メルマガ登録

中谷彰宏の【未来塾】 ~明日のビジネスを拓く気づき~

  1. ビジネス・キャリア
  2. 経営
  3. 経営学・経営理論
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
         ≪≪≪公式有料メールマガジン≫≫≫

             中谷彰宏の【未来塾】
          〜明日のビジネスを拓く気づき〜

              2009年03月16日号
    Vol.000 「あれは、クレージーだ」と言われることをしよう。
◆───−- - -                  - - - -−───◆

【これからどう「なる」より、これからどう「する」を考える。】

ヒット商品は、みんなの意志や希望の集合体だ。

みんなの気持ちが集まって、次のヒット商品が生まれるのだ。

大切なのは、「どうなるか」を予測することではなくて、
「自分はどうしたいか」という意思表示をすることだ。

「これからどうなるのだろうか」ということばかりを気にしていると、
結局、後追いになってしまう。

世の中には2通りしかない。

年中「どうなるか」をびくびく気にしている「評論家」と、
「こうしたい」と考えたように世の中がなってしまう「達人」だ。

あるファミリーレストランのメニューについて、
「最近、売り上げが下がっているのは、競合商品が増えたからだ」
とマーケティング的見地から論ずるのは、評論家。

「だって、もう食べ飽きたよ。
でも、ソースのかわりに、ぽんずをかけると結構いけるよ」
と、新しい食べ方を見つけているのが達人。

(巻頭コラム:中谷彰宏『会議を刺激する男になる』PHP文庫から)

◆───−- - -                  - - - -−───◆
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

【 Vol.000 「あれは、クレージーだ」と言われることをしよう。】

ヒットする企画には、4つの共通点があります。

【1】オリジナリティー
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ヒットする商品は、オリジナリティーがあります。

「オリジナリティーのある商品」というのは
なかなかピンときません。

これは「みんながまねしたくなるけど、まねするのは大変だ」と
わかる商品です。

「まねしたいけど、ここまでできないわ」

というのがオリジナリティーです。



【2】極端
~~~~~~~~~~~~~
「オリジナリティー」は、別の言い方をすると「極端」です。

極端だから「あそこまではできない」「あれはクレージーだ」となるのです。
そうすると、狭い範囲でしかできません。

苦しくなってくると、人間はどうしても範囲を広げたくなります。

広げたらダメです。
狭くしていくことによって極端になっていけるのです。



【3】明快
~~~~~~~~~~~~~
「極端」というのは、明快ということです。

どんなにオリジナリティーがあっても、
複雑なものはそのオリジナリティーがどこなのかがわかりません。

一言で言えることしかクチコミにはのりません。
実は、童話というのは原典を読むともっと複雑です。

いろいろな登場人物がいます。

ところが、みんなが知っている童話はシンプルに
なった部分だけ残っています。

シンプルだから伝承していくのです。

「もっと登場人物がいろいろいて」

「原作ではもっとドロドロしていて」

ということが消えたものが現在残っている昔話です。



【4】癒着
~~~~~~~~~~~~~
狭いところでやっていることが、ほかの商品と一体化していくのです。

これがヒットする条件です。

こうなった時点でひとり歩きを始めます。
狭いところでマイナーに生まれた商品でもわかりやすいものはあります。

つくり出すのは大変で、まねはできません。

でも、それを見て、海外の知らないところから問い合わせが来たりします。

そことくっついて、予期せぬことで新たなものが生まれるのです。

各旅行会社でツアーは行き詰まってしまいました。

どうやって旅行商品のパッケージをつくっていいか見失いました。

その時に、旅行の中での組み合わせではなく、
旅行以外の要素と組み合わせることを思いつきました。

本来、旅行業と関係ないものと組み合わせることで
次の商品が生まれるのです。

たとえば、旅行業がレストランと組んでも
たいして大きい展開はありません。

ところが、旅行業がカルチャーセンターと組めば、
カルチャーセンターの先生と一緒に行く旅行ツアーができます。

習い事に変わってくるのです。
違うものの要素を足していくことが「癒着」なのです。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
>        中谷彰宏(なかたに あきひろ)          <
大阪府生まれ。作家。早稲田大学第一文学部演劇科卒業。
博報堂で8年間CMプランナーを務めたのち、株式会社中谷彰宏事務所設立。
著書は『なぜあの人はいつもやる気があるのか』(ダイヤモンド社)、
『なぜあの人は人前で話すのがうまいのか』(ダイヤモンド社)、
『一流の常識を破る【8】「超一流」の会話術』(ファーストプレス)
など、820冊を超す。

【中谷塾】( http://www.an-web.com/nj/ )を主宰し、
全国で講演活動を行う。

中谷彰宏事務所の【出版事業】に関しては、
http://www.an-web.com/an_publish/index.html をご覧ください。
第1弾【「あげまん」になる36の方法】好評発売中。
http://www.an-web.com/book_html/978-4-904382-00-4.htm
第2弾【断られた人が、夢を実現する。】Amazon.jpなどで発売中。
http://www.an-web.com/book_html/978-4-904382-01-1.htm

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
■中谷彰宏の【未来塾】〜明日のビジネスを拓く気づき〜
■発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
■配信中止はこちら http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/78/P0007878.html
───────────────────────────────────
■著者:中谷彰宏
■所属事務所:中谷彰宏事務所
■e-Mail:anj@an-web.com
■ホームページ:http://www.an-web.com/
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━


  • P0007878
  • 2018/01/15
  • 毎週 月曜日(年末年始を除く)