メルマガ登録

樋渡啓祐のワークライフスタイル

  1. 行政・政治・地域情報
  2. 団体
  3. 団体全般
▼Vol.1
                        2018/05/07
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
樋渡啓祐のワークスタイル
  Vol.1

毎月第一、第三月曜日発行
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

───────────────────────────────────
【今週の目次】
0 巻頭言の前に
1.巻頭言
2.樋渡啓祐のワークライフスタイル
3.樋渡啓祐のPick Up
4.樋渡啓祐の旬を斬る!
5.樋渡啓祐のお気に入り
6.樋渡啓祐の予定
7.Q&Aコーナー
8.樋渡啓祐の空き家コラム
9.編集後記

【樋渡社中Webサイト】
http://hiwatashishachu.jp

【Facebook 】
https://www.facebook.com/keisuke.hiwatashi.9

───────────────────────────────────
【0】 巻頭言の前に
───────────────────────────────────
今回から大きくメルマガのスタイルを変えます。今まで書くべきことを
書いてきましたが、読者の皆さんの要望もあり、また、前回のメルマガ
までで書くべきことは書き尽くしたという思いから、「書きたい」ことを
書きます。

そう考え方を変えるだけで、今まで〆切間際まで「あーでもない、こーでも
ない」と悩んでいたのが?みたいで、楽しくバンバン書けそうです。

ご意見、ご質問何でもお待ちしています。

───────────────────────────────────
【1】 巻頭言
───────────────────────────────────
今日は三木市に移動。久しぶりの新幹線。連休中で席もまあまあ混んで
いるが、周りは外国人だらけ。隣の人から声かけられたので、「どこから
来たの?」って聞いたら、「ノースコリア(北朝鮮)」とのこと。冗談
きつい。ちなみに彼はノルウェーでした(笑)。どう見ても脱北者に
見えなかったな。

彼は2か月かけて日本中気が向いたところに回るそうな。30代後半。仕事を
休んで、自分が知らないところに向かうとのこと。「日本で一番感心したのは
何?」って聞いたら、「コンビニ。日本人の優しさ。田園風景」と。

今日も良い一日になりそうだ。

───────────────────────────────────
【2】樋渡啓祐のワークライフスタイル
───────────────────────────────────
地方創生の講演会での質問タイムで聞かれるのは、地方創生よりももっと
個人的なこと。例えば、
・モチベーションはどう保っているのか
・新しいことをはじめるのに恐怖心などはないのか
・理解者はどうやって得るのか
・リーダーシップの発揮の仕方は
・リラックスの仕方は
・気が乗らないときはどうやれば良いのか
・「働き方改革」についてどう思うのか
といった質問に加え、最近多いのは、ずばり「どういう生活を送っている
のか」「どういう情報収集しているのか」。そう、もっと僕の日常に即した
ことが多いかな。

僕が大切にしていることは「習慣化」。これは村上春樹の生活スタイルに
多分に影響を受けている。彼の小説は好きだけどとても難解で読みこなす
のはとてもしんどいことだけど、エッセーは気軽で手軽で面白い。その中で、
何度も「作家とは健全な生活を送らないとダメ。作品は健全な生活しか生まれ
ない。だから、僕はランニングするし、料理もするし、規則正しい生活を
送る。」といった趣旨のことを書いている。今まで、幸いにして、日本は
おろか世界を変える、変えてきた人間と直接会ってきたが、確かに80%
くらいは規則正しい生活を送っている。それも興味深かったのは、毎週の
大まかスケジュールを決めている人たちが多かった。

その仲で僕が尊敬してやまない日本を代表する経営者は40代前半までは、
暴飲暴食、運動もせずに仕事三昧。業績も体重の増加と比例して悪く
なっていったと自虐的に話されたいたことを覚えているが、まず取り組んだ
のは、「規則正しい生活を送る」ことだった。

まあ、僕も似たようなもので、40代前半、正確に言えば41のときだけど、
体がむくみ、重くてこりゃやばいなって思った時に、僕の場合は突如
ランニングを始めた。AppleとNIKEのコラボ看板がカッコ良くて。いきなり
走ったら、40メートルしか走れなかったのだが、1年後には大阪マラソンの
フルで未だに自己最高の4時間43分をたたき出したのが、なぜ、こんな
僕がフルを走れたのか、また別の機会に話そう。

閑話休題。この経営者には1か月間の時間割を見せてもらった。突発事校が
起きたときは、時間の隙間に入れるか、社内の会議を少しずらしてそこに
入れ込むと言っていた。可視化は大きい。僕の場合はGoogleカレンダー。
個人的なことも樋渡社中や全国空き家バンク(ZAB)の仕事も全部そこに
書き込んでいるし、関係者には全部オープンにしている。

こうやって自分にも周りにも可視化することによって、自ずと習慣化
してくる。3年かけて今の生活スタイルは、原則、

月曜日:TNC生出演、福岡
火曜日:武雄か地方
水曜日:武雄か地方
木曜日:東京(内幸町のZABオフィス)
金曜日:東京(内幸町のZABオフィス)
土曜日:武雄か地方
日曜日:武雄か地方だけど極力武雄

と規則正しい生活となっている。これも可視化しながら、スタッフの意見を
取り入れながら、今の形に。サラリーマンの人はなかなかこうダイナミックな
形にならないと思うけど(僕も昔は役人という名のサラリーマン)、できる
範囲で「可視化して」「習慣化」するのが大切だと思う。役人時代は、
月曜日と水曜日の朝は自民党の部会(勉強会)に潜り込んで、情報収集して
いた。なぜ、そこに潜入していたかというと、各省庁が分かりやすく国会
議員に説明していたから。そして、その資料もA4数枚に簡単にまとめていた
ので俯瞰図としては最高だった。そういう意味で当時からメディアはよく
消化せずに書いているので結果的に誤報が少なからずあるというのは、この
部会で鍛えられたからかもしれない。あと、役所に入りたての頃は、横浜に
住んでいたので、日曜日は自転車で横浜観光してたね。中華街とか港の見える
公園とか外人墓地とか。これが最高の気分転換。元町でポンパドールの
パンか、横浜駅の高島屋でフォションのパンを買い込むのが最高の楽しみで、
それも「習慣化」(笑)あれでパンの美味さが分かったような気がする。
美味しいパンだと美味しいジャムやバターを買い込むようになるし、一時期、
トースターもいろいろ買い込んだ。習慣化すると、いろんな広がりが出て
くるのはまあ間違いないところ。

習慣化の話はとても大切にしているので、次号も書きたい。

───────────────────────────────────
【2】樋渡啓祐のPick Up
───────────────────────────────────
今回のPick Upだけど、まあ、セクハラネタが多いですね。ただ単に、財務省
や麻生大臣を糾弾するだけではなく、ルールをつくるのが国会議員の仕事の
はず。それと、まあ、あの野党合同ヒアリングはダメだな。あれだと公開の
役人の吊し上げ。国会議員は国会で追及してくれ。予算委員会をサボって、
あの野党合同ヒアリングを開催していたのには心底呆れた。心あるメディアは、
あんなものを報道したらダメだ。報道されるから、あの野党議員はあんな
つるし上げを平気でやるんだよね。

それと、気になったのは、幼児連れ去り事件で、わざわざ連れ去ったのが
「韓国籍の元夫」という表現。「韓国籍」という国籍が、この事件とどう
関係があるのかって思うよね。それだったら、全部、「日本籍」とか
「アメリカ国籍」とかしなくてはダメ。意味ないでしょ。こうやって、
わざわざメディア、僕が見たのはNHKだけどね、差別に荷担していくことに
なると思う。

==========================================================
【1】麻生氏のG20出席 野党側の反対で了承せず 衆院議運委理事会
 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20180418/k10011408161000.html
 アホか。国益優先だろう。だから、野党の支持が伸びない。まあ、了承せず
とも行くのだから、議運の了承の意味が全く無い。

【2】金正恩氏「もう起こしません」 ミサイル発射、今後ないと確約
 https://this.kiji.is/362453813052900449
 裏切りの歴史で、また、妙な前提を持ち出すにしても、この時点でこの発言は大きい。

【3】毎日新聞世論調査:内閣支持率30% 3ポイント下落
 https://mainichi.jp/articles/20180422/k00/00e/010/203000c
 それでも30パーセントもあるのかというのが正直な実感。普通は15
パーセント前後になるはず。官邸は下げ止まりと喜んでいるのではないか。

【4】立憲、国会審議復帰を検討 柳瀬氏が面会の事実認めれば
 https://www.asahi.com/articles/ASL523VWKL52UTFK003.html
 粘り負けの一言。もともと戦術が良くなかったに尽きる。

【5】【TOKIO会見】4人が頭を下げて謝罪 城島茂は山口達也から「辞表を渡された」
 https://www.oricon.co.jp/news/2110712/full/
 もし会見をするのなら、同僚ではなくトップがやるべき。TOKIOの他の
メンバーは既にコメント出しているし。

【6】国会、全面停止へ 麻生氏辞任要求めぐり野党が協議拒否
 https://www.asahi.com/articles/ASL4M5FJDL4MUTFK01N.html
 野党、大丈夫か。国会を人質に取るな。

【7】野党、セクハラ疑惑に抗議 黒服で「#MeToo」
 https://this.kiji.is/359921016262624353
 ここまで来ると胡散臭すぎる

【8】プロ野球広島の衣笠祥雄氏が死去
 https://this.kiji.is/361361237399323745
 鉄人であり哲人。プレーにも華があった。早い死。ご冥福をお祈りします。

【9】米山知事が辞職願提出 週刊誌の女性問題報道受け
 http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000125435.html
 確かに法的には問題無いが、今後の職務遂行を考える上ではさすがに職に
しがみつくのは厳しいだろう。もともと、Twitterでいろんな人に噛みつい
たり、議会答弁がおかしかったりした御仁なので、そういったこともブーメ
ランで跳ね返ってくると判断したんだろう。

【10】「日本、職場でセクハラ横行」 米人権報告書が指摘
 https://www.asahi.com/articles/ASL4P2608L4PUHBI009.html
 気づきなく、セクハラが横行している側面がある。冷泉さんの指摘どおり、
ガイアツでも研修でも何でも利用して撲滅させた方が良い。

【11】セクハラ被害者はテレ朝女性社員 財務省に抗議へ
 https://this.kiji.is/359343569112220769
 このセクハラ問題をきっかけにルールができれば良いなって思う。男性女性
記者にかかわらず、取材対象と一対一にならないとか。あと、夜というのは
まずおかしい。

市長時代、他のメディアとの関係を保つために、一対一にならないように気を
遣っていたが。

───────────────────────────────────
【4】樋渡啓祐の旬を斬る! ~ AIで仕事は奪われるのか ~
───────────────────────────────────
このコーナーでは、僕が気になっているいろいろな事柄を僕なりの視点で書いて
いければと思っています。今回から何回かはIT分野について取り上げてみます。

ITは日々進化している、というのはもちろんそうなのですが、SNS(僕も
武雄市で積極的に活用しました)の誕生とクラウド利用の進化、つまり、
いろいろなもの(人だけでなく資源が)がつながる時代が訪れてから最近
までは、大きな技術的進化というのは、僕の目からみると無かったように
思っています。

ところが、それが一昨年くらいからグッと面白くなった。そんな面白さを
お伝えできればと思います。

最初に取り上げるのは「AI」いわゆる「人工知能」です。Googleが作った
囲碁AI「アルファ碁」が人類最強棋士に勝利した、とか人事採用の受付が
AIで置き換わるサービスが出た、とかいろいろな記事がちまたを賑わせて
いますが、AIというと、野村総研が 2015年の年末に出したこの記事が結構な
衝撃とともにAIに対する我々の認知を高めたように思います。

~日本の労働人口の49%が人工知能やロボット等で代替可能に
https://www.nri.com/jp/news/2015/151202_1.aspx ~

『国内601種類の職業について、それぞれ人工知能やロボット等で代替される
確率を試算しました。この結果、10~20年後に、日本の労働人口の約49%が
就いている職業において、それらに代替することが可能との推計結果が
得られています。』

としたこの報告で、僕の周囲でも仕事が無くなるのか?といった話を結構
聴くようになりましたが、これ、いろんな人の話を聴くと結局のところは、
「機械で代替できるもの、自動化できることは全て自動化される」という
ことなんだと僕は理解しています。で、その「自動化」の範囲が、僕らの
今想像できる範囲以上にひろがるんだろうなと。

過去のデータを分析して、トレンドに合わせたものを作るっていうのは、
AIの得意技だから、ヒット曲やポスターなんかは、AIが作るって時代が
くるかもしれないし、自動運転は当たり前になるだろうし、コンビニも
無人化するだろうし(これは24時間営業の切り札になるでしょうね)
ファンドマネージャーやトレーダーなんて、今AIの研究が最も進んでる
分野だったりする。自治体の分野でもAI普及するでしょうね。埼玉の
自治体は「保育所での入所選考の効率化」をAIでやる実験をしてるみたい
ですし、そもそも自治体の窓口は無人化されるかもしれない。

じゃあ、やっぱり、仕事ってなくなるんじゃん、っていうとさにあらずだろうと
僕は思っている。今のAIの根本は何なのか、というと、結局「過去のデータを
分析してこれからどうなるかを、AIが作ったルールの下提供する」という
もの、なんですよね。つまり、大きくいっちゃうと、いわゆる今までの
コンピューターがちょっと賢くなったレベルにしか、なっていないんです
ね(勿論ディープラーニングという、自らが自らを教育して、例えば囲碁の
ルールを身につける、猫の顔を猫と認識する、というのは恐ろしく画期的
ではあるのですけども、所詮人が敷いたレールの上でしか考えられないと
いう意味では、です)。

このトレンドが続く限り、人間が持つ「ひらめき」や、「創意工夫」といった
ものは出てこないので、AIから出たデータを、自らの経験や知識をもって
分析して、『新たな価値を作る』ことができるなら、AIが今のまんま進展
してる限りは、人間の仕事が無くなることが無いっていうのが僕の結論。

もちろん、今やコンピューターを使いこなせないとどんどん仕事が無くなって
いるように、AIが使いこなせないとできる仕事が今まで以上に無くなる、
という時代は直ぐにくるんだろう。だから、武雄市でもやっているような
子どもへのプログラミング教育などの教育はとても大事になっていくのだろう
と思うし、子どもだけで無く、大人に対するAIに関する再教育というのも、
人生100年時代を迎える日本では、重要になってくるんじゃないだろうか。

次回は、「AIは人を超えるのか」「AIで社会はどう変わるのか」を中心に
書いていきます。お楽しみに。

───────────────────────────────────
【5】樋渡啓祐のお気に入り ~新しい武雄市役所、オリエンタルホテル、ランニング~
───────────────────────────────────
(1) 今回から、noteを活用して、写真を出していきます。僕が使っている
のは、LEICA Qという小っちゃいカメラ。望遠も何もできないが、とにかく
画質が圧倒的に個性的。使いこなしも難しい。第一発目は新しい武雄市役所
なんだけど、自分の住むマンションから撮ったもの。右の奥にあります。
https://note.mu/hotelhibiscus/n/n379b60b87390

(2) 神戸の定宿。オリエンタルホテル。フロントの人に教えてもらったが、
阪神淡路大震災で被害を受け、再オープンして8年。ちょうど、先日が
10回目の投宿だったそうで、部屋をアップグレードしてくれた。ここの
ホテルのオススメは一番安い部屋ではなく、二番目に安い部屋にすることで、
天井にアジアのホテルに見られるファンがあって、これが最高に心地良い。
あと、これは有名だが、朝食が抜群に美味い。ついでにいうと、ランチも
美味い。
https://note.mu/hotelhibiscus/n/n44ec603b2809

(3) ほぼ毎日武雄にいても東京にいても走るわけだけど、気になった風景は
パシャパシャ写真を撮る。さすがに小さいとはいえLEICAを身につけている
わけにはいかず、iPhoneXなわけだけど、なかなか良い写真が撮れる。昔は
いかにもフォトジェニックな写真が好きだったけど、今は、上手く言えない
けど気持ちの良い写真が好き。

https://note.mu/hotelhibiscus/n/na8a2606665c5

───────────────────────────────────
【6】樋渡啓祐の予定
───────────────────────────────────
5月からは、テレビ西日本(TNC)の『ももち浜S特報ライブ』の出演回数を
月1~2回を3回に増やすことになりました。生放送は収録と違って一発勝負
ですが、性格上、こちらのほうが向いているようです(笑)。編集されるの
嫌いだし。講演会もお陰様でいろいろ入っています。地方が多いので、そこで
しか味わえないような食や風景も楽しみたいと思っていますし、このメルマガ
でも紹介していきますね。

(1)テレビ出演の予定
『ももち浜S特報ライブ』テレビ西日本 生放送
【5月】
5月14日(月)16:50~19:00
5月21日(月)16:50~19:00
5月28日(月)16:50~19:00
【6月】
6月4日(月)16:50~19:00(→後日に変更の可能性大)
6月11日(月)16:50~19:00
6月18日(月)16:50~19:00
『ももち浜S特報ライブ』 HPはこちら
http://www.tnc.co.jp/tokuholive/

(2)講演会の予定
主催:(一社)日本砕石協会九州地方本部(第48回通常総会)講演会開催
日時:平成30年5月17日(木)16時40分~17時40分
日本砕石協会九州地方本部HPはこちら
http://kyushu-saiseki.com

主催:公益社団法人 小豆島青年会議所 講演会開催
日時:平成30年5月23日(水)19時~21時
小豆島青年会議所HPはこちら
http://shodoshima-jc.com/index.html

主催:公益社団法人 久喜青年会議所 講演会開催
日時:平成30年6月8日(金)19時~21時
久喜青年会議所HPはこちら
http://kuki-jc.com

主催:公益社団法人日本青年会議所鹿児島ブロック協議会 講演会開催
日時:平成30年6月9日(土)13時~15時
鹿児島ブロック協議会HPはこちら
http://www.jaycee.or.jp/2018/kyushu/kagoshima/
国生さゆりさんとの対談のチラシはこちら
https://goo.gl/zUSTb6

主催:公益社団法人日本青年会議所石川ブロック協議会 講演会開催
日時:平成30年6月30日(土)14時45分~16時15分
石川ブロック協議会HPはこちら
http://www.jaycee.or.jp/2018/hokushinetsu/ishikawa/

(3)その他の予定
第38回千歳JALマラソン大会
日時:2018年6月3日(日)10時20分~
千歳JALマラソン大会HPはこちら
https://chitose-jal-marathon.jp

───────────────────────────────────
【7】Q&Aコーナー
───────────────────────────────────
【Q1】
講演聞きました。早口だなぁって思いました(福岡県 30代 男性(講演より))
【A1】
ほっときなさい(笑)。もう治りません。

【Q2】
次に流行るのは何ですか?(福岡県 30代 女性(講演より))
【A2】
国連が進めるSDGsだと思う。これをちゃんとやらないと企業も地方自治体も
退場ということになりかねない。※ https://goo.gl/YhnKwi

【Q3】
毎日何キロ走っているのですか?走るきっかけは?(福岡県 40代 
男性(講演より))
【A3】
5月は月間で240キロが目標。6月3日(日)の千歳JAL国際マラソンで
フルを走るので少し走り込みが必要。そういえば、去年のこのマラソンの
前、洋上生活を1週間も送っていたので、最初の1キロでほんとダウン
しようと思ったくらいきつかった。結局もったいないので42キロ走った
けど、タイムは当然伸びずふらふら。このマラソンは国内では一番好き。
林道をメインに走る変わったマラソンです。

【Q4】
樋渡さんといえば毀誉褒貶が激しいのですが、それは狙ってやっているの
ですか?批判されたり悪口言われてめげませんか?(佐賀県 20代 男性)
【A4】
市長時代は確実に狙っていました。劇場化することで、メディアが取り上げ
市民が盛り上がると思っていたから。批判や悪口?全く。どんなに言われても
死ぬことは無いし。むしろ注目されているからこそ、悪口も言われる。一番
辛いのは無風。逆風は体の向きを変えれば順風になるしね。

【Q5】
このゴールデンウィークはどのように過ごすのですか?or過ごしたの
ですか?(秋田県 60代 女性)
【A5】
ゴールデンウィークは平日は三木市、明石市、神戸市へ。お休みの日は、
選挙応援は別にして自宅で仕事したりのんびりしたり。武雄の場合、有田の
陶器市でとても車が混むので、基本車で遠出することはないですね。あとは、
毎日、10キロランニング、武雄温泉サウナ、酸素ルームとからだつくりに
勤しみました。連休明けがまた出張の連続なので。

【Q6】
「人生は旅である」と以前のFacebookで書かれていましたが、海外で一番
お勧めのところはどこですか?ちなみに、私は海外初心者です。(大分県
20代 女性)
【A6】
延べ40ヶ国以上まわっていますが、印象に残っているのは、圧巻の
アンコールワット(カンボジア)、自然美のカナディアンロッキー、美食の
香港、街並みのフィレンツェ。人生観を揺さぶれたのは貧富や身分の差が
強烈だったパキスタン・・。

初心者の方にオススメは、どこに行きたいか、ということでしょうね。
そして、個人で行くのは骨が折れるので、ツアーで。いつか、やってみたい
旅行は世界一周の船旅ですね。

-ご質問の宛先は qa@hiwatashishachu.jp まで
-ご質問のメールアドレスはメルマガ登録のアドレスで
-一人一回質問は一つで(一つで複数の質問もNGとします)
-ご自分の事業の紹介、宣伝などが含まれるご質問への回答はいたしません
-メルマガ発行日(第一、第三月曜日)の前週水曜日までのご質問をその翌週
 発行のメルマガで回答いたします。
 例)5/21発行 → 〆切5/16(受付期間 5/3-5/16)
   6/4 発行 → 〆切5/30(受付期間 5/17-5/30)

───────────────────────────────────
【8】樋渡啓祐の空き家コラム
───────────────────────────────────
「ZAB」と書いて、ザブ。
昨年6月末に僕が立ち上げた一般社団法人。「全国 空き家 バンク」で、
「ZAB」。正式名称は、全国空き家バンク推進機構と言います。
生まれてまだ10ヶ月。先月ようやく事務局に主要メンバーを集めたところ。

今は水面下で土台作りに奔走している最中で、まだ表には出ていない。
なので、知っている人は、知っている。知らない人は、まだ知らないという
状態かと。

ただ、これからこの組織が地方創生に必要な全国組織へとメキメキと力を
付けていくのは間違いない。そこで、このメルマガ読者の皆様には、なぜ
僕が、「今、この組織を立ち上げたのか」、そして「この組織を通じて
何をしようとしているのか」、全てお話したいと思います。
それから、国内外の先進事例や旬の情報なども、ここでお伝えできればと
思っています。

まず、事の起こりから。
この国の「空き家」は、まもなく1,000万戸に到達。この数字は、実は、
先進国の中でも類を見ない突出した数字(ヨーロッパの空き家率平均4~6%に
比べ、日本は13.5%と2倍以上!)。民間シンクタンクによると、2033年
には、「3軒に1軒は空き家」という時代がやってくる(空き家数は
約2150万戸と大幅増、空き家率は30.2%)という予測が出されている
くらい、この国の「空き家」問題は待ったなしの状態。

松山市刑務所大井造船作業場から脱走した受刑者も、先月末ようやく見つ
かりホッとしたところだが、その捜索の壁となったのが、空き家だった
ことは記憶に新しい。ニュースで「空き家」「空き家」って連呼していた
からね。受刑者が潜伏していた広島県尾道市向島には1,000軒もの空き家が
あり、空き家の内部を捜索するには所有者の許可が必要。しかし、所有者が
行方不明だったり、連絡が取れなかったりというケースが多く、捜査が
難航したとのこと。そう、空き家は警察といえども勝手に入ることは
許されず、原則所有者の許可が必要となることは今回初めて知ったくらい。
勝手に家に入ることができると思ったのは、アメリカのテレビドラマの
影響からかもしれない。

空き家は、景観を損なうというだけではなく、まちの安心・安全を守る
上でも、その対策を講じる必要性というのが浮き彫りになった事件だったと
思う。

空き家対策は、大きく二種類ある。一つは、倒壊寸前の「特定空家等」と
言われるものの対応。これは究極的には、行政代執行しかない。地域住民の
安全を考えたとき、行政が所有者に代わってゴミの処理をしたり、空き家を
解体したりすること。

一方で、僕が今回着目しているのは、まだ使える方の空き家。そのまま
だとマイナスの財産であり、ただの空っぽなコンテンツ。でも、そこに
何を入れ、何と組み合わせるかで、一気にプラスの財産に変わり、まちの
重要な要素となる。

こんな風に、今あるものの見方を変えること、今あるもの同士を組み
合わせることによって、それらの能力を最大限発揮させることは、僕の
得意分野。図書館と蔦屋書店(CCC)を組み合わせた武雄市図書館も然り。
その結果、僕はまちが抱える課題の解決や、そこに暮らす人、訪れる人
たちがハッピーになる仕掛け作りができたらいいなと思ってます。

僕が常々考えていることだけど、地方創生とは、地方で生を創る、すなわち
他人任せではなく、自分の生き方を自分で考えることだと思う。
「空き家」は、まさに「空の」家、emptyな状態。そこに何を入れるかは、
自分次第。

自分の住むまちの課題は何で、自分は何に力を入れて生きるのか。
そんなことを、今回新たにオープンしたこの「空き家コラム」を通じて、
皆さんとブレーンストーミングしていきたいと思う。

次回は、ZABの最新情報を具体的な取組とともに紹介します。

───────────────────────────────────
【9】編集後記
───────────────────────────────────
さて、樋渡さんの予告どおり、今月5月から、題名も内容もガラッと変更
して、お送りします『樋渡啓祐のワークスタイル』、いかがだったで
しょうか?メルマガの発番も気分も新たに「1」から振り直すことにしました。
メルマガ担当としては、最初にメルマガ立ち上げたときのことを思い出し
たり、なかなか感慨深い号になりました。

まぐまぐのメルマガの説明文も変わっていますので改めてご紹介します。
http://www.mag2.com/m/0001649063.html

「今まで地方創生そのものを書いてきましたこちらのメルマガですが、
質問では、パーソナルな仕事の仕方などが多いので、ワークスタイルを
中心に書きますね。

総務省、沖縄、高槻市役所、武雄市長時代と今。ペーペーから中間管理職を
経て、部長を経験し、トップを務め、そして起業家をしている人間は
なかなかいないと思います。

「働き方改革」が我が国の最重要課題になってきている中、時宜を
得ているのかもしれません。地方創生を含む仕事は、プラットフォームに
ワークスタイルがあって、その根っこにライフスタイルがあると思って
きました。今まで書くべき事を書いてきましたが、これからもっと自由に
書きたいことを書いてきます。」

この号のメルマガの最初にも樋渡さんが書いているとおり( 『書くべき
ことは書き尽くしたという思いから、「書きたい」ことを書きます』)、
今回のリニューアルの大きな目的は、「自由に書きたいことを書く」なの
ですが、初号、どうでしたでしょうか?いつも以上に言いたいことを
言っている自由な樋渡さんが伝わったならば、メルマガ担当としては
嬉しい限りです。

次回以降も、のびのびと自由な樋渡さんの発言を皆さんにお届けするべく、
精進いたしますので、今後ともよろしくお願いいたします。

───────────────────────────────────
本メルマガの購読、課金に関するお問い合わせは、
reader_yuryo@mag2.comまで

メルマガの内容などに関するご意見ご感想は
info_ml@hiwatashishachu.jp まで
───────────────────────────────────
発行責任者:樋渡啓祐
【Facebook 】
https://www.facebook.com/keisuke.hiwatashi.9
※本メルマガの転載、無断引用を禁止します。
───────────────────────────────────
まぐまぐでご購読中のメルマガをブラウザ上で読めるマイページサービス
『 Mag Mail 』は残念ながらサービスを停止されたようです。
( 旧URL http://my.mag2.com )
送信については、まぐまぐのサービスを利用しているため、登録状況の確認は
当方でできますが、届かない、途中で切れるなどのお問い合わせは、お手数ですが、
reader_yuryo@mag2.com までお願いいたします。

また、Gmailにて当メルマガが迷惑メールとして処理されてしまう方は、
下記URLを参考に設定をお願いします。
http://www.mag2.com/read/gmail.html



  • 0001649063
  • 2018/06/04
  • 毎月 第1月曜日・第3月曜日(年末年始を除く)