ヒマラヤ聖者ヨグマタ相川圭子の「本当の自分に出会う旅」
/ 2016年6月発行 / Vol.000
 
《目次》
・ヨグマタより『まぐまぐの読者のみなさまへ』2016年6月
・体験談、質問、感想など(ほぼ毎回掲載予定)
・お知らせ
 
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
ヨグマタより『まぐまぐの読者のみなさまへ』 2016年6月
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

こんにちは。

今回、まぐまぐの読者のみなさまに、
メッセージを届ける機会をいただきました。
このチャンスは本当にありがたいです。

私、ヨグマタといいます。
あなたが、もっと幸せになるために、
情報をお伝えしていきます。

私は若いころ長い間ヨガを実践していて、
さらに指導をするようになりました。

そして、今から30年以上前に、
あるテレビ局が、ヒマラヤ聖者をお呼びして、
平和のイベントを行ったときのこと。
イベントのお手伝いを縁として、
その聖者にヒマラヤに招かれ、
そこから真理の道をさらに進んでいったのです。

ヒマラヤの秘境で修行を行い、
究極のサマディという、究極の意識に達しました。
それは真理を実際に体験して、悟ったということです。

その後毎年ヒマラヤ修行を重ね、
サマディを深めていきました。
さらに20年間、毎年1回、
インド各地で公開アンダーグラウンドサマディという、
4日間の密閉した地下窟での神我一如の究極のサマディで、
世界の平和を祈り、人々に平和と愛をシェアして、
真理の証明をしてまいりました。

私は世界でたった2人の公開サマディを行った
現存するヒマラヤ聖者となりました。
ほとんどのヒマラヤ聖者はヒマラヤ奥地でサマディに入られ
降りては来られないからです。
今あなたに私ができることは
サマディレベルから
あなたを幸せにするために祝福を送ることです。
もちろん直接に、私の目の前に座るのが一番なのですが、
今回この言葉を通して、あなたへの愛を送らせていただきます。

あなたの幸せのために、
どう生きたらいいか。
さらにあなたの願いが叶い、
幸せになるために何をしたらいいのかなど
伝えていきたいと思います。

あなたがこの世界で生きることで意識が進化して、
その生きる姿勢が無駄にならず、
また真の幸せに向かっていただきたいと願っています。
ヒマラヤ秘教の教えは、
仏教の源流であり、キリスト教の源流でもあります。
それは最高の人間になるための実践の教えなのです。

あなたはいったい誰なのか。
何のために生まれてきたのか。
どう生活したらいいのか。
心は何なのか。
体はどう付き合ったらいいのか、

などなどです。

ヒマラヤ聖者の一人となった私は、
あなたが、もっと素晴らしい存在であることに気づき、
しっかりこの生を生きるサポートをしたく願っています。

世界が平和になるために、
この地球を、愛を持って、使っていくために、
あなたが成長することが大切なのです。
ヒマラヤ聖者の願いを伝えていきます。

通常は、ヒマラヤ聖者からの
特別なメッセージを聞く機会はないと思います。
それを読むことで真理を理解していくきっかけになります。
願わくば修行していくのが一番ですが―――。

しかしその言葉は、
悟りからのエネルギーが込められているものであり、
この機会はとても稀有な機会なのです。
ぜひ、あなたが本当の意味で喜ぶ
このメッセージを受け取り続けてください。

私は、東京やそのほかの地域でも講演を行ったり、
実践のための秘法を伝授しています。
そうしたことに出会って、
さらに理解を深めていただければ幸いです。
あなたのさらなる幸せを願っています。

あなたへの最初のメッセージです。

ヨグマタ

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
●体験談、質問、感想など
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
ヨグマタの本を読んだ方からの感想や体験、
ヨグマタの瞑想秘法伝授を受けて、実践している方々からの
「体験談・実践者の声」がたくさん届きますが、
残念ながら今まで紹介できたものはごく一部です。

勿体ないので、
日々ヨグマタの道場に届く「リアルな声」を
紹介させていただこうと思います。

(回によっては、質問への答えやメルマガに
お寄せいただいた感想を紹介させていただきます)

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
●お知らせ
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
毎回、ヨグマタ相川圭子の「公開講座」や出版のご案内など、
いち早くお知らせして参ります。
また、本メルマガ読者限定の「公開講座ご招待」など特典も
予定しています。
◎メルマガ読者限定で、ヨグマタ相川圭子への質問やご感想など募集します。
すべての質問に答えられるとは限りませんが、メッセージの中に答えを含めたり、感想を紹介させていただくこともあるかもしれませんので、掲載を希望されない方は、あらかじめ「非公開希望」と明記ください。
掲載可能な方は、ペンネーム(必須)、ご職業(必須)、都道府県名(必須)、年齢(非公表)もご記入ください。
※ご質問は、200字以内、ひとり月1問まででお願いします。
※掲載の際、質問内容を一部要約したり、削らせていただくこともあります。
※メルマガ申し込み時にご登録いただいたアドレスでご応募ください。
※質問コーナーは、不定期掲載です。
質問・感想受付メールアドレス :contact@science.ne.jp
■発行:ヨグマタ相川圭子主宰
サイエンス・オブ・エンライトメント
公式サイト:http://www.science.ne.jp
公式ブログ:http://ameblo.jp/yogmata-official/
Twitter:http://twitter.com/himalaya_siddha
Facebook:http://www.facebook.com/yogmataaikawakeiko
Googl+:https://plus.google.com/117399051356907621809