人と組織を幸せに─理念共有で組織変革!自発的成果集団─

  • ¥0

    無料

--今の延長線上に200%の成果はありますか?- 業績につながる、理念・ビジョンを共有して組織変革! 目的に向かって自分を発揮し、創意工夫・一致団結して仕事を楽しみ成果を出す組織。生産性を高め、営業を強化する、ストレスをエネルギーに変えるコツ! 実際に取り組んだ経営者、プロコーチとしての経験を通してご紹介します。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
人と組織を幸せに─理念共有で組織変革!自発的成果集団─
発行周期
不定期
最終発行日
2018年07月09日
 
発行部数
264部
メルマガID
0000072907
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > マネジメント

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

人も組織も幸せに ―理念共有で組織変革!自発的成果集団―,:☆,+'.'
創刊:2001年 8月 1日
組織と人が、物心ともに豊かになることを目指して、
自発的・創造的な組織へと組織変革する第3の参謀としてお手伝いします。
発行:株式会社 エンパワーズ・ing HP://www.empowers-ing.co.jp
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
日常からのヒントは、ブログで発信していきます。
 ⇒ http://empowers-ing.cocolog-nifty.com/hint/

従業員が堅実に働いてくれ、社業も着々と進み、会社は安泰だ。ホームランこそないが大量失点もない。だが将来のことを考えると、安泰な今のうちに新たな手を打って発展への糸口をつかみたいのだが…。

そういう思いを日々抱いていらっしゃる経営者は多いのではないでしょうか。できれば設備投資も人員増も時間もかけず、負担の少ない形でその糸口が見つからないか。これが本音ではないでしょうか。

そうした経営者の思いを実現してくれる経営者・幹部向け実践講座があります。
夢のような話に聞こえるでしょうが、実はほんとです。実践講座に参加した企業で、学んだことを実践、成果を上げた例がいくつもあるのです。

この実践講座、特別な知識、能力、資格は必要ありません。会社で日頃行っていること、ただしいつもは忙しさにかまけてルーティンでさらっと流してきた作業について、内容を吟味して、より丁寧に具体的に、取り組むだけなのです。だから、設備投資も人員増も要りません。丁寧さと、若干の時間をかければいいのです。

では、どうすればいいのか?
【職場を、「成果に向けた学びの場」にする社風を育てることで従業員の持てる力を十分引き出す】
仮説を立て、実際に行動して得た実績と、その原因をきちんと検証。仮説を修正してさらに挑戦を重ねる=仕事を評価の場とせず、成果への学びの場とする。

具体的にどうするのか。3つのしくみがあります。
1-【報連相の質を変える、「業務日報」の活用。部下の能力に応じて、きめ細かに、成果が高まるような取り組みにする】
2-【モチベーションを起点としたシートを基に語り合うことで、その人の仕事への思い・悩みを上司が理解し、互いの信頼関係を深め、部下の特性を理解して指示を出せる面談方法】
3-【日常課題をテーマにプロジェクトチームを結成、若手をリーダーにして成功と苦労を実際に体験してもらい、仕事全体の理解と対応力を高める方法】

実践する上で重要なことは、上司や部下、周囲が、どんな仕事も実行したらきちんと検証し、仕事を通して学ぶ姿勢を培っていくことです。

そうした社風が形成されてくると、予測不能な事態が発生しても、互いに知恵を寄せ合って、成果を出していくことができるようになるのです。

この実践講座のもう一つの特徴は、参加者が自分の課題をワークシートに記入するため、そこで講師の話のポイントの再確認ができ、さらに数人でのグループ討議を通して一層深い理解に到達できることです。

例えば、プロジェクトづくりの場合、参加者がワークシートの空欄に、ねらいや構成員、達成目標、結果検証のポイント、プロジェクトチーム結成の際の留意点などを記入するので、出来上がったシートはそのまますぐ企画書にもなります。

実践講座の講師は、経済産業省、内閣府、復興庁、中小企業庁などのプロジェクトで、20年にわたって若手人材育成カリキュラムの開発や現場運営を実践してきた松崎光弘氏で、その経験と気づきが各種ワークシートに込められています。
松崎氏は現在、仙台市を拠点に、東北学院大学の地域協働教育推進機構特任教授を務め、東日本大震災被災地で若手リーダーの育成に力を注いでいます。


このメールマガジンは、以下のメールマガジン配信システムを利用しています。
●『まぐまぐ』http://www.mag2.com/m/0000072907.html
★バックナンバー:http://archive.mag2.com/0000072907/index.html
●Facebook:https://www.facebook.com/empowersing/
==================================================================
Copyright(C), 2010 Empowers-ing Co., Ltd
本誌の著作を許可なく転載することを禁じます。
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ