Mail Magazine Back Number

バックナンバー

今井亮一の裁判傍聴バカ一代のバックナンバーを、1ヶ月ごとに購入することができます。
過去に配信された号を読みたい方はこちらからお買い求めください。

今井亮一の裁判傍聴バカ一代バックナンバーリスト

2019年09月
  • 2019/09/28 第2313号 パチンコで全財産8万円を失い、もう死んでもいいやって

    派遣会社の女性部長の左胸を千枚通しで突き刺し実刑判決、というのを私は2011年に傍聴した。その被告人が71歳になり今度は「器物損壊」で法廷へ出てきた。親族はもう頼れず、死にきれず、刑務所へ入ろうと警察署の敷地内で車のサイドミラーを壊したのだった。犯罪者にありがちというか、特徴的なお年寄りで。

  • 2019/09/26 第2312号 11カ月の女児がズボンの裾をつかんだからと腹を立て

    犯行後5年間、行方をくらまし、12年後にようやく自白したとされる「傷害致死」。「捜査一課特命捜査対策室」が関わったのだという。これはあくまで私の印象妄想だが、被告人は幼少期に愛されたことがなく、虐待といじめと暴力の中で育ったのか…。  編集後記は驚愕の“お漏らし新時代”!

  • 2019/09/24 第2311号 被告人は最高裁の事務官、棒の先に小型カメラをつけて…

    大きく報道された事件。私は初めて聞く手口だった。30代、独身、そっち方面の匿名掲示板に耽溺してしまったのか…。

  • 2019/09/21 第2310号 少年時に何度か少年院へ、成人してすぐ今度は刑務所へ

    少年の顔面を殴り、倒して顔面等を蹴り、全治まで約45日間を要する顔面多発骨折の傷害を負わせた、とはいえそれは少年時の犯行。なのにさくっと実刑! この若者は刑務所でどんなワルと交流し何を学ぶんだろうか…。

  • 2019/09/19 第2309号 芸能系でDV系で酒乱系の事件、前夜までの自白をひるがえし

    往年の有名俳優の娘さんで自らも芸能活動をしている女性の、内縁の夫(歌手)の事件。かなりのイケメンで、グレーのダブルのスーツで法廷へ現れ…。

  • 2019/09/17 第2308号 オレオレ詐欺の若い受け子、ぎりぎり執行猶予の理由は?

    例によって末端の使い捨ての受け子だけが捕まった事件。既遂1件、未遂1件。既遂があれば若年者でもさくっと実刑、刑務所行きが普通なのに、本件は執行猶予とされた。その理由は…。

  • 2019/09/14 第2307号 生活保護の74歳が酒を万引き、かすれ声で発した名言とは

    被告人が法廷で名言、迷言をいうことはよくある。今回の名言には私は感動したね。おっしゃるとおりそのとおり! しかし官僚制度はそんなこと気にしないのだ。

  • 2019/09/12 第2306号 部活の女性コーチによる体罰事件、罰金15万円とは

    興味深い事件の判決のみ3件。最高裁、検察庁の庁名碑にペンキをかけて服役したおじさんが出所後、内閣府の庁名碑にまた…。普通は不起訴だったろう体罰事件…。そして超珍しい侮辱罪…。

  • 2019/09/10 第2305号 信号無視の自転車事故、1時間まった話が噛み合わず

    被告人は長身スリムな若いイケメン君。刑事裁判における言語も思考法も一般社会のそれとは異なるところ、その異なりが度を超えて著しいのか、あるいは…。

  • 2019/09/07 第2304号 摂食障害で窃盗症の若い女性、再犯しないと誓えば誓うほど…

    「もうしません」と誓えば、意思の力で万引きを止められるのになぜまたやったのかと責められ、「病気だから治療します」と言えば病気のせいにするのかと責められ…。

  • 2019/09/05 第2303号 不法残留約6年の韓国人、東京の片隅でつましい愛の暮らし

    オーバーステイで地味に働き続け、子持ちの日本人女性を支え続けた韓国人男性。けっこう男前だ。なんと、男性は女性の貯金には最後まで手を付けなかったという!

  • 2019/09/03 第2302号 あの「円天」の元営業課長、無免許運転で実刑判決の理由

    法廷中央にぴしっと立つその姿勢は、えっ? 服役経験者に特有のものじゃないか。あとで被告人氏名をネット検索して驚いた。「円天」事件で逮捕された20人ほどの中に氏名があるのだった。今回の実刑判決を被害者らが知ることはないだろう。

今井亮一の裁判傍聴バカ一代

バックナンバーリスト