殿堂入りメルマガ (2022/12/07 04:09:53 更新)
  1. 殿堂入りメルマガ

  2. ニュース・情報源

発行2年以上、最新号発行部数3000部以上の無料メルマガ、優良認定された有料メルマガです。
このカテゴリの…

まぐまぐのメルマガ一覧(68誌中 61誌~)

無料メルマガ登録規約 登録前に必ずお読みください。登録した方には、まぐまぐの公式メールマガジン(無料)をお届けします。

殿堂入り 上杉隆の「ニッポンの問題点」
  1. ニュース・情報源
  2. 一般ニュース
  3. 政治
表紙
発行者経歴
ジャーナリスト(一時復職中)(無所属/内閣総理大臣非公認): 1968年福岡県生まれ、東京都育ち、のち放浪。ホテル、テレビ、衆議院議員事務所、米紙東京支局等を経て、2002年よりジャーナリストとして活動。同年「第8回雑誌ジャーナリズム賞企画賞」受賞後、「4D政策」。2003年、全日本パブリックゴルフ選手権予選落ち、北朝鮮入国、イラクは失敗。2004年、入院@パリ&東京、リハビリ@山梨&軽井沢。2005年より「Stoic & Luxury」を標榜し、本ブログを開始。「東京脱力新聞」「週刊東京脱力」「東京脱力新聞2.0」を経て、2009年「Stoic & Luxury」の新境地へ。 
このメールマガジンに対してひとこと
 
発行者プロフィールを閉じる

「リテラシー」(情報を読み解く力)こそ、今最も必要なスキル。情報操作だらけの大手メディア報道では絶対伝えない情報を届ける『上杉隆の「ニッポンの問題点」』はリテラシー向上にピッタリのメルマガ。上杉隆は日々霞ヶ関で、地を這う取材を敢行。第一次安倍政権の内幕を描いてベストセラーとなった「官邸崩壊」以来、安倍晋三の仇敵となった上杉隆が、ブログやtwitter、facebookでは書くことができない、今、伝えたい情報とは!

  • 0001112241
  • 880円/月(税込)
  • 2022/11/29
  • PC・携帯向け/テキスト形式
  • 不定期
殿堂入り 田中優の“持続する志”
  1. ニュース・情報源
  2. 一般ニュース
  3. 社会

田中優の近況や最新情報をいち早くお知らせしていくメルマガです!講演会・新刊・掲載情報…お見逃しなく(*^_^*)!

  • 0000251633
  • 無料
  • 2022/12/06
  • 5,379部
  • PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
  • 隔週刊
殿堂入り 『週刊金曜日』メールニュース
  1. ニュース・情報源
  2. 一般ニュース
  3. 社会

広告に依存しないから本当のことが書ける独立系雑誌『週刊金曜日』。毎週の読みどころを無料で届けます。広告タブーゆえに他メディアが書けない大企業・大メディアの正体を明かす「正体」シリーズは大反響。

  • 0000140118
  • 無料
  • 2022/12/02
  • 4,125部
  • PC・携帯向け/テキスト形式
  • 週刊
殿堂入り 小さな会社の儲かる出版戦略
  1. ニュース・情報源
  2. 一般ニュース
  3. 経済

小さな会社向け「出版戦略」についての情報をお届けします。発行者は出版戦略を専門とするコンサルタント作野裕樹です。

  • 0001636569
  • 無料
  • 2019/12/04
  • 9,238部
  • PC・携帯向け/テキスト形式
  • ほぼ 週刊
殿堂入り 冷泉彰彦のプリンストン通信
  1. ニュース・情報源
  2. 一般ニュース
  3. 国際情勢
表紙
発行者経歴
東京都生まれ。東京大学文学部卒業、コロンビア大学大学院卒業(修士、日本語教授法)。福武書店(現、ベネッセ・コーポレーション)、ベルリッツ・インターナショナル社、米国ニュージャージー州立ラトガース大学講師を経て、現在はプリンストン日本語学校高等部主任。1993年より米国在住。メールマガジンJMM(村上龍編集長)に「FROM911、USAレポート」を毎週土曜日号として寄稿(2001年9月より、現在は隔週刊)。「Newsweek日本版公式ブログ」寄稿中。NHK-BS『cool japan』に「ご意見番」として出演中。『上から目線の時代』『関係の空気 場の空気』(講談社現代新書)、『チェンジはどこへ消えたか オーラをなくしたオバマの試練』『アメリカは本当に貧困大国なのか?』(阪急コミュニケーションズ)など著書多数。 
このメールマガジンに対してひとこと
無料メルマガやウェブ上のコンテンツが「開かれたメディア」であるならば、有料メルマガは「閉じたメディア」だという言い方があります。ですが、このメルマガは、読者の皆さまの質問に答える中で、またその質疑応答から出てきたディスカッションを記事内で展開することなどを通じて、「見通しのよいメディア」「発展性のあるメディア」を目指します。 
発行者プロフィールを閉じる

アメリカ北東部のプリンストンからの「定点観測」です。テーマは2つ、
「アメリカでの文脈」をお伝えする。
「日本を少し離れて」見つめる。
この2つを内に秘めながら、政治経済からエンタメ、スポーツ、コミュニケーション論まで多角的な情報をお届けします。

定点観測を名乗る以上、できるだけブレのないディスカッションを続けていきたいと考えます。そのためにも、私に質問のある方はメルマガに記載のアドレスにご返信ください。メルマガ内公開でお答えしてゆきます。但し、必ずしも全ての質問に答えられるわけではありませんのでご了承ください。

  • 0001628903
  • 880円/月(税込)
  • 2022/12/06
  • PC・携帯向け/テキスト形式
  • 毎月 第1火曜日・第2火曜日・第3火曜日・第4火曜日
殿堂入り 阿部泰尚メルマガ「伝説の探偵」
  1. ニュース・情報源
  2. 雑学・豆知識
  3. 生活
表紙
発行者経歴
T.I.U.総合探偵社代表、NPO法人ユース・ガーディアン代表理事。録音の技術において国内随一の技術を誇り、NHK「クローズアップ現代」などで取り上げられる。2004年に、探偵として初めて子供の「いじめ調査」を受件し、解決に導く。以降5000人以上(2015年12月現在)の相談を受け、関係各所が動きが取れない状態であった330件(2015年12月現在)に上るいじめ案件を手がけ収束・解決に導く。今も精力的に「いじめ問題」に取り組む。いじめの実態の最も近い第三者として、新聞テレビ雑誌などの取材を受け、精力的に発言している。自社で運営する探偵学校校長も務める。 
このメールマガジンに対してひとこと
フジテレビドラマ「探偵の探偵」の監修を務めるなどテレビドラマ監修や協力を行う。初めて、いじめの証拠にICレコーダーを使い、録音することを提唱した。詐欺被害の立証やストーカー特定のための調査を体系化させた探偵。小中高(道徳公開講座等)やPTA主催の講演会や市議会議員のためのいじめに関する講演も行い、いじめの実態や情報リテラシー問題、解決方法などを提案している。探偵の枠を超え、その経験や技術を伝える講演会やWSなどにも登壇する。 
発行者プロフィールを閉じる

社会問題を探偵調査を活用して実態解明し、解決する活動を毎月報告。社会問題についての基本的知識やあまり公開されていないデータも公開する。2015まぐまぐ大賞受賞「ギリギリ探偵白書」を発行するT.I.U.総合探偵社代表の阿部泰尚が、いじめ、虐待、非行、違法ビジネス、詐欺、パワハラなどの隠蔽を暴き、実態をレポートする。また、実際に行った解決法やここだけの話をコッソリ公開。
まぐまぐよりメルマガ(有料)を発行するにあたり、その1部を本誌でレポートする社会貢献活動に利用する社会貢献型メルマガ。

  • 0001673137
  • 550円/月(税込)
  • 2022/11/23
  • PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
  • 毎月 9日・23日(祝祭日・年末年始を除く)
殿堂入り 親鸞に学ぶ幸福論
  1. ニュース・情報源
  2. 雑学・豆知識
  3. その他

【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。
「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。

  • 0001086000
  • 無料
  • 2022/10/03
  • 3,868部
  • PC・携帯向け/テキスト形式
  • ほぼ 日刊
殿堂入り 武田邦彦メールマガジン『テレビが伝えない真実』
  1. ニュース・情報源
  2. 業界ニュース
  3. 環境・エコ
表紙
発行者経歴
中部大学 教授東京大学卒業後、旭化成に入社。同社にてウラン濃縮研究所長を勤め、芝浦工業大学工学部教授を経て現職に就任。現在、テレビ出演等で活躍。 
このメールマガジンに対してひとこと
メルマガでは、原発や環境問題を中心にテレビでは放送できなかった“真実”をお話しいたします。 
発行者プロフィールを閉じる

中部大学教授の武田邦彦です。主に環境問題や資源に関して研究を行っております。
私のメルマガでは、テレビや雑誌新聞、ブログでは語ることが出来なかった原発やエネルギー問題に鋭く切り込みます。
また、皆様のご質問にもお答えしますので、気軽にお尋ねください。

  • 0001571196
  • 880円/月(税込)
  • 2022/11/30
  • PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
  • 毎週 水曜日(祝祭日・年末年始を除く)