京都たべあるき~グルメの穴場と口コミ~

  • ¥0

    無料

京都市内の中心部にある和食、イタリアンやフレンチ、中華料理、居酒屋、洋食店をピックアップ(オープン・リニューアル情報あり)また、増刊号には取材時の裏話のほか、バーやカフェ、甘味処などの情報も掲載しています/予算5,000円まで※超える場合は明記

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
京都たべあるき~グルメの穴場と口コミ~
発行周期
毎月1日に定期号/臨時号あり
最終発行日
2018年09月01日
 
発行部数
928部
メルマガID
0000043535
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
グルメ・レシピ > 口コミ情報 > レストラン

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

※引用する場合を除き、一部もしくは全文の転載は、ご遠慮願います

●● 京都たべあるき〜路地と穴場グルメと口コミ〜2018.9.1定期号
→ https://glist.biz/


こんにちは!

送り火が終わって、涼しい風が吹き始めたと思ったら、
あっさりと暑さが戻ってきてしまい、残暑といった感じ。


夏の終わりといえば、例年なら夕暮れから歩きやすくなるのに、
今年は汗が流れるほどで、秋に入るのは、まだしばらく先のようです。


●● 洋食 Inotsuchi イノツチさん


たまに一人でも飲みに行くと、次は一緒にと誘ってももらったので、
蒸し暑さの残る道路を歩いて向かいました。


着席するなり、ビールと盛り合わせとのオーダー。

お店の方も心得たもので、いつものことなのでしょう、
「今日も暑いですね」と返しておられました。

それから、黒板の本日のおすすめから、何品かを選ぶことに。


鶏レバーのパテに、焼き野菜。
メインには、ポークカツを大きめに、それと鶏もも肉のソテーを。


ポークカツは、ほんのりピンクで、酸味が残るトマトソースとの相性良し。
鶏肉のソテーは、やや強めの塩味、ふっくらやわらかく仕上がっていましたよ。


つい最近、雑誌で紹介されたそうで、
これを機会に、お客さんが増えているとのことでした。


一皿あたりの量がそれなりにあるので、あれもこれもというわけにはいかないけれど、
あの雰囲気なら、女性ひとりのディナーでも気取らずに利用できると思います。


京都市左京区聖護院蓮華蔵31 第二近健ビル1階
(地下鉄・三条もしくは東山駅から15分くらい)
→ https://fb.com/117640241940044/


●● Bungalow バンガロー寺町店さん


四条通堀川にある人気のクラフトビール専門店の2号店で、
京都市役所の西側あたりにあります。


京都醸造さんを含む国産5銘柄を基本に、あまり入れ替わっている感じではないけれど、
その分、メリハリのある品揃えにしてあるのではないかと思います。


また、現在、スイス産のスペシャル1銘柄が入っていて、
スペークリングワインのような口当たりと香り。

それもそのはずで、ワイン樽で熟成させてあるんだそうです。


他にビオ(自然派)ワインもあって、
常時5銘柄ほどグラスでも提供しているとのことでした。


フードメニューについては、30種類以上あるでしょうか、
これがまたすごいんですよ。


イタリアンがベースなのかなという感じなのですが、
エスニックや中華も取り混ぜ、スパイスを効かせて実に多彩。

お料理を楽しみに行くと聞くのも納得のクオリティなんです。


京都市中京区寺町通御池上ル西側、TATビルの半地下部分
(地下鉄・京都市役所前駅からすぐ)
→ http://www.bungalow.jp/


●● 取材ノートから@ワインとジンギスカン専門店 ひつじ食堂さん


なぜか局所的に羊肉が流行しておりまして、
メルマガでも紹介したことがあるこちらに行っています。


今回は、ラムの生ハムで乾杯した後、
上ラムのジンギスカンをセットで注文し、さらに肉のみ追加。


それから骨つきをじっくりと焼いて食べたんですが、
何というか、クセがあまりないのでパクパクと、あっという間ですね。


京都市中京区蛸薬師通柳馬場西入ル南側
(地下鉄・四条または阪急・烏丸駅から15分くらい)
→ お店のサイトはないようです


●● 吉田山せせりさん


通勤で京都駅を利用している知人が、タイミングが合えば行こうよと誘ってくれて、
仕事終わりに出向いたら、満席で30分くらい待ちました。


焼き鳥は屋台の頃と変わりなく、タレでよく焼きが基本。
遠く離れた場所に移転したというのに、もうすっかり知られているようです。


京都市南区東九条室町31
(JR京都駅八条口の向かい、ワールドコーヒーさんの角から路地を入って、150mくらい先にある細い路地奥)
→ お店のサイトはないようです


●● PTISSERIE.S salon パティスリーエス サロンさん


ケーキとしては高価だけど、店内限定だし、せっかくだからと注文するのですが、

パティスリーエスさんの特長である“お酒が香るムース”を踏襲したような
シャンパン入りのクリームを、サクサクのパイで挟み込んで出てきます。

このミルフィーユが食べづらくて、飛ばさないように崩しつつ口に入れる感じです(笑)


京都市中京区富小路通六角上ル西側、ウェルスアーリ天保1階
→ http://patisserie-s.com/


●● 喫茶いのんさん


駅から地上に出て、どこで時間を潰そうかと歩き始めたところで、
氷の旗が目に入ったので、思わず砂利道をずんずんと進む。

が、オーダーが溜まっているらしく、ちょっと待っていただきたいと告げられてしまう。


せっかくだからと座っていたら、20分くらいだったでしょうか、
こんもりと盛られ、自家製蜜がたっぷりのかき氷が運ばれてきました。

敷地内で収穫した夏みかんのジュレもトッピングされていて、爽やかな口当たりでしたよ。


京都市上京区丸太町通河原町東入ル北側
(京阪・神宮丸太町駅から丸太町橋を渡ってすぐ)
→ お店のサイトはないようです


●● Alsace アルザスさん


恒例になった8月いっぱいまで1ヶ月の夏季休業。

京都市左京区一乗寺西閉川原29-9
(叡電・一乗寺駅から10分かからず)
→ お店のサイトはないようです


それから、Bistrot Les Deux Garcons レドゥ ギャルソンさんも同様にお休み。

先月には4周年を迎えられ、知人の話によると、かなり盛り上がったみたいです。
ただし、日暮れでも蒸し暑さが引かず、人が多すぎて大変だったとも。

京都市左京区下鴨上川原町3
(北大路橋東詰、地下鉄・北大路駅から15分くらい)
→ https://fb.com/1504915329723106/


・・・ということは、両店とも今日から営業再開ですね。
アルザスさんについては、行こうという話になっているので、また改めてレビューしますね。


----


この前、仕事上のトラブルで応援に行った帰り、
「ご飯をご馳走するよ」ということで、案内されたのが、とんかつ とん吉さん。


担当者さん曰く、大学生の頃に初めて連れてきてもらって、
たまに食べたくなって来るんだそう。


こう言ってはなんですが、人気店なのに、とんかつに特長があるというわけではなくて、
自家製の甘酸っぱい醤油おろしソースが、こちらの看板といった感じ。


ポテトサラダや千切りキャベツ、白飯、豚汁付きでボリュームたっぷりですし、
ちょうど夕食時だったこともあって満席でしたので、しばらく待ってから入りました。


京都市左京区一乗寺宮の東町51-5
(叡電・一乗寺駅から曼殊院通を東へ5分くらい、疎水の角にあります)
→ お店のサイトはないようです


それから、SAKE Cafe ハンナさんが、一時休業。
ご自身の休養も兼ねてのことで、しばらくしたら再開とのことです。


京都市下京区船頭町230
(京都マルイさんの裏手、食堂おがわさんの東隣にあります)
→ https://ameblo.jp/hannarihutatabi/


●● 京都たべあるき〜毎月1日に定期号を配信
→ https://glist.biz/


※京都市内の中心部にある飲食店の来店レビュー
※予算は5,000円まで(食事+軽く飲む)
※最寄り駅から徒歩で15分以内(市バスは利用しません)

現在、増刊号の配信を中断していますので、
お伝えすべきことがあれば、臨時号を配信します。


----
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ