Mail Magazine Back Number

バックナンバー

今井亮一の裁判傍聴バカ一代のバックナンバーを、1ヶ月ごとに購入することができます。
過去に配信された号を読みたい方はこちらからお買い求めください。

今井亮一の裁判傍聴バカ一代バックナンバーリスト

2019年06月
  • 2019/06/29 第2274号 ピエール瀧さんにコカイン譲渡の女性、その判決での「説諭」は

    有名芸能人がらみの事件ゆえ記者席が10席あった。出た報道はどこも横並びの短報ばかり。じつはエリートな楡井英夫裁判官は量刑理由の1つとして非常に興味深いことを言ったのに、報じるのは私しかないという…。  編集後記は、ほら横浜地裁の法廷で刑務官の頬を鉛筆で刺した被告人の続報。なんとまた…! これもなぜか報道されていないようだ。世の中そんことだらけなんだわねぇ。

  • 2019/06/27 第2273号 コンビニトイレで出産、遺棄、ネットは個人暴きで盛り上がり

    「保護責任者遺棄」。多くのメディアは匿名報道としたが、実名報道が一部にあった。その実名をタイトルの頭に据え個人情報を暴こうとする大量のサイト。やがて女児は、母親の氏名をネット検索した者から「お前の産湯はトイレの便水だ。ぎゃはは」とかいじめられるのではないか。

  • 2019/06/25 第2272号 元妻に対するDV防止法違反、今回はもう実刑のはずだが…!

    元妻への度重なる暴力で罰金刑を受け、しかし懲りずDV防止法の保護命令違反で執行猶予付き懲役刑を受けた男が、今度は元妻を車へ押し込もうとした! 新井紅亜礼(くあら)裁判官は暗い調子で言うのだった。「前の事件のときも私あなたの裁判を担当…」と。

  • 2019/06/22 第2271号 センシスの新型オービス裁判、証人はミニスカートの女性で!

    本邦初、超重要な新型オービス裁判。今回の証人は定期点検の担当者。意外にも若い女性だった。国産オービスの裁判を私はさんざん傍聴してきたが女性は初めて。スエーデンの本社で教育を受け、認定証を得ているのだという。へぇ~。

  • 2019/06/20 第2270号 典型的オレオレ詐欺、それは詐欺だと長女か言われたのに

    息子になりすました詐欺師から230万円必要だと言われ、善意から250万円を用立てた…。今日はそのお婆ちゃんを証人尋問。お年寄りが特殊詐欺になぜやすやすと引っかかり続けるのか、分かるような気がした。

  • 2019/06/18 第2269号 無理ムリな控訴棄却、裁判員制度のメンツを護ったのか!

    東京高裁の若園敦雄裁判長、私は良い評判を聞いていた。良い判決を傍聴したこともある。なのに今回、2人の若いマレーシア女性の1人の無罪を認めたとほぼ同じ理由でもう1人の有罪(懲役9年、罰金400万円)を追認した。なぜ?

  • 2019/06/15 第2268号 万引きが止まらない妻、夫はADHD、嗚呼そんな人生もあるのだ

    「ま、僕自身がけっこうメチャクチャなので、それを10何年支えてくれて、 ま、恩ってのがあるので見捨てるつもりはないんで」とADHD(注意欠陥多動性障害)の夫はきっぱり言うのだった。

  • 2019/06/13 第2267号 コンビニの女子店員に好意を抱き、マンションの鍵穴に接着剤

    しつこく言い寄る男を気味の悪い客と思い、誰とも交際する気はないと女子店員は言った。ところが、女子店員が男性と歩いているところを見て客は腹が立ち…。裁判官は被告人(25歳)の裏側にあるものについて妙な言及をし…。

  • 2019/06/11 第2266号 クレプトマニアはみなさん、キョロキョロして目が点になっている

    前号からの続き。精神科医を証人尋問。被告人は一流会社に就職、その後渡米してある資格を取りアメリカで働いたり、端から見れば優秀な才女なのに、なぜ窃盗症に陥ってしまったのか…。

  • 2019/06/08 第2266号 興奮してきて体がすごく熱くなって脇の下からも足からも汗が垂れて

    被告人は小柄でスリムな女性。万引きで執行猶予中に万引きをやり実刑に。控訴してからくも逆転執行猶予(保護観察付き)とされたのにまた万引き! どうしても万引きが止まらないクレプトマニア(窃盗症)の女性がまた法廷へ出てきた。犯行時のことをハキハキと赤裸々に語るのだった…。

  • 2019/06/06 第2264号 失うことばかりの人生、普通に生きるのが楽しいんだねと

    社債トラブル名目の詐欺に加担させられ懲役5年を服役。出所後、資格を生かし地道に働いていたが、犯罪に誘われてドタキャン、500万円払わないと家族に危害を加える、帳消しにしたいならと…。世の犯罪の一定部分は、地元の先輩後輩の関係という辺りから生まれているのではないか…。

  • 2019/06/04 第2263号 予想どおりの最高裁判決、補足意見に期待した私がバカでした

    大阪高裁の福崎伸一郎裁判長が侠気(おとこぎ)でやってのけた公訴棄却判決(実質無罪)。それを当然に最高裁がひっくり返すシーンを、荘厳、豪壮極まりない第一小法廷で見届けさせてもらった。裁判官5人のうち1人が補足意見を述べたという。まさか福崎さんの侠気に応えたとか!?

  • 2019/06/01 第2262号 13歳女子に淫行した21歳、“中出し”で取る責任とは

    ゲーム系の出会い系発の事件。甲1号証は被害女子の調書。こんな部分があった。「うまいこと言って私とセックスすることだけが目的だった…悔しくて許せない」。若い男子の性欲に正直な若者君は、しかし妊娠したら責任を取るつもりだったそうな。その方法とは…。

今井亮一の裁判傍聴バカ一代

バックナンバーリスト