メルマガ登録

社内コンサルタント養成塾

  1. ビジネス・キャリア
  2. マーケティング
  3. その他
こんにちは。

龍馬です。

「だんだん客数が減っている・・・」

「アウトの低下をなんとか食い止めなければ・・・」

例外なく、今ホール責任者の皆様はこの問題に頭を悩ませていると思います。

このように考えることは悪い事ではありません。

もし考えていなければ職務怠慢です(笑)

ですが、このように強く考えれば考えるほど、

責任感の強さから多くのホール責任者は実を結ばない行動を行ってしまいがちです。

「あれもこれもとりあえず何でもやる」。

繰り返しますが、これは決して悪い事ではありません。

ですが、それは野球に例えると、「打席数は増えているが、ヒット数は以前のまま」になりがちです。

業績を向上させたいのであればヒット数を増やさなければなりません。

ヒット数は打席数に比例しますが、凡打に終わった時間と労力(資金など)は帰ってきません。

客離れのスピードは私たちが思っているほど緩やかではないのです。

10打席ノーヒットの間に客数は半分になってしまいます。

では、どうすればヒット数を増やすことが出来るのか。

それは、「うまくいかない原因を知り、業績アップに直結する行動を行うこと」です。

・・・

昨今、「遊技機に頼らない営業を行わなければならない」とよく言われます。

それは「ラーメンに頼らないラーメン屋営業を行わなければならない」と言っているようなものです。

そんな営業はあり得ません。

「遊技機に頼らない営業」ではなく「新台に頼らない営業」が正解です。

例えば、「機種Aを薄利で営業せずとも稼動を上げる方法」、

「お金を掛けずに新規集客する方法」があります。

このようなことを知らなければ、いつまで経っても「新台に依存する営業」からは抜け出せません。

「接客」は「新台」の代わりにはなりません。

前者は「顧客維持が目的」であり、後者は「新規集客が目的」だからです。

遊技人口が激減している中で「顧客維持一辺倒」は、店の将来を暗くします。

また、「4円パチンコの減台を行って圧縮効果が出る店」と「出ない店」もあります。

減台する前にこの原因を知っていれば、「失敗する4円パチンコ減台」を未然に防ぐことも出来ます。

いろいろと書かせて頂きましたが、このメルマガが今後、皆様の様々な疑問にお答えしていくメルマガになれば嬉しく思います。

・・・

今日の記事はサンプル記事ですので、ざっくりと今後のメルマガの方向性をお伝えさせて頂きました。

このメルマガのタイトルは「社内コンサルタント養成塾」です。

今後必要なことは、「外部コンサルタントに依存する」ことではなく、

「社内コンサルタントを持つこと」です。

このメルマガを是非社内で共有して頂き、皆様の店で業務を行う方々全員が、

本物のコンサルタントスキルを身に付けてくださることを心から願っています。

それが、自店と業界全体を守ることに繋がると信じています。


  • 0001674510
  • 2018/01/19
  • 毎週 金曜日