人事のブレーン社会保険労務士レポート

  • ¥0

    無料

人事のブレーンという視点で、経営、労使関係、労働判例、労働法、社会保険諸法令、就業規則や賃金規程等の運用の解説をしています。人事労務施策や組織運営への問題提起とその解決方法をご提供致します。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
人事のブレーン社会保険労務士レポート
発行周期
月刊
最終発行日
2019年03月15日
 
発行部数
781部
メルマガID
0000121960
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > 人事

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

平成31年3月15日 第186号
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
人事のブレーン社会保険労務士レポート
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

***********************************

懲戒解雇の注意点

***********************************

1. はじめに
 「あんな社員は懲戒解雇だ」というご相談をよく受けます。
解雇について誤解がありますので、今回は解雇の種類についてお話ししたいと
思います。

解雇の種類とは「普通解雇」と「懲戒解雇」があります。

普通解雇とは勤怠不良や能力不足等の理由で解雇する場合です。
懲戒解雇とは懲戒処分として解雇する場合です。

この違いは何でしょうか。

2. 懲戒解雇のデメリット
 懲戒解雇とは懲戒処分の一つです。
懲戒事由に該当して、その事由が解雇相当であるということが必要です。

懲戒解雇する際には「解雇理由」を示さなければなりません。

そして解雇理由は後付できません。

例えば解雇相当事由があり、本人に懲戒解雇を通知したところ、本人が納得せ
ずに会社の備品を壊しました。

この様なケースはたまにあります。

懲戒解雇を通知した後に行った行為は、通知した懲戒解雇事由に含めることは
できません。

最初の懲戒解雇事由とは別に懲戒処分を行う必要がありますが、解雇通知した
後なので懲戒処分をしても意味がありません。

横領事案とか社内での暴力事案など、それ自体で十分に懲戒解雇事由になりう
る事案以外では、懲戒解雇するべきではないのです。

総合的に見て解雇事由に該当する場合がほとんどであり、特定の事由で懲戒解
雇することは非常にやりずらいのです。

3. 懲戒処分の注意点
懲戒処分とは一事不再理の原則が適用されます。
一事不再理とは一度処分された事案について、再び処分されることはないとい
うことです。
一回目の懲戒事由があり、懲戒処分しました。
二回目の懲戒事由があり、一回目の事由と併せて懲戒解雇をしました。
このケースでは、一回目の懲戒事由で処分をしているために二回目の懲戒処分
では一回目の懲戒事由を持ち出して処分することができません。

再発が懸念される場合には一回目の懲戒事由が発生した際には処分を保留にし
て、次回同様の行為があった場合には今回の事由と併せて処分するという方法
をお勧めしています。
一回目の懲戒事由が解雇相当であったとしても減給処分をしてしまった場合に
は、この件を掘り返すことはできません。
処分の保留をしておき、賃金については能力の評価を行い新たに低い格付けを
して賃金を適正な水準まで下げるということはできるのです。
ペナルティーである懲戒処分と能力の再評価は別物です。
この点を踏まえて考えていかなければなりません。

4. まとめ
 この様な理由から懲戒解雇というのは非常に制約があり、普通解雇を検討す
べきなのです。
 懲戒解雇といえども労働基準監督署長の「解雇予告除外認定」を受けなけ
れば解雇予告手当又は解雇予告が必要になります。
 解雇という慎重に行うべき処分について、その性質を理解して正しく通知を
行うことが必要になってくるのです。

===================================
※ 掲載内容の無断転載は禁止させていただきます。ご一報下さい。
※ 本メルマガの内容につきましては万全を期しておりますが、万一損害が
  発生致しましても責任を負いかねます。
※ メルマガ相互紹介募集中です。

発行者 社会保険労務士法人山本労務
 オフィシャルサイト http://www.yamamoto-roumu.co.jp/
Facebook http://www.facebook.com/yamamotoroumu

編集責任者 特定社会保険労務士 山本 法史
ご意見ご感想はこちらまで(メルマガ相互紹介、転載等お問い合わせもこちらまで)
norifumi@yamamoto-roumu.co.jp

購読中止・変更 http://www.yamamoto-roumu.co.jp/
発行システム まぐまぐ http://www.mag2.com/   ID 0000121960
===================================
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ