生きる意味は仏教に学びなさい

  • ¥0

    無料

仏教メルマガ読者数日本一。今この瞬間に幸せを感じ、後悔のない人生にする方法とは?なぜどんなにお金があっても幸せになれないのか。むなしい人生になってしまう原因とは?あなたの人生を背後で支配する運命の法則と99%の人が自覚なく不幸を引き寄せている6つの行いとは…?仏教史上初のウェブ通信講座を開設、仏教の歴史を変え続ける中村僚が、葬式法事仏教となった現代日本の仏教界では失われた本当の仏教の秘密を公開。発行者サイトでも隠された仏教の秘密を無料プレゼント中。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
生きる意味は仏教に学びなさい
発行周期
不定期
最終発行日
2017年07月04日
 
発行部数
19,120部
メルマガID
0001575646
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > こころ > その他
  • 各用語がわからない方へ

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

サンプル誌

こんにちは。中村僚です。

さて、本日は記念すべき第一号です。

今日のテーマは、

「いつでもどこでも通用する人生の原則とは?」

です。

それではどうぞ。

━━━━━━━━━━━━━━
サンプル号
━━━━━━━━━━━━━━
∽…∞…∽…∞……∽…∞…∞
■いつでもどこでも通用する人生の原則とは?
∽…∞…∽…∞……∽…∞…∞

あなたは、最も影響力のあるビジネス書として

多くのメディアに紹介されている本をご存じでしょうか。


全世界で 3,500 万部、日本でも120万部の大ベストセラー

「7つの習慣」です。



この本は、分厚くて、なかなか読む気になれなかったのですが、

先日、ようやく読んでびっくり!



単なる表面的なテクニックではなく、

いつの時代も、どの国においても変わらない

成功のための「原理原則」を教えてくれているのです。



■特に今のような時代、個人も、企業も、行く先を見失っています。

あなたは、

何の為に生きるのか、

どこへ向かって生きてゆくのか、

生きる意味が、ハッキリしているでしょうか。


世の中の流れもどんどん加速し、

企業の平均年齢は、どんどん短くなり、

すでにアメリカでは30年を下回っています。



大学を出て22才で就職しても、60才までは

30年以上は働きますから、

平均的に、誰もが、自分の会社の倒産か

自分のリストラに立ち会うことができる世の中です。



一方で、情報化社会で、爆発的に情報があふれています。

何を信じて、どこへ向かえばいいのでしょうか。


今までのルールが通用しないためか、

多くの人が何か新しい解決策を求めています。

しかしながら、多くの場合、答えはそこには見つかりません。


■『7つの習慣』著者である

スティーヴン・R.コヴィー博士は、

この本を書く際に、古典を徹底的に調べました。


1776年のアメリカ合衆国建国以来の

「成功」に関連する文献を全て調査した結果、



最近の50年間に書かれた文献の内容は、

「その場しのぎの表面的で薄っぺらいもの」

に過ぎず、


成功に必要な「原理原則」は、全て過去の

150年間の文献に隠されていた、

と言っています。


古い文献といったものは、多くの人がすでに

あきてしまい、見向きもされないことが多いですが、

古くから今も残っている文献は、

「歴史が証明している」成果を記したもの

なのです。


この不透明な状況をも生き抜き、

さらに未来の飛躍を遂げるための

本質的な「答え」は何か?


コヴィー博士は、原則を7つにまとめています。



その2番目に

------------------------------
Begin with the end in mind.
------------------------------

とあります。


the end(ジ・エンド)とは、

「終わり」

「最終的な目的」ということです。

ただの目標、中間目標ではありません。


in mind(イン・マインド)は、

「心の中に」

Begin(ビギン)とは、

「始めなさい。」


だから、

━━━━━━━━━━━━━━━━━
最終目的を心の中に持って始めなさい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━

ということです。


例えば、タクシーに乗った時、

どんな無口な人でも、まず行く先を言うでしょう。


「お客さんどこ行くの?」

と聞かれて、

「……」何も言わなかったり、

「勝手にどこへでも行け」と言ったりして

タクシーが暴走してしまったら、

時間とお金が無駄になります。


人生行路もまた同じ。


生まれてから

小学・中学・高校と、歩んできました。

そして、

仕事して、

結婚して、

子供を育てて

色々やっても最後は

死んでしまいます。


コヴィー博士は、

「自分の葬式に出ている場面を想像してみて下さい。」

と面白い質問を投げかけています。


あなたは、臨終に、

「自分の人生は、こんな意味のある人生だった」と

言えるでしょうか?

もし言えたとして、

一度きりの人生、それで後悔はないでしょうか。



人間に生まれてから、死ぬまでの間、

最終目的をハッキリさせてから、

人生のスタートを切ることを言われているのが、

━━━━━━━━━━━━━━━━━
最終目的を心の中に持って始めなさい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━

ということです。


ほとんどの人が人生に失敗するのは、

最終目的が決まっておらず、

いつまでたっても曖昧。


コヴィー博士は、

はしごをかけ違えてしまえば、努力すればする程、

努力が無駄になると言っています。

臨終に、「無駄な人生だった」と気づいても手遅れです。



ハッキリした目的があってこそ、努力が実るのです。

少々つらいことがあっても、がんばれるのです。



何の為に生まれてきたのか、

何の為に生きているのか。

人生の意味

究極の目的をみんな知らない。



人間に生まれてきたのはこれ一つ果たす為だ!

という

人生の目的をハッキリさせて

ものごとを始めましょう。


その、「人が生きる意味」は、

仏教の中に説き明かされています。


実際、コヴィー博士も、七つの習慣の結論である

6番目の習慣「相乗効果を発揮する」は、仏教の概念だと言い、

それを目指すべきだと言っています。



■そこで、この仏教に解き明かされた

「生きる意味」をあなたにお届けするためだけに、

このメルマガが存在するのです。


仏教の哲理が指し示してくれるのは、

どんな時代であろうと、どこの国であろうと

光輝く本質的な知恵です。


現状を打破するだけでなく、

将来の人生を飛躍させることに、

計り知れない影響を与えることをお約束します。

∽…∞…∽…∞……∽…∞…∞
■編集後記
∽…∞…∽…∞……∽…∞…∞

本日もお読み頂き、どうもありがとうございました。

あなたは、今日の内容から、どんな学びがえられましたか?

ぜひノートにまとめたり、他の人と話してみたりして、

アウトプットしてみてください。


アメリカの研究データによれば、

記憶に残る割合は

聞いた事 10%。

見た事 15%。

聞いて見た事20%。

人に話した時は90%

に飛躍するそうです。


近くに人がいなければ、

今すぐ私にメールを下さってもかまいません。

大歓迎です。

ryo@buddhism.ne.jp

それではお体くれぐれも大切になさって下さいませ。


----------------------------
┌──┐
│\/│
└──┘
発行:中村僚
生きる意味は仏教に学びなさい
URL : http://xn--fiq08d615a.com/
Email: ryo@buddhism.ne.jp
----------------------------
※メルマガの配信停止はこちら。
http://www.mag2.com/m/0001575646.html
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ