メルマガ登録

GrowAsPeopleニュース

  1. ビジネス・キャリア
  2. 転職
  3. 転職全般
********************************

どんな状況にいても 望めば次に行ける。 そんなセカイをつくろう

******************************** サンプル

皆様はじめまして!
一般社団法人GrowAsPeople(GAP)の「広報パンダ」です。僕は妹のパンダ子と一緒にGAPの広報活動を担当しています。
僕らGAPは2010年に誕生し、「夜の世界」(性風俗産業)で働く人々が孤立しない社会の仕組みづくりを目指しています。
夜の仕事を卒業し、昼の仕事への転職や第2の人生を目指す「セカンドキャリア支援事業」を展開しています。
また、蓄積したデータを分析した「夜の世界白書」も発行しています。

「夜の世界から卒業したいけどどうすればいいのかわからない」

「どんな課題や現状があるのか知りたい」

という声にお応えするのが、このメルマガです。
相談窓口や僕らが取り組むサポートの紹介、講演やメディア露出情報、イベント告知、特集記事などを毎月掲載します。

【News!!】
4月18日に書籍「風俗嬢の見えない孤立」(光文社新書、定価799円)が発売されます。GAP代表理事の角間惇一郎が6年間の活動を振り返り、サポートした約5000人のキャストさんの声やデータを分析し、セカンドキャリアを実現する仕組み作りついて語ります。
GAPが書籍を発売するのは初めてです。ぜひお手にとってご覧ください。
Amazonでも紹介中です☆https://www.amazon.co.jp/dp/4334039847/ref=cm_sw_r_cp_awdb_Xxm5ybYX6PN51


【特集記事:SC卒業生の声】
このコーナーでは毎回、セカンドキャリアプログラム(SC)を通して昼の仕事に転職した卒業生の声を紹介します。
●Eさん(20代後半)
Q.SCを受けたきっかけを教えてください。
A.初めてGAPとコンタクトをとったのは2015年9月です。GAPの公式サイトを見て、メールをしました。
当時デリヘルで働いていた私は、仕事のストレスなどでなかなかうまく行かず、悪循環になっていました。
「人に話せる仕事がしたい、一刻も早く風俗から足を洗いたい、けど何から始めればいいのかわからない。」と思っていた時に、風俗嬢の支援をしている団体があると知り、メールを送りました。
その後、同年10月に代表の角間さんと初めて面談をして、その日にGAPでインターンをすることが決まりました。
Q.セカンドキャリアを目指すキャストさんへのメッセージ
A.私は特別な人間ではありません。夜のお仕事でも本指名が少なかったし、努力もできないし、ダルい日は1日寝てる人でした。
夢や希望を持てないのは自分のせいではないので、まずは素性を話せる人に相談すると良いと思います。
ぼんやりとした不安に対して解決する案をGAPは提案してくれます。 

〜サンプルにつき以下省略〜

【お問い合わせ先一覧】
・セカンドキャリアプログラム事業についてのお問い合わせ(相談窓口)
 専用サイト:http://growaspeople.org/member/
 メール:sc@growaspeople.org

・取材や講演依頼、出版物についてのお問い合わせ
 メール:gap_pr@growaspeople.org

・その他のお問い合わせ
 メール:info@growaspeople.org



最後までご覧いただきありがとうございました。
次回の特集記事は「シングルマザー支援」です。GAPと親交のあるシングルマザー支援団体のご紹介をします。
お楽しみに!


===========================
メールマガジン「GrowAsPeopleニュース」
発行者:一般社団法人GrowAsPeople
公式サイト:http://growaspeople.org
Facebook:https://www.facebook.com/growaspeople343/
Instagram:https://www.instagram.com/gap_pandako/

登録解除はこちら→http://www.mag2.com/m/0000XXXXXX.html
============================

  • 0001679200
  • 2017/08/18
  • 毎月 18日(祝祭日・年末年始を除く)