小学校教師用ニュースマガジン

  • ¥0

    無料

小学校教育に役立つ情報満載。授業記録、研究論文、ホームページ情報、雑誌や書籍の紹介、公募情報、研究会情報などで構成。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
小学校教師用ニュースマガジン
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2019年03月07日
 
発行部数
2,395部
メルマガID
0000016207
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
教育・研究 > 教育実践 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

───────────────────────────────────
□小学校教師用ニュースマガジン2437□総発行部数3600部□村上浩一 
───────────────────────────────────

■▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△■
□                        □
■ 教材開発の極意 ==旅する教師==村上浩一  ■
□                        □
■▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△■

INDEXーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーINDEX
|【1】プロローグ 
|【2】旅する理由
|【3】市外への旅
|【4】県外への旅
|【5】世界への旅
|【6】メディアへの旅
|【7】時間への旅(今回は7-1)
~~~~~~~~~~~~~~~~
|【8】人間への旅
|【9】自分への旅
|【10】エピローグ
INDEXーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーINDEX

------------------------------------------------------
        【7】時間への旅(1)
------------------------------------------------------

■今、私は58歳です。定年まで、残すところあと2年という
状況です。

 56歳から手術のオンパレードでして、熊本地震がさらに
追い打ちをかけました。

 この前後で、私は今までかなりのモノを収集してきた
わけですが、これらのモノ、一体どうするの???
と言うことに目覚めたのでした。

 そして、意欲も減退してきたことを感じていました。


■その時、思ったのです。もっと、若い頃、その年代の方々
の話を聞いておけばよかったと。

「後悔先に立たず」というのですが、それぞれの時代のキャリア
を聞いておくべきだったとね。

 そこで、今回は、誠に僭越ながら、私のキャリアを話して
おきたいと感じたのでした。



(まだ若い先生へ)

 ぜひ、年配の先生から、各世代のキャリアを聞いて、自分の教育
実践をしていってください。


 青春、朱夏、白秋、玄冬という4つの時期を教職人生にあてはめて
おくべきだと、この年になって、つくづく思いました。


1)青春=20代

(体全身で子どもとぶち当たれ、昼休みに毎日遊ぶのは当たり前、
若さとは冒険、いろいろなことをやってほしい、もちろん
教育実践として。身銭を切れ、公的研修では全然足りない、
全国へ武者修行に行くべし、民間有料研修の旅へ、自由がきくのは
20代である)


2)朱夏=30代

(39歳までに研究授業100本をこなす、研究論文100本をこなす、
理論と実践の反復時期、地元の教育界に恩返しの時期=何らかの役員、
何らかのワークシート執筆等々、雑誌原稿が書ける腕の養成、
イケイケバンバンの時期)


3)白秋=40代

(若手のモデルとなる時期、尊敬される教師、この先生についていけば
間違いなしと思われる教師、こんな授業なら私でもできると思われたら
終わりの始まり、さらに磨きをかける時期、学校の中心となって学校を
動かす心意気等々)


4)玄冬=50代

(体力増強が主眼?、心身の健全化?、管理職との分かれ道、若手に
仕事を譲り、見守る環境、壁になる覚悟、教育実践を譲る時期、
現場教育と指導要領等々との乖離=ギャップが起こる時期、
捨てる技術等々)


 私に悔いが残るとしたら、若い時期にこの流れを知っておくべきだった、
もしくはなぜ聞かなかったのか、悔やまれます。

 もう今となっては遅すぎるのですがね。

 道順を知っていると、安心ですよね。探しながら行くのもいいですが、
ナビがわかっていた方が少ない時間で、達成可能です。

 これを「抽象度を上げる」といいます。視点を高くもって眺める状況
に入れるととてもわかりやすいです。

 私は人生の上で、「白秋」なのか、「玄冬」なのか、やはり「白秋」
でありたいと思っています。

 

 以上です。何ら、参考にならなかったかもしれません。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■メルマガを配信しています。無料で、月に2回刊行です。
以下からどうぞ。

http://kyouzai.biz/new/mm/espresso.htm

───────────────────────────────────
編集者から

言葉の感じでは朱夏が気に入ってます。長い青春を過ぎてようやく朱夏に入っ
た気分です。朱も夏も好きです。
白秋と玄冬はいつまでもこないような・・・・。
教師の生き方、ひとそれぞれでしょうが、自分なりの成長の道筋を見通すこと
は大切なのでしょうね。
村上先生も、イメージは青春から朱夏に入ったばかりかと。失礼しました。

───────────────────────────────────

編集者ニュース https://amzn.to/2PON7Yi アマゾンでの検索は「蔵満逸司」

※蔵満の大学での講義は原則公開していますので、希望される方はご連絡ください。
 ・新刊が発行されました。詳しくは近日中に。    
 ・文芸『いぶすき』に童話を書きました。 
 3月 台湾・西郷菊次郎を訪ねる旅/宮古島中学校出張
◆出前授業 琉球切手で学ぶ沖縄他 那覇市で実施予定 随時募集中(小6以上)
◆免許更新講習、来年度6講座7日予定。大学・宮古島・石垣島・やんばる
◆市民講座、来年度は3講座3日を予定。世界自然遺産・アジア旅入門・琉球切手

───────────────────────────────────
3月と8月はお休みです。
───────────────────────────────────
2019/3/8 藏滿逸司(琉球大学)編集発行 
  tabibito99+@yahoo.+co.jp (+は抜いてください)
───────────────────────────────────

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ