国際協力マガジン

  • ¥0

    無料

途上国への国際協力に参加してみたい、途上国の情報が欲しい人のメールマガジンです。NGOやODA機関、国際機関からの情報のほか、ボランティア情報、現地情報や開発問題の解説をお届けします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
国際協力マガジン
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2018年09月18日
 
発行部数
7,046部
メルマガID
0000023365
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 業界ニュース > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■        国際協力マガジン          2018/09/18 号

■■       ~みんなの参加する国際協力~
■■■  http://devmagazine.org/ http://www.facebook.com/devmagazine
■■■■     http://twitter.com/developingworld
    読者数 メルマガ 7,050 facebook 2,102 twitter 3,593 など
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

おしながき

 ■ 学び
   □ 第一回講座 地域産品を活用したコミュニティ開発講座
     2018年10月20日(土)・21日(日)
(東京都港区,2018/10/20-2018/10/21)
   □ 第二回講座 「ケースで学ぶ! 途上国での零細ビジネス振興のための
     マーケティング」 2018年11月24日(土)・25日(日)
(東京都港区,2018/11/24-2018/11/25)
 ■ 人材募集
   □ (9/30〆切)ASJ 事務局スタッフ(フルorパートタイム)
(A SEED JAPAN)
   □ JICA企画調査員2019年度上半期派遣一括公募
(全世界,2018/9/7-2018/9/27)
   □ グローバルフェスタ ボランティア募集!
(東京都江東区,2018/9/29-2018/9/30)

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■┃ 学び - 問い合わせは直接各団体へ
┗━┛
■ 日本福祉大学大学院公開セミナー・人の森国際協力カレッジ共催プログラム
第一回講座 地域産品を活用したコミュニティ開発講座
講師 野田直人
2018年10月20日(土)・21日(日) 9:30-17:00

「地域産品を活用したコミュニティ開発講座」では、一村一品プロジェクトなど、
地域の産品の商品化と販売によるコミュニティ開発について学びます。付加価値の
意味、マーケティングの基本、コミュニティ開発を成功させるための社会的条件な
ど、実践的な内容です。

地域産品を活用して地域住民の利益につなげたいけどうまく売れない、流通が確保
できない、事業が地域全体に広がらない、などなどの疑問に答えます。また、誤解
の多い一村一品運動などについても解説します。

講師は長年途上国での地域振興に携わり、「開発フィールドワーカー」の著者とし
ても知られる野田直人が担当します。
教材には、国際協力機構(JICA)の研修でも用いている資料に手を加えたオリジナ
ルのテキスト『地域産品ビジネスによるコミュニティ開発 援助を行うための基礎
知識 (国際協力の教科書シリーズ3) 』を用います。同日配布しますので、事前の
購入は不要です。

講座の対象者
国際機関や開発コンサルタント、青年海外協力隊(特に村落開発・コミュニティ開
発)やNGOなど、開発の仕事を目指す人。国際協力機関、開発コンサルタントやNGO
などで働いている人など。特に一村一品プロジェクト、SHEPアプローチ(市場志向
型農業)、フェアトレード商品の開発などに関する業務を行う人にお勧めです。
講義の分野としては産業開発・社会開発ですが、特に専門性がなくても受講できる
内容です。

日程と場所、受講料など
日程:2018年10月20日(土)・21日(日) 9:30-17:00
場所:日本福祉大学東京サテライト 東京都港区新橋6-9-6 12東洋海事ビル3階
(日本福祉大学東京サテライトWEBサイト:
http://www.n-fukushi.ac.jp/about/campus/tokyo/index.html)
定員:30名
受講料:20,000円(消費税込み)。*学割等有。詳しくは下記HPでご確認下さい。
募集期間:定員に満たなければ講座前日まで。

詳細・お申し込みは以下をご覧ください。
https://hitonomori.com/dev_seminar/nfu.html#koza1

企業・団体での受講の場合
特定の団体やグループ向けに特設講座を組むことも可能ですので、お問い合わせく
ださい。他の日程をご希望の方も、開催の可能性を
検討しますのでご連絡ください。連絡先はinfo@hitonomori.comです。


■ 日本福祉大学大学院公開セミナー・人の森国際協力カレッジ共催プログラム
第二回講座 「ケースで学ぶ! 途上国での零細ビジネス振興のためのマーケティ
ング」
講師 野田さえ子 2018年11月24日(土)・25日(日) 9:30-17:00

「ケースで学ぶ!途上国での零細ビジネス振興のためのマーケティング講座」では
、多くの国際協力案件で起きている、「支援して作った商品が売れない!」という
問題に対処するための方策を、実例から学びます。
グループワークにより、アフリカでの事例を解き進んでいきながら、農産品を売る
ためのマーケティング戦略を練る参加型講座。当講座の参加者は、アフリカのとあ
る国の地方の村に赴任したNGO職員の佐藤さんの立場になって、マーケティング方
法を考えていきます。
佐藤さんが支援する村の農家の女性グループ達は、現在、自分たちの畑でとれる落
花生を加工・販売し、できたら子ども達にさらなる上の学校へ通ってもらいたいと
願っています。どこにどのように売っていけば、女性グループのビジネスは成功す
るのでしょうか。女性グループの人たちと共に数々の困難を乗り切り、ビジネスを
成功させましょう。
講師は中小企業診断士の資格を持ち、国際協力機構のビジネス開発支援・マーケテ
ィング/ブランディング・一村一品等に関する多くの研修でコースリーダーを務め
、またコンサルタントとしてマラウイ・コソボ・ベトナムなどでの指導経験を持つ
野田さえ子が担当します。
講座当日の教材には、講座用に開発したオリジナルテキストを使用します。関連教
材としては野田さえ子ら著『ビジネス振興と経営 ビジネスセンスを磨こう (国際
協力の教科書シリーズ2) 』がありますので、興味のある方はぜひご覧ください。

講座の対象者
国際機関や開発コンサルタント、青年海外協力隊(特に村落開発・コミュニティ開
発)やNGOなど、開発の仕事を目指す人。国際協力機関、開発コンサルタントやNGO
などで働いている人など。特に一村一品プロジェクト、SHEPアプローチ(市場志向
型農業)、フェアトレード商品の開発などに関する業務を行う人にお勧めです。
講義の分野としては産業開発・社会開発ですが、特に専門性がなくても受講できる
内容です。
日本福祉大学大学院国際社会開発研究科への入学を現在考えていない方でも、どな
たでも受講できます。

日程と場所、受講料など
日程:2018年11月24日(土)・25日(日) 9:30-17:00
場所:日本福祉大学東京サテライト 東京都港区新橋6-9-6 12東洋海事ビル3階
(日本福祉大学東京サテライトWEBサイト:
http://www.n-fukushi.ac.jp/about/campus/tokyo/index.html)
定員:30名
受講料:20,000円(消費税込み)。*学割等有。詳しくは下記HPでご確認下さい。
募集期間:定員に満たなければ講座前日まで。

詳細・お申し込みは以下をご覧ください。
https://hitonomori.com/dev_seminar/nfu.html#koza2

企業・団体での受講の場合
特定の団体やグループ向けに特設講座を組むことも可能ですので、お問い合わせく
ださい。他の日程をご希望の方も、開催の可能性を
検討しますのでご連絡ください。連絡先はinfo@hitonomori.comです。


┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■┃ 人材募集 - 問い合わせは直接各団体へ
┗━┛
□ (9/30〆切)ASJ 事務局スタッフ(フルorパートタイム) □

(特非)A SEED JAPANは、新たな事務局スタッフを募集します。

グローバルに展開するキャンペーンの企画運営や、事務局だけでない、活動の最前
線に立った貴重な経験をしてみませんか?
環境問題や社会的不公正の解決に向け自ら活動する意思を持つ、NGO就職・転職志
望の学生や社会人の方からのご応募をお待ちしております。
詳しくはこちらをご覧ください。

▼(9/30〆切)ASJ 有給スタッフ募集
http://www.aseed.org/2018/08/6319/


□ JICA企画調査員2019年度上半期派遣一括公募 □

2019年度上半期(4月?9月)に派遣される企画調査員(企画)の全ポストの公募
が開始されました。
JICAの在外事務所等で働く企画調査員(企画)の募集・選考方法が新しくなり、
これまでの都度募集から年2回の一括募集に変更となりました。
企画調査員にチャレンジされたい方、開発分野での経験を積みたい方、
たくさんの方々からのご応募お待ちしております!

≪募集期間≫
2018年9月7日(金)?9月27日(木)正午〆(日本時間)
≪公募情報≫
http://partner.jica.go.jp/RecruitDetailSubscription?id=a0L7F00000AMlMHUA1
≪募集要項等≫
https://www.jica.go.jp/recruit/kikakuchosain/index.html

【企画調査員(企画)とは?】
世界中で約100か所にあるJICAの在外事務所等で働きます。
開発途上国のニーズに合わせて、担当分野・課題に関するプロジェクトの実施管理
、情報取集・分析や案件の形成などに関わります。

※応募にはPARTNERの『国際協力人材登録』が必須です。
(http://partner.jica.go.jp/PartnerHome)


□ グローバルフェスタ ボランティア募集! □

ヒマラヤ保全協会では、
9月29日(土),30日(日)で開催されるグローバルフェスタJAPAN 2018にて
ボランティアを募集しております!

【当日ボランティア募集中!】
ヒマラヤ保全協会の活動、ネパールや国際協力について、何かやってみたいと思っ
ている方、ぜひご参加下さい!
◆開催日: 9月29日(土),30日(日)
◆開催場所:お台場センタープロムナード公園
(最寄り駅:新交通ゆりかもめ 「お台場海浜公園」から「有明」の各駅下車。
または、りんかい線「東京テレポート」、「国際展示場」下車)
◆ヒマラヤ保全協会のブース: 197 (メインステージ前)
◆内容:ブースの設営・撤去、展示販売や活動説明
事前にボランティアのお手伝い詳細をお送りします。
◆時間:お好きな日にちの時間帯をお選び下さい。
9月29日(土) 9:30?12:00
9月29日(土) 12:00?14:30
9月29日(土) 14:30?17:00
9月30日(日) 10:30?13:00
9月30日(日) 13:00?15:30
9月30日(日) 15:30?18:00
◆ボランティア特典☆:ヒマラヤ保全協会オリジナルグッツプレゼント!
◆応募方法:以下のURLにアクセスして、お申し込み下さい。
https://goo.gl/forms/3XXEijmS2eFUZBLB2
◆詳細URL:http://ihc-japan.org/volunteerinfo/20180915/post-4722
◆お問い合わせ
ヒマラヤ保全協会
Email: info@ihc-japan.org

みなさんのご参加お待ちしております!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 国際協力マガジン Developing World Mail Magazine ■

国際協力マガジンは途上国の人々への支援に興味を持つ有志により
非営利で運営されています。
特定の団体の意見は代表しておりません。

 掲載記事を募集しています。ニュース・トピック・人材募集などはできるだ
け簡潔にまとめ、連絡先を明記してください。投稿記事はバックナンバーとし
てWEB上で公開される上、今後関連出版物などに掲載する場合がありますの
で、ご承知の上で投稿ください。イベントなど期日のあるものは早めに投稿し
て下さい。次号の発行はこの号の発行日から一週間以内です。詳しくはホーム
ページにある投稿要領(http://devmagazine.org/?page_id=18)をご覧ください。

[発行元] Developing World ( http://www.dwml.org )
[ページ] http://devmagazine.org/ (解除・変更)
[投 稿] http://devmagazine.org/?page_id=2
[本 屋] まぐまぐ ( http://www.mag2.com/ ) [ID] 0000023365

(c)2011 DWMM all rights reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ