メルマガ登録

子どもを伸ばす 親力アップの家庭教育

  1. 教育・研究
  2. 教育実践
  3. 教育全般
はじめまして。
家庭教育アドバイザーの柳川ゆきです。

こちらのメルマガでは、家庭教育のプロとして
子どもを伸ばすための寄り添い方のコツを
親力に焦点をあててお伝えします。

親力をアップしつつ、
子どもの能力をグンと伸ばしましょう!
どうぞよろしくお願いします。

サンプル号はこちらです。

2015/06 /01
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

子どもを伸ばす 親力アップの家庭教育
家庭教育アドバイザー 柳川ゆき

#1 「子ども一人一人に手が回りません、どうしたらいい?」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆目次
1.Q&Aコーナー
2.家庭教育アドバイス・・・「8秒間ギュ」の効用
3.お知らせ
~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~

◆Q&A 岩手県仙台市在住 S・Mさん(30代)、小2男児と年長女児のお母様より。
  
Q:「小学二年の息子と、年長の娘がいます。フルタイムで働いています。
毎日、とても忙しくなかなか子ども一人一人に手が回りません。どうしたらいいでしょう?」

A:手が回らなくてもいいのです。きちんと目をかけているのですから。
それでもやはり気になりますね?以下の3つを心がけてみましょう。


1.「8秒間」ギュッ!

お子さまの顔を見て、笑顔でギュッと少なくとも8秒間抱きしめましょう。
この「8秒ギュッ」を毎日続けることで、子どもは「親から愛されている」「認められている」と全身で感じることができます。


2.上の子どもに「小さいパパになってくれる?」
    
下の子どもに「お兄ちゃんを手伝ってあげて」と声を掛けてみましょう。
この声掛けによって子どもは、「親から信頼されている」と実感できます。

    
3.時間よりも共感

子どもをしつける上で大切なのは、どれだけ一緒の時間を過ごしたかではなく、どれだけ子どもと共感できたか。
子どもと向き合う時間が少なくても、向き合える時間に、どれだけ共感し合えたかが大切なのです。
子どもを無条件に愛し、認め、信頼すること、これを忘れないようにしましょう。
   
◆家庭教育アドバイス・・・「上手な放ったらかし」と「8秒ギュッ」の効用

時間がいくらあっても足りないと感じるのが子育てです。それは一人っ子でも、子だくさんでも同じ。
フルタイムで働くお母様は、「専業主婦の方よりも子どもと過ごす時間が少ないから、子どもに申し訳ない」、

一方、専業主婦の方は、「下の子どもに手がかかり、上の子どもに我慢をさせてかわいそう」など、
立場が違ってもそれぞれ時間は足りないと感じるものです。
けれども、子どもが「自分は親から愛されている」と実感できればいいのです。

そこで「上手な放ったらかし」と「8秒ギュッ」をお勧めします。
「上手な放ったらかし」とは、「こうあるべき」という親の「思い込み」をやめて、ゆる~い枠にしてしまうこと。

例えば、片づけてもすぐに散らかってしまう時は、「一部屋を丸ごとおもちゃ箱」にします。
遊んだおもちゃは、その部屋へ持って行くだけでお片づけ完了です。
または、「部屋の一角」をおもちゃ箱にし、寝る前にはその一角にシーツをかけて、「おもちゃ箱をしまう」のです。

「8秒ギュッ」は先述の通り、親の愛情を伝えるのにとても有意義です。8秒とは大人の深呼吸一回分の長さです。
そして人が「充分という満足を感じる最短時間」なのだそうです。

我が家ではこの「8秒ギュッ」、娘も息子も中学1年生まで続けていました。
娘は「当時はとにかく気持ち良かった、すごく安心出来た」と言い、
息子は「あの頃は何かふわふわしてずっと母さんと離れたくなかった、気持ちいいというか、安らいだのはホント」と言います。

何を隠そう、私自身がとても癒されました。密着することは心の安定に繋がります。
何でも完璧にしようと思うのではなく「ゆる~く」、そして8秒密着して、親自身も子どもから癒しをもらって
気持ちをリフレッシュしましょう。

◆お知らせ
皆さまからのご意見、ご質問、お悩み相談などメールをお待ちしています。
メルマガバックナンバーはこちらです。
http://www.mag2.com/archives/0001657632/

-------------------------------------------------------
「子どもを伸ばす 親力アップの家庭教育」
  家庭教育アドバイザー 柳川ゆき

●発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
●メルマガの登録・解除はこちらまでお願いします。
   http://www.mag2.com/m/0001657632.html
   https://mypage.mag2.com/Welcome.do(PC・スマートフォン用)
   https://mypage.mobile.mag2.com/Welcome.do(携帯端末用)
●お問い合わせは以下宛てにメールをお願いします。
   reader_yuryo@mag2.com
-------------------------------------------------------


  • 0001657632
  • 2018/07/16
  • 毎月 第1月曜日・第2月曜日・第3月曜日・第4月曜日(年末年始を除く)