週刊なるほど!消費税

  • ¥0

    無料

消費税をきちんと理解していれば、納税義務が出ても慌てる事はありません。このメルマガでは消費税の仕組みから「この取引は課税?非課税?」といった実務的な内容まで、わかりやすく解説していきます。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
週刊なるほど!消費税
発行周期
週刊
最終発行日
2018年09月03日
 
発行部数
3,214部
メルマガID
0000100218
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > 会計・経理・財務

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

_/_/ Weekly Consumption tax _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

☆☆ 週刊 なるほど!消費税 ☆☆ 第438号(2018/09/03)

【 アトラス総合事務所 】 http://www.cpainoue.com/

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/



■◇〔--法人_課税期間の短縮_概要--〕◇■


【生徒♂】
「先生、前回のドクターフィッシュセラピーの感想はどうだったい?古くなった角質だけ
じゃなく、その捻じ曲がった性根も一緒に食べ尽くして貰えば良かったのに。」


【生徒♀】
「あら、私はてっきりピラニアに骨も残らずに食べ尽くされて、善人に生まれ変わってく
るものとばかり思っておりましたのに以前と1ミリも変わっておりませんのね。」


【先 生】
「出だしから憎たらしい口をきく子達ね~。どういう教育を受ければ、こんな可愛げの無
い子に育つのかしらね。」


【生徒♂】【生徒♀】
「こういう教育だよ?」
「こういう教育ですわよ?」


【先 生】
「・・・。まぁ、いいわ。今回からは、法人の場合の課税期間の短縮特例についてみてい
くことにするわね。」


【生徒♂】
「法人の場合って言っても、個人事業者の場合の短縮特例と同じようなものなんでしょ?」


【先 生】
「確かに基本的な考え方は、似ているわ。でも、法人ならではの注意点もあるのよ。」


【生徒♀】
「例えば、どんなところですの?」


【先 生】
「いくつかあるのだけれど、先ずは、『設立1期目の課税期間』が挙げられるわね。」


【生徒♂】
「確か、法人の場合は、設立の登記をして、それで初めて法人が成り立つのでしたわね?」


【先 生】
「ええ、そうよ。その“会社設立の日”が、月の初日、つまり“1日”であれば、特に問題
は無いのだけれど、会社設立の日っていうのは、自由に決められるから会社設立の日が1
日以外の場合もあり得るでしょ。」


【生徒♀】
「そうですわね。むしろ1日以外の場合のケースの方が多いと思いますわ。」


【先 生】
「そうね。法人の場合、課税期間を3ヶ月毎、又は、1ヶ月毎に短縮する為の届出の効力が
発生すると、その効力発生後の課税期間は、『その事業年度をその開始の日以後3月毎に区
分した各期間』或いは、『その事業年度をその開始の日以後1月毎に区分した各期間』が、
各々の課税期間となるわ。」


【生徒♂】
「なるほど。3ヶ月毎又は1ヶ月毎に区切る訳だね。これは個人事業者の場合と同じだよね?」


【先 生】
「そのとおりよ。でも1点だけちょっと違うところがあるわよ。」


【生徒♀】
「分かりましたわ!個人事業者の場合は、必ず『1月1日』が課税期間の開始日になるけれ
ど、法人の場合は、『事業年度開始の日』となっている点が異なりますわ。」


【先 生】
「お見事!そのとおりよ。設立1期目の場合の『事業年度開始の日』は、会社設立の日と
なるの。だから、会社設立の日が月の途中の日付だと、3ヶ月毎或いは1ヶ月毎に区切った
各々の期間が、中途半端な期間となるケースがあるのよ。」


【生徒♂】
「それは、どんな場合なの?」


【先 生】
「それはね、短縮の届出書を会社設立日の属する期間中に提出した場合よ。その場合、そ
の届出の効力は、会社設立の日から発生するの。」


【生徒♀】
「なるほど。確かに会社設立の日から課税期間短縮の効力が発生すれば、短縮後の各々の
期間が中途半端になりますわね。」


【生徒♂】
「例えば、4月20日が設立日で、毎年3月31日を決算日とする法人について、設立の日
から3ヶ月毎に短縮する為の効力が発生すれば、各々の課税期間は、次のように区分され
る訳だね。」
■4月20日~7月19日まで
■7月20日~10月19日まで
■10月20日~1月19日まで
■1月20日~3月31日まで


【先 生】
「ええ、そのとおりよ。中途半端な課税期間が生じるでしょ。」


【生徒♀】
「では、その課税期間を短縮する為の届出の効力について教えてくださいな。」


【生徒♂】
「でも、どうせまたオチャラけた理由を付けて授業を放り出すつもりなんでしょ?今回は
どんな理由なのさ?一応聞いてあげるよ。」


【先 生】
「あら、随分とあたしの事が分かってきたみたいね。感心感心♪今日はね、撮り溜めして
おいた超ベタな展開が待ち受けている恋愛ドラマを観て、将来のあたしの恋愛ライフを頭
の中でシミュレーションしなきゃいけないのよ。という訳で、今回はここまで。ではまた
次回!ばいばい!」



**< アトラス総合事務所 税理士 大森 浩次 >**


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
■□■□■□■□■□■□
■□■□■□■□■

▼△アトラス総合事務所では会社の設立を28,000円(税抜)からフルサポートしておりま
す▼△
https://www.cpainoue.com/kaisha/


◆◇設立後の税務会計サポート・社会保険・労働保険・登記手続もおまかせください◇◆

税務会計顧問報酬 月額15,000円(税抜)より
http://www.cpainoue.com/


●◎書籍も多数出版させていただいております◎●
http://www.cpainoue.com/book1/a_book0.html


▽▲今月のアトラスNEWS▲▽
毎号、様々なテーマについてワンポイント解説しております。是非、御覧ください!
http://www.cpainoue.com/news/a_news.html


== 無料メルマガ =======================
無料にて発行しておりますメルマガです。是非、御覧くださいませ。

■■■ 週刊節税教室 ■■■
節税について問答式でやさしく説明しております。
http://www.cpainoue.com/mailmag/a_mailmag.html

■■■ 週刊税務調査日記 ■■■
税務調査の実態、問題点、手法などをちょっと脚色してお伝えしております。
http://www.cpainoue.com/mailmag2/a_mailmag2.html

■■■愉快で楽しい資産税教室■■■
資産税に関する知識や最新情報をマンガ風に楽しくお伝えしております。
http://www.cpainoue.com/sozoku/mailmagazine/

===================================

では、また次号もお楽しみくださいませ。


メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ