目指せスキューバダイバー(ダイブマスターにトライ)

  • ¥0

    無料

Cカード取得したての初心者ダイバーの作者が、無謀にもダイブマスターの資格取得を目指します。その時の体験をお伝えし、それがダイビングを始める方の参考になればと思います。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
目指せスキューバダイバー(ダイブマスターにトライ)
発行周期
月刊
最終発行日
2018年12月13日
 
発行部数
229部
メルマガID
0000074689
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
スポーツ・アウトドア > マリンスポーツ > ダイビング

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

☆★☆-----------(スキューバダイビングマガジン)--------------------------------

 ダイブマスターにトライ
                   2018年12月13日
--------------------------------------------------------------------------☆★☆
 前回の続報です。前回の内容を一行でまとめますと、
9月15日にフィリピンにダイビング行く予定でしたが、台風の時期ですので、台風接近
上陸で行けなくなる確率はどうなのか?
ということでした。

 結果は皆様ご存じの通り。
すざましい台風でした。内閣府が10月2日に発表した被害状況によりますと、
「台風21号は9月4日12時頃、非常に強い勢力で徳島県に上陸後、速度を上げながら
近畿地方を縦断した。・・・・・特に四国や近畿地方では猛烈な風が吹き、猛烈な雨が降
ったほか、これまでの観測記録を更新する記録的な高潮となった・・・」

 関西空港があのようになるとはだれも想像していなかったと思いますが、結局復旧作業
が間に合わず、9月15日発のツアーは結局キャンセルになりました。

 私はツアー会社に依頼していたのですが、ツアーが開催されるか(つまり飛行機が何時
飛ぶのか)の心配ばかりが募って、毎日関西空港の発着状況を確認、ツアー会社に問い合
わせ。
 ツアー開催会社も、お客さんからの問い合わせ、キャンセル処理など膨大な処理が発生
したと思います。
 また全額返金はされますが、すぐに帰ってくるわけでもありません。(2か月かかると
のこと)

 海外旅行保険代金は少額ということで返金されません。
 空港までのバスは自己手配なので、キャンセルも必要で僅かながらキャンセル料金を取
られます。
(自分が悪いわけでもないのに・・・。
 もちろんツアー会社が悪いわけでもないですが)

 というようなことで、今回初めての経験でしたので、今後の為に、天候により中止になり
そうな場合に、何をしなければならないか?を参考に少し書きます。

色々な事が想定されますが、私のように田舎に住んでいる者が、台風で海外ツアー催行が怪
しい場合の限定版で考えました。

1)今回のようにツアー会社にお願いしている場合は、前述のとおり全額返金でした。
 海外旅行保険は、その掛け金が2,000円未満の場合は、返金されないとのことで返ってき
 ませんでした。(読み返してみますと確かに小さく書かれていました)
 
 ただ今回は、出発前日にツアー会社より中止の連絡が来たので、空港まで行かなくて済み
 ましたが、
 もし例えば、台風が来ているが、出発当日の飛行機が飛ぶのかどうか未定で、ツアー会社
 が中止を出してない場合、(つまり飛行機が欠航が出ていない場合)

 また、飛行機は飛べる状態なのに、私たち田舎の人間の場合は、本州への橋が通行止めで
 空港まで行けないということが発生することがよくあります、それはツアー会社の責任で
 はないので、空港に来ていない方が悪い。ということになり返金されません。

 台風21号が来ているのに関西空港に何故8,000人もいるのだ!台風が来るのがわか
 っているのに・・・。
 というコメントがネットによく出ていましたが、その中には上記のような理由で、万一飛
 行機が飛ぶ場合もあるかもしれないから、空港までの交通手段が使えなくなる前に、とり
 あえず空港まで行っておこうと、前日、前々日から来ていた人たちが結構いたのではない
 かと思います。
 
2)飛行機、ホテル、ダイビング、他をそれぞれ別々に手配していた場合
 飛行機は返金されますが、自分で手配したホテル、ダイビング、その他は自分で返金依頼
 等の処理をしなければなりません。
 それから考えると、飛行機以外は現地払いに出来れば、色々交渉事がすくなくて済みそう
 ですね。

  それならば旅行保険をかけておけば何とかなるのでは?
 という発想がでます。行けなかった場合の補償がでるのでは?予約したホテル代のキャン
 セル料が取り戻せないかと。
  しかし、そううまい話はありません。適用は
 ・飛行機欠航の代替便を待つ間に発生したホテル代や交通費
 ・手荷物遅延による必需品の購入費用
 ・空港までの交通手段の遅延による飛行機乗り遅れの一部補償がある保険もある。
 という程度です。

まあ、その場合は、運が悪かったとあきらめるしかなさそうです。

 いずれにしろ前日・当日朝に飛行機欠航が決定していない場合は、空港まで行かざるを
えません。四国は橋の通行止めがあるので、勿体ないですが空港行きのバス代は捨てる覚悟で
行動です。 
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ