01351 左の状況や作業、行動において、どんな危険 要因があるか、考えて下さい。

それが危険予知訓練(KYK)になり、更に、その発生確率と被害程度とを加味して、対応の優先順位を定めれば、リスクアセスメント(損害評価)になります。

ヒントと災害実例は、次の頁で公開します。