メルマガ登録

こにし塾/いぬやねことの生活と動物愛護

  1. 生活情報
  2. ペット
  3. その他
みなさん、こんにちは。
このたび新しいメルマガ
「こにし塾/いぬやねことの生活と動物愛護」
を発刊する運びとなりました。
このメルマガでは、ブログやSNSなどでは発信できない
さまざまな問題提議ができればと思っています。

私は、犬のしつけを中心に活動をしてきましたが、
7年前から、動物愛護活動に首を突っ込み、さまざまな現場を見てくることができました。
いろいろな現場を体験しながら、気づいたこと、飼い方の状況、動物たちとの接し方、
などなど。
これを機に、これから動物たちのために何ができるか、動物たちの地位向上や、
福祉向上のためになにができるか、みなさんと考えていきたいと思います。

よろしくお願いいたします。

さて、記念すべき第1号のはじまりです。


ーーーーーーーーーー

vol1/2016/8-1
編集者;小西伴彦(JAHA認定家庭犬しつけインストラクター)

タイトル;動物愛護を見つめなおす1

         ーーーーーーーーーーーーー


みなさん、こんにちは。
夏、なつ、ナツ、ですが。
いかがお過ごしですか?
北陸を中心に活動しています小生は、
先日、北陸も梅雨があけたと喜んでいる次第です。

最近の夏は、非常に気温が高くなっていて、
異常気象を非常に心配している。

先日、TEDでアメリカも元副大統領だったアル・ゴア氏が発表していました。
それはとても、センセーショナルなものでした。
私たちはもっと、モット、もっと環境に対して敏感にならなければいけないと。

でも、環境の話をしたいわけではありません。
私は、家庭動物とくにいぬとねこの生活についての専門家です。

平成24年に動物の法律
「動物の愛護および管理に関する法律」が改正されていらい、
動物愛護の機運が高くなっているように思います。
良いことです。

ただ、動物愛護が
「殺処分ゼロ」に傾倒していることに違和感を覚えている一人でもあります。
私たちの身近にいるいぬやねこたちは、私たちのパートナー的存在です。
とうぜん、私たちの都合で命を終わらせることは横暴だと思います。

しかし、いろいろな人がいるように、いぬやねこたちもいろいろなのです。
とうぜん人との生活に合わせることができないものもあるのです。

人に対して攻撃的ないぬについて考えてみます。
私は仕事柄(ドッグトレーナー)いぬの噛み癖についての相談を多く受けます。

飼い主との生活の中で、適切な接し方ができなかったことで、
飼い主に噛み付くという場合があります。
これは、いぬが学習をした行動として捉えます。
基本的には、学習した行動は違う学習をさせることで改善を図ることができると考えています。

なかには、生まれもった衝動による攻撃行動もあることを知る必要もあります。
この場合、行動の改善はかなりの時間と忍耐と適切な接し方が必要です。
犬種によってもしくは性格的にも、改善は見込めない場合もあります。
こうなると、そのいぬの飼い主は生活にかなりの負担、精神的にもかなりの負担になります。
このような場合は、飼い主は考えなければなりません。
「この子と生活を続けるか、終わりにするか」を。
終わりにする場合の選択肢をどうするか。
飼い主が看取りながら、命を終わらせる
いわゆる「安楽死処置」
これは、かかりつけの獣医さんと相談することになります。
もうひとつは、保健所で他人(保健所職員)にお願いする。
これが「殺処分」ということになります。

ここで「殺処分ゼロ」を考えていかなくてはいけないことになります。

保健所(行政)は、なんのためにあるのか。
住民の安全と安心を提供していくこと、公衆衛生の徹底など
住民サービスを行うことが必要です。

動物愛護管理行政、いわゆる保健所では、
このようなサービスを行うことが最優先であり、
動物愛護が優先されてはいけないと思います。

そこで、行政が「殺処分ゼロ」を掲げてはいけないのです。
しかしながら、ゼロを目指した行動を起こす必要はあります。

今回は、ここまで。
行政がゼロを目指した行動をするためには、なにが必要なのか。
を考えていきます。

-------------------------------------------------------

◆編集後記

-------------------------------------------------------

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

今回の号は、いかがでしたか?

いろいろな提案を、このメルマガやブログ、
ホームページ等で発信していきます。
応援よろしくお願いします。

ご意見などありましたら、お気軽にどうぞ。

メールマガジン「こにし塾/いぬやねことの生活と動物愛護」

◎発行責任者:まんもすどっぐ
◎発 行 社;まぐまぐ
◎公式サイト;http://dogspluswan.inukubou.com
◎問い合わせ;manmoth_dog@mac.com
◎登録・解除;http://www.mag2.com/m/0001674632.html
....


  • 0001674632
  • 2018/06/15
  • 毎月 第2月曜日(祝祭日・年末年始を除く)