暮らしの中の仏教語

  • ¥0

    無料

古津広大寺住職による「日本語の中に多く使われている仏教語」をひとつひとつの言葉を判り易く説明した法話です。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
暮らしの中の仏教語
発行周期
10日・20日・30日
最終発行日
2018年12月10日
 
発行部数
455部
メルマガID
0000090181
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
語学・資格 > 日本語 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

--------暮らしの中の仏教語 第1328話------------

*******今回のお話は「種姓 種性 素性 スッピン」************

                     毎月10.20.30日発行
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

=======広大寺からの ご 案 内 ==========
テレホン法話
 毎回皆様にお届けしている
広大寺「暮らしの中の仏教語」の最新のお話を
電話でもお届けしております。
ぜひこの機会にダイアルしてみては如何でしょうか?
 3分弱でお聞き頂けます。
※普通通話料のみご負担下さいませ。

電話番号は  0250-23-1155  こちらまで!

 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 第1328話  種姓 種性 素性 スッピン
 
国語辞典で「すじょう」を引くと、
素性・種性・種姓の三種の字が出て来ました。
どの字でも良いという事なのでしょうが、ちょっとお待ちください。

 「種姓」は、家族の血統や家柄を意味する字で、
姓名の「姓」の方を表します。
インドのカーストを中国では種姓と訳しました。
種姓には、一種同じ習慣や性質があり、
他の種族と区別されるものと解されたのです。
「種性」は、同じ種から出たものは同じ性分を持つと解されて、
姓の字が性に変えられたものです。

 「素性」の素は、漢音ではソ・呉音ではスと読む字で、
「しろい・そのまま」を指す字ですね。
スと読むのは素性・素肌くらいで、
あとは素因数・素懐・素行などソと読む語句が多いようです。
素性の意味は、もちろん、人の生まれや血筋の事で、
「素生」と書かれる場合もあります。

 「スッピン」は新語のように使われ、ノーメイクの顔の事ですが、
「素っぴん」と出ている辞書もあるとおり、
古くて新しい言葉と言えましょう。
「すっぴん」は「素面・しらふ」も意味しますので
素品(すっぴん)とでも書きたいところですが、どうでしょう?

 「種姓・種性・素性・すっぴん」は、
いずれも本来の自分を表す点で共通していますね。
私達は、出自を変えるわけにいきませんが、
出生した後の精進次第で、いくらでも豊かな人生が送れます。
もし送れなかったら、豊かな人生を獲得しましょう。

私は20歳の頃、女性の化粧過程を拝見していて、
勇気を貰いました。
スッピンの顔にいろんな化粧を施してメイクすれば、
どんな顔にもなれることを知ったのです。
「すじょう・すっぴん」がどうであろうと、
創意工夫によって自分を高めることができるし、
魅力的な人間になれる事を学びました。
  
                          終わり

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

編集後記

いよいよ季節は冬に入りました。
皆様いかがおすごしですか?

冬の真ん中には正月があります。
学年や年度は春から春までですが、一年は冬から冬までです。
今年の大みそかをきちっと、〆て終わっておきたいものですね。
 
今回もお読みいただき、有難うございました。
                        A.K.
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

次回のメールマガジン配信予定日時は、10日後です。
    次回の「暮らしの中の仏教語」更新日も同日です。

  法話サイトにも ぜひお立ち寄りください。
    【サイト】
    http://www.koudaiji.com

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


    「暮らしの中の仏教語」公式サイト


    広大寺ホームページには
    広大寺住職の法話が、随時更新されております
    ぜひ、皆様お立ち寄りになり、読破してみては
    如何でしょうか?

    暮らしの中の仏教語メールマガジンを読んでの
    ご感想お待ちしております。


    広大寺「暮らしの中の仏教語」公式HP
    http://www.koudaiji.com


    メールマガジンの変更解約などは当サイトよりお願い致します。

    http://www.koudaiji.com


毎日使う言葉の中に「仏教語」が存在しているのはご存知ですか?
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


















メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ