼▽▼▽▼▽▼▽▼ こわいものしらず!な時事コラム ▼▽▼▽▼▽▼▽▼
───────────────────────────────────

さて、ようやく10月15日、臨時国会が始まりました。会期は12月6日までの53
日間。長かった休会の期間に比べて、み、、、短い、短すぎる。たった53日間
で、深刻化する汚染水問題、TPP交渉、特定秘密保護法案、社会制度改革や国家
戦略特区・・・そのほか山積する課題をこの短期間で一体どうしていくのでし
ょう。

与党が圧倒的多数だとしても、熟議を重ね野党との合意形成を図りながら、国
会運営を進めていくのが民主的なやり方です。就任後、総理も「丁寧な対話を
心掛けながら、真摯に国政運営にあたっていく」と述べていたはず。しかし、
その言葉とは裏腹に、現状は与党のみで重要議案が決定されているように見え
ます。予算委員会などでの闊達な議論、真摯な答弁が望まれます。

例えば、政府は秘密保護法案に関しては、これまでの経過をみても、連立のパ
ートナーである公明党に配慮をしたことは明らかです。野党からも様々な懸念
の表明や問題提起がされていますが、それらは今のところ取りあげられそうに
ありません。

「知る権利」や「報道・取材の自由」の明記により、この法案は成立の可能性
が高くなってきていると言われていますが、その定義はあまりにも曖昧です。
配慮は努力規定に過ぎず、どう配慮されるのかもわかりません。また、それが
どう担保されるのもはっきりしていません。「報道・取材の自由」といっても、
肝心の「取材される側」が厳しい罰則により萎縮をしていくのは間違いなく、
今後の取材活動や報道には何かしら影響が出てくるでしょう。これからの報道
が政府側からの「発表もの」中心になってしまい、各社独自の取材に支障が出
てくるのではないかという懸念の声も出ています。アメリカでは「愛国者法」
成立後、報道機関・記者が国家機密に関わる情報にアクセスすることをためら
うようになったという現状も伝わってきています。

秘密保護法案に関しては、「何を特定秘密にするのか」という指定へのプロセ
ス、その罰則の厳しさ、適正調査の正当性、将来的な公開(公開されずに廃棄
になる可能性も含め)についてなど、様々な問題点があり、9万件を超えるパブ
リックコメント(8割近くが反対)で、国民からあがってきた多くの不安や疑問
の声を十分汲み取りながら、まだまだ時間をかけて議論を進めていくべきです。

この数年の情報公開への流れとどう整合性をとっていくのかも、しっかり考え
ていかなければなりません。今のままでは「何が秘密なのかもわからない」そ
うなってしまうと国会議員が十分な情報を取得できす、審議さえもできなくな
ってしまい、何のための国会かということにもなってしまいます。

私も院内集会や集まりに出席していますが、危機感は募るばかり。反対の声を
あげ続けていくとともに、国会議員への働きかけも必要となってきます。


TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)においては、必ず守るとされていた聖域5
品目については極めて実現が難しくなってきた状況も踏まえ、与党内でも軌道
修正がされています。しかしこの先、すでに事前交渉で大きく譲ってしまった
日本が、TPPで有利に交渉が進められる保障は、今のところあるように思えませ
ん。

また、かねてから指摘されている「食や医療の安全」に関しての懸念も払しょ
くされていませんし、投資家(企業)が損害を被ったと判断した時に、その国
を訴えられるというISD条項に対する対策も取られていません。ISD条項におい
ては、警戒する国内の多くの人々の意見が聞きいれられなかったばかりか、こ
ともあろうに日本自ら設置を求めたことには驚きを禁じ得ませんでした。

TPPの交渉担当者は「日本には外交交渉能力がある」と言い続けていますが、そ
うであれば現在の事態にはなっていないはずです。国内からは、交渉から離脱
すべきとの意見も出ていますが、政府はそうした意見には耳を傾けず、このま
ま「守るべきは守り、攻めるべきは攻める」という意気込みのみで突き進んで
いくようです。見ざる、聞かざる、(アメリカには)言わざる・・・しかし、
不利益をこうむるのは国民です。

そして、福島第一原発の汚染水問題。10月16日の衆議院本会議で行われた各党
代表質問で総理は、汚染水について今までの「完全にコントロールされている」
から「全体として状況はコントロールされている」と「完全に」を「全体とし
て」という言葉に変えて答弁しました。福島第一原発の汚染水漏れは、度重な
るミスや事故から事態はむしろ深刻化しており、日本のみならず世界中の関心
事となっています。予算を措置するだけではなく、「国が主導して」という言
葉どおりに、速やかに事故処理を進めていかなければ、国際的な信用にも関わ
る問題です。

この他にも、まだまだ課題はありますが、全体として問題と言えるのは、現在
の政権が、野党のみならず、主権者たる国民の意見さえも真摯に受け止める姿
勢がないのではないかという点になってきます。「国民主権」。政策の実現や
法案の成立を急ぐあまり、この大事な点を忘れてしまっているのではないでし
ょうか?数の論理で、重要事案を国会の十分な議論も経ず、また、国民のコン
センサスを得ないまま、拙速に決めてしまうといった手法は好ましくありませ
ん。

「丁寧な対話」。圧倒的多数の政権であるからこそ、なおのこと、今まで以上
にそれが必要になってきます。それが、残念ながら、疎かになっていると言わ
ざるを得ません。日本の未来を左右する多くの課題を抱えた臨時国会です。野
党には「与党の暴走を止め、政権のチェックをする」という大事な役割があり
ます。真の国民のための政治を行うために、糺すべきは糺し、闘っていかなけ
ればなりません。

───────────────────────────────────
▼▽▼▽▼▽▼▽▼      ヒトリゴト      ▼▽▼▽▼▽▼▽▼
───────────────────────────────────

苦い経験となった「社会保障と税の一体改革」の会議以来、よく元経団連会長
の土光敏夫(どこう・としお)氏のエピソードを思い出します。

有名なエピソードなのでご存知の方も多いかもしれません。政府から臨調会長
(第二次臨時行政調査会 会長)を依頼されたとき、80歳を超えていた土光氏は
年齢を理由に固辞をしました。しかし、どうしてもと請われ、引き受ける条件
として4つの申し入れ事項をしたそうです。

その4つとは、

・行政改革は、総理がリーダーシップをとって行うこと。
・増税なしで、行政改革・財政再建をやること。
・国だけでなく地方も行政改革をやること。
・三公社四事業や、特殊法人も行政改革をやること。

※『土光敏夫 信念の言葉』(PHP研究所)より

よくもまあ、これだけ条件をつけたものだと感心しますが、それほどの人材だ
ったということでしょう。

特に2番目の「増税なしで、行政改革、財政改革をやること」は、消費税増税あ
りきの最近の国の政策と比べてしまいます。今は「増税しても、社会保障充実
せず」となってしまいそうな状況です。こうしたことも看過できない問題です。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
■ 発行元:三宅雪子(みやけ・ゆきこ)事務所
■ Web:http://www.miyake-yukiko.com/
■ Twitter:https://twitter.com/miyake_yukiko35
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

  • 0001616559
  • 2017/12/08
  • 毎月 第1金曜日・第2金曜日・第4金曜日