Mail Magazine Back Number

バックナンバー

今井亮一の裁判傍聴バカ一代のバックナンバーを、1ヶ月ごとに購入することができます。
過去に配信された号を読みたい方はこちらからお買い求めください。

今井亮一の裁判傍聴バカ一代バックナンバーリスト

2019年04月
  • 2019/04/30 第2248号 芸能系の民事を2件傍聴、生意気な若者たちがケンカ?

    1件は、もしかして売り出し中の才能ある女子を食い物にする手口か? とも思える事件。もう1件は、これはネットでもだいぶ話題になっている事件。アイドル少女、目指す少女、またその親御さんは、こういうことも頭に入れておくほうがいいのでは。

  • 2019/04/27 第2247号 小学校の教員になってから、可愛い女児を性的対象と見始めた

    いかにも小学1年生の担任っぽい若者による、受け持ち児童2人に対する「暴行」。触ったのが「性的部位」でないため事件名は「暴行」となったのだ。小児性愛はどこから生まれ、どう育つか、非常に考えさせられた。

  • 2019/04/25 第2246号 有罪に決まってる公務執行妨害、決まってるけどヤバイ速度違反!

    どっかーん! またまたすごいオービス裁判をたまたま見つけた。こんなこともあるから、とにかく次々傍聴してみることが大事なのだね。それにしても今年の私は際だって運が良いと思う。

  • 2019/04/23 第2245号 頭部破壊というべき苛烈な暴行、なぜ殺人未遂ではないのか

    18歳のとき大麻で逮捕され有名私立大学を退学に。それから別の有名私立大学に入り、夜中に路上で傷害事件を引き起こす。殺人未遂でおかしくない苛烈な暴力! しかし判決は執行猶予。その理由は…。

  • 2019/04/20 第2244号 ヤクザがらみか怪しい不動産業、しかし刑事裁判は完全スルー

    事件名はたかが「横領」なのに早々と警戒の職員が張り付いていた。傍聴席にはヤクザ方面っぽい男性が5人。なんだろう、ちらっとチェックして「住居侵入、殺人、死体遺棄」へ行くつもりだったが、出られなくなってしまった…。

  • 2019/04/18 第2243号 信号無視が最高裁第1小法廷へ! 傍聴てきました~

    大阪高裁の福崎伸一郎裁判長が原判決(罰金9千円)を破棄して逆転公訴棄却(実質無罪)とした事件。案の定、最高裁はひっくり返して有罪とすべく弁論を開いた。交通違反の処理手続きが専門の私めがレポートさせてもらいます!

  • 2019/04/16 第2242号 ずっといじめられ中学からぐれ、判決はチョー珍しい「拘留」!

    前科5犯。金沢刑務所を出て、仕事を探しに東京へ。だが元勤務先はなく、保護を求めて区役所へ行ったが閉庁日。電車の乗客から「臭い」と言われてイライラしていたこともあり「人を殺す」「殺した」と虚偽の110番通報を。そうして出所当日に逮捕されたのだった。

  • 2019/04/13 第2241号 極めて珍しい「侮辱」裁判、女性駅員に対しぶつけた言葉は

    人定質問で裁判官から住所を問われ、「それ言わなきゃいけないの? いやルール知らねえからルール、言っていいのかい。ほかに(傍聴人に)聞かれちゃう」と被告人。JRの女性駅員(24歳)に対し「デブ、ブタ、ブス、キモい、口臭えんだよ」などと言ったのだそうだ。しかし「とりあえず」否認…。

  • 2019/04/11 第2240号 最近流行の銀行カード詐欺と、チケット詐欺師の無免許運転

    はは~、最近流行のあの詐欺はそういう手口なのか、すごいなぁ、という事件。プラス、こいつは詐欺師だ、逮捕された、などとネットで書かれ、数年後には行方不明者を捜すサイトに氏名がある、そんな女性が「道路交通法違反」の被告人として法廷へ出てきた。詐欺は実刑だったらしい。道交法違反は…。

  • 2019/04/09 第2239号 秋葉原のアイドル少女を食い物にする手口がすでに蔓延!?

    原告氏名も被告氏名も「閲覧制限」の民事訴訟の、本人尋問があった。傍聴してみた。なんとアイドルがらみの事件だった。こういうこと、みなさんご存知なのだろうか。

  • 2019/04/06 第2238号 刑務所で冷たくされたと恨み、出所して名誉毀損のビラをまき

    好意が恨みに変わり、仮出所して間もなくから、相手の氏名等に加え「覚せい剤を買いませんか」と書いた紙を、約1年4カ月も巻き続けた。恨みは薄れ「毎日の習慣」のように執着したのだという。似たような前科もあり、明らかにあの“障害”でしょ。しかしひたすら刑務所へ送る、それが裁判所の日々の習慣だ。あんたらの障害のほうが重く有害だと傍聴席から思っちゃダメですか!

  • 2019/04/04 第2237号大型自二の検定試験、1本橋で落ちて「すべっただけだ!」と

    自動車学校の“モンスター生徒”だったのか? と思えた。押しに負けて卒業証明書を不正に交付した(とされる)実技試験の検定員らは、すでに有罪判決を受けているという。解雇もされたはず。人生が大きく狂ったのではないか。学校も児童相談所もコンビニも食堂も、モンスター対策は急務かと。いや私も。

  • 2019/04/02 第2236号 2度の期日をすっぽかし、とうとう「勾引」された被告人は…

    1度目の理由は急な発熱だった。その診断書が出ないまま、2度目の理由は祖父の四十九日だった。3度目、被告人は勾引(裁判を受けさせるための身柄拘束)をされ、裁判が始まった。傍聴してみて、私は被告人にちょっと好感をもった。正直な男じゃないかと。事件は超過80キロ台のスピード違反で…。

今井亮一の裁判傍聴バカ一代

バックナンバーリスト