今、面白い演劇はコレ!年200本観劇人のお薦め舞台

  • ¥0

    無料

年間約200本の舞台を観劇し、個人サイト「しのぶの演劇レビュー」にて演劇情報を発信する“現代演劇ウォッチャー”の高野しのぶが、今、首都圏で観られる面白い演劇をご紹介!【毎月のお薦め10本+α】とハズレなしの【号外】をお届け♪まぐまぐ大賞2008エンタメ部門ノミネート、まぐまぐ大賞2014無料部門・エンターテイメント・ジャンル第4位入賞メルマガです。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
今、面白い演劇はコレ!年200本観劇人のお薦め舞台
発行周期
月刊+不定期
最終発行日
2018年12月01日
 
発行部数
2,553部
メルマガID
0000134861
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
エンターテイメント > 演劇 > 公演・チケット情報

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏

 “しのぶの演劇レビュー” Vol. 170    2018.12.01  2,559部 発行

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏ http://shinobutakano.com/

   今、面白い演劇はコレ! 年200本観劇人のお薦め舞台♪
                   
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ◎師走…いつもながら私は実感がないのですが、皆様はいかがですか?
  忘年会も大事、心豊かな劇場体験も大事。健康第一で駆け抜けましょう♪

   舞台には、あなたの心を揺さぶり、
   人生の輝きを増してくれる奇跡があります。

  “今から観られる面白い演劇”をご紹介します。
  お友達、ご家族、恋人と一緒に、どうぞ劇場を訪れてください!

 ◎facebookページ↓でブログ更新を報告しています。
   http://www.facebook.com/shinobureview
   よかったら「いいね!」をクリックしてくださいね♪


○○ 今回のもくじ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 ◆1【今月のお薦め9本+α(3000円台、2000円台&以下、他)】
   
   ◎No.1→新国立劇場演劇『スカイライト』
       12/01-12/24新国立劇場小劇場
       ※12/01-02はプレビュー、12/06初日
       ≪東京都、兵庫県≫
    https://www.nntt.jac.go.jp/play/performance/16_011668.html
   
 ◆2【先月のベスト3】

   ◎No.1→松竹『十一月新派特別公演 犬神家の一族』
       11/14-11/25新橋演舞場
       ≪大阪府、東京都≫
       http://shinobutakano.com/2018/11/30/11326/

 ◆3【英国演劇の映画館上映情報~NTLiveの新上映など~】

   ◎「ジュリアス・シーザー」新上映&年末年始スペシャル

 ◆4【編集後記】

   ◎年末までに引っ越しをすることになりました。
   ◎観客投票イベント「CoRich舞台芸術アワード!2018」は賞金20万円!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆1 【今月のお薦め9本+α(3000円台、2000円台&以下、他)】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ▽★印がいちおし公演です。
 ▽初日の早い順に並べています。
 ▽掲載内容:主催/企画製作・『題名』・日程・会場・税込価格・URL
 ▽氏名は敬称略で並びは順不同。座種の記述がない公演は全席指定。
 ※間違いがあるかもしれません。最新情報や詳細は公式サイトでご確認を。
 ※高額のお薦め公演を9本に減らしました。低額公演の本数は多い目です。

 ◎11月中に開幕している公演は、メルマガ前月号↓でチェック推奨♪
  http://shinobutakano.com/2018/11/01/11114/


0.TBS/ヴィレッヂ/劇団☆新感線
  SHINKANSEN☆RS『メタルマクベス disc3』
  11/09-12/31 IHIステージアラウンド東京
  出演:浦井健治 長澤まさみ 高杉真宙 柳下大 峯村リエ 粟根まこと 
   右近健一 橋本じゅん ラサール石井 礒野慎吾 吉田メタル 中谷さとみ
   村木仁 冠徹弥 上川周作 小沢道成 伊藤結花 植竹奈津美 
   駒田圭佑 鈴木智久 鈴木奈苗 鈴木凌平 新納智子 早川紗代 
   本田裕子 山崎翔太(崎は立つ崎)  米花剛史 渡辺翔史 川原正嗣 
   藤家剛 工藤孝裕 菊地雄人 あきつ来野良 横田遼 北川裕貴 翁長卓
  MUSICIANS:岡崎司 高井寿(高ははしご高) 福井ビン 松田翔
   松崎雄一(崎は立つ崎)
  作:宮藤官九郎 演出:いのうえひでのり 
  原作:ウィリアム・シェイクスピア「マクベス」松岡和子翻訳版より
  13,500円 ※未就学児のご入場はお断りいたします。
   http://www.tbs.co.jp/stagearound/metalmacbeth_disc3/
  IHIステージアラウンド東京での、劇団☆新感線の新シリーズ第2弾。
  シェイクスピア作『マクベス』を宮藤官九郎さんが翻案した
  『メタルマクベス』は、2218年と1980年代を行き来する物語です。
  生バンドのロック演奏とシャウトされる名ゼリフに興奮♪「disc3」の
  主演は浦井健治さんと長澤まさみさん。冠徹弥さんの歌が聴きたい!
  Sibro・2018年9月号で公演紹介↓をさせていただきました。
   http://shinobutakano.com/2018/09/14/10681/
  ※上演中なのでメルマガ先月号と同様にご紹介します。


1.劇団民藝『グレイクリスマス』
  12/07-12/19三越劇場
  出演:千葉茂則、境賢一、みやざこ夏穂、吉岡扶敏、神敏将、塩田泰久、
   岡山甫、本廣真吾、岩谷優志、平野尚、大中耀洋、船坂博子、吉田陽子、
   中地美佐子、飯野遠、野田香保里、神保有輝美、岡本健一
  脚本:斎藤憐 演出:丹野郁弓
  一般=6,500円 夜チケット=4,500円[夜公演全席]
  U25(25歳以下)=4,000円 高校生以下=1,000円
  三越劇場インターネット限定Mチケット5,200円
   http://www.gekidanmingei.co.jp/performance/2018_graychristmas/
  劇団民藝で1984年に初演された斎藤憐さん作『グレイクリスマス』に
  岡本健一さんが客演。終戦直後の5年間のクリスマスを描く物語です。  
  私は2009年に拝見↓し、そのロビーで斎藤さんから戯曲本を購入しました。
   http://www.shinobu-review.jp/mt/archives/2009/1210233530.html


2.文学座12月アトリエの会『ジョー・エッグ』
  12/07-12/21文学座アトリエ
  出演:寺田路恵、奥山美代子、沢田冬樹、栗田桃子、神野崇、平体まひろ
  脚本:ピーター・二コルズ 訳:小田島恒志 演出:西本由香
  前売・電話予約 4,300円 当日 4,600円
  ユースチケット(25才以下)  2,500円
  ※未就学児の入場はご遠慮ください。
   http://www.bungakuza.com/joeegg/index.html
  文学座が英国劇作家の1967年初演作を上演。西本由香さんの演出作は
  文学座有志公演↓で拝見して面白かったです。
   http://shinobutakano.com/2016/06/18/2189/


3.梅田芸術劇場『音楽劇 道 La Strada』
  12/08-12/28日生劇場
  出演:草なぎ剛(なぎは弓・前・刀)、蒔田彩珠、海宝直人、佐藤流司、
   池田有希子、石井咲、上口耕平、フィリップ・エマール、岡崎大樹、
   金子大介、鹿野真央、土井ケイト、西川大貴、橋本好弘、春海四方、
   妃海風、安田カナ
  脚本:ゲイブ・マッキンリー 翻訳:阿部のぞみ 演出:デヴィッド・ルヴォー
  オンステージシート10,000円 S席10,000円 A席8,000円
  ※未就学児童のご入場はご遠慮ください。
   http://www.umegei.com/michi2018/
  デヴィッド・ルヴォーさんが1954年のフェデリコ・フェリーニ監督の
  映画『道』↓を音楽劇に。主演は草なぎ剛さんです。
   https://eiga.com/movie/65473/


4.風姿花伝プロデュース『女中たち』
  12/09-12/26シアター風姿花伝
  出演:中嶋朋子、コトウロレナ、那須佐代子
  脚本:ジャン・ジュネ 翻訳:篠沢秀夫(白水社) 演出:鵜山仁
  序:5,000円(12/9(日)~12/12(水))
  破:5,500円(12/14(金)~12/20(木))
  急:5,900円(12/21(金)~12/26(水))
  ※公演内容は全て同じ。早めに観劇するほど安いチケット設定です。
  シニア(65歳以上):4,900円 学生:2,000円 高校生以下:1,000円
  当日料金は各500円UP
   http://www.fuusikaden.com/maids/ ↓こりっちでカンタン予約!
   https://ticket.corich.jp/apply/95107/
  12/09までチケットプレゼント↓実施中!
   https://stage.corich.jp/present/77282
  演劇賞常連のシアター風姿花伝プロデュースの第5弾。過去記録↓
   http://shinobutakano.com/2017/12/18/8105/
   http://shinobutakano.com/2016/08/09/2695/
   http://shinobutakano.com/2015/12/12/863/
   http://www.shinobu-review.jp/mt/archives/2014/0707014729.html
  鵜山仁さんの演出で、ジャン・ジュネ作『女中たち』を上演。極小空間で
  上質のストレート・プレイに浸れます。至近距離でプロの女優の競演が
  観られる幸運を掴みましょう。上村聡史さんが演出助手というのも贅沢。


5.劇団青年座スタジオ公演『象の死』
  12/12-12/16ザムザ阿佐谷
  出演:津嘉山正種、山賀教弘、佐野美幸、桜木信介、岩倉高子
  脚本:齋藤瑞穂 演出:菊地一浩 企画・製作:津嘉山正種
  全席自由 一般5,000円 U25(25歳以下) 3,500円
   http://seinenza.com/performance/studio/s125.html
  俳優の嘉山正種さんが企画・製作・出演される青年座スタジオ公演は、
  動物園の猛獣の殺処分が命じられた、第二次世界大戦中の日本のお話。


6.KAAT神奈川芸術劇場プロデュース『オイディプスREXXX』
  12/12-12/24神奈川芸術劇場・大スタジオ
  出演:中村橋之助、南果歩、宮崎吐夢、大久保祥太郎、山口航太、
   箱田暁史、新名基浩、山森大輔、立和名真大
  脚本:ソポクレス 翻訳:河合祥一郎 演出:杉原邦生
  一般6,500円 U24チケット 3,250円(24歳以下)
  高校生以下割引 1,000円(高校生以下)
  シルバー割引 6,000円(満65歳以上)
  ※未就学児の入場はご遠慮ください。
   http://www.kaat.jp/d/oedipusrexxx
  杉原邦生さんが、音にこだわった河合祥一郎さんの新訳で、
  ギリシャ悲劇『オイディプス王』を演出。全方位を客席が囲む
  コロセウム風の舞台美術のよう。原点回帰しつつ冒険してくれそう。


7.公益社団法人日本劇団協議会『Happy Families』
  12/13-12/23ウエストエンドスタジオ
  出演(ダブルキャスト):
  (R. O. Y):石飛幸治、楢原秀佳、坂本岳大、若林健吾、澤井俊輝、
   鈴木智加寿、相馬一貴
  (G. B. V.):石飛幸治、久保優二、曽世海司、吉成奨人、千葉健玖、
   楢原秀佳、高尾直裕
  脚本:デボラ・ラヴィン 翻訳:河内喜一朗・スタジオライフ
  演出・上演台本:倉田淳
  全席自由・入場整理番号付 一般4,500円 学生2,800円
  ※未就学児童のご入場はご遠慮ください。
   http://www.studio-life.com/stage/happyfamilies2018/
  劇団スタジオ・ライフで幾度も上演されてきた戯曲↓です。
   http://www.studio-life.com/stage/happy/
  ロンドンのハムステッドが舞台…というと『誰もいない国』↓をご覧になった
   http://shinobutakano.com/2018/11/30/11335/
  お客様はピンと来ますよね!


8.柿喰う客『美少年』
  12/15-30 Geki地下Liberty
  ≪東京都、三重県、新潟県≫
  出演:永島敬三、大村わたる、加藤ひろたか、田中穂先
  脚本・演出:中屋敷法仁
  一般:4,500円 U23:2,800円 高校生以下:1,800円
  ※当日券は前売り料金の500円増し。※未就学児童入場不可。
   http://kaki-kuu-kyaku.com/next.html
  中屋敷法仁さん率いる劇団柿喰う客の新作ツアーは男四人芝居。
  中屋敷さん↓、岸田國士戯曲賞を虎視眈々と、いや堂々と狙っている!
   https://twitter.com/i_want_kishida


9.serial number(風琴工房改め)『アトムが来た日』
  12/20-12/29ザ・スズナリ
  出演:田島亮、福本伸一、井上裕朗、杉木隆幸、森下亮、小玉久仁子、
   林田麻里、酒巻誉洋、岡野康弘、佐野功、笹野鈴々音、藤尾勘太郎、岡田達也
  脚本・演出:詩森ろば
  一般前売4300円 当日4500円 障害2000円 学生2000円
  はじめて割4300円※はじめての方を誘ってくると2名で1名分の料金に。
  未就学児童は入場できません。
   http://serialnumber.jp/next.html ↓こりっちでカンタン予約!
   https://stage.corich.jp/stage/95414
  12/10までチケットプレゼント↓実施中!
   https://stage.corich.jp/present/77543
  詩森ろばさんの劇団serial numberの新作は「日本初の原子力発電所が
  東海村に出来た日の物語」。詩森さんの野心的なお芝居は見逃せません。


 ★★★────────────────────────────── 
  前売3000円台の気になる作品を7本ご紹介します。
 ──────────────────────────────★★★

《1》浮世企画『SHIP』
  12/04-12/09 APOCシアター
  出演:山脇唯、四浦麻希、西岡未央、今城文恵
  脚本・演出:今城文恵
  前売3500円 当日3800円 全席自由・整理番号つき
  ※終演後に日替わりイベントあり。
   https://ukiyokikaku.jimdo.com/%E6%AC%A1/
  今城文恵さん作・演出の新作は女性のみの四人芝居。昨年拝見した
  『あいだヶ原のほおずき祭り』↓がすごく面白かったので期待。
   http://shinobutakano.com/2017/08/12/6356/


《2》オフィスマウンテン『能を捨てよ体で生きる』
  12/05-12/16 STスポット
  出演:大谷能生、横田僚平、矢野昌幸、児玉磨利
  作・演出・振付:山縣太一 大谷能生 横田僚平 矢野昌幸 児玉磨利
  音楽:大谷能生 音響:牛川紀政
  前売 3,000円 当日 3,500円
   https://stspot.jp/schedule/?p=5032
  俳優の身体(声、反応を含む)にフォーカスした山縣太一さんの創作は
  非常に独特で、体験してみる価値があると思います。
  山縣さんは『スワン666』↓での演技が素晴らしかったです。
   http://shinobutakano.com/2018/06/24/9995/
  山縣さんと出演者のインタビュー↓をぜひお読みください。
   https://spice.eplus.jp/articles/218697


《3》城山羊の会『埋める女』
  12/06-12/16ザ・スズナリ
  ≪東京、大阪≫
  出演:奥田洋平、坂倉奈津子、福井夏、伊島空、岡部たかし、
   岩谷健司、金谷真由美
  脚本・演出:山内ケンジ
  前売¥3,800 当日¥4,200 早期観劇割引 ¥3,500
  4月上演の『自己紹介読本』のチケット半券提示でキャッシュバックあり。
  (東京公演のチケットは500円引き、大阪公演のチケットは800円引き)
   http://shiroyaginokai.com/stage_works/umeruonna/
  映画監督、CMディレクター、岸田國士戯曲賞受賞者である山内ケンジさんが
  作・演出される城山羊の会の新作です。山内ケンジさんの映画は
  「ミツコ感覚」も「友だちのパパが好き」も↓大好きです。
   https://eiga.com/movie/57221/
   https://eiga.com/movie/83128/


《4》ハイリンド『エダニク』
  12/07-12/16シアター711
  出演:伊原農、比佐一平、有馬自由
  脚本:横山拓也(iaku) 演出:早船聡(サスペンデッズ)
  全席自由 前売・当日共 ¥3,500
  学生割引(高校生以下)前売・当日共¥3,000
   https://hylind01.net/edaniku-311
  ↓こりっちでカンタン予約!
   https://stage.corich.jp/stage/96016
  12/02までチケットプレゼント↓実施中!
   https://stage.corich.jp/present/78079
  横山拓也さんの代表作の1つである『エダニク』↓を早船聡さんが演出。
   http://shinobutakano.com/2016/06/05/2055/
  2009年初演時に第15回日本劇作家協会新人戯曲賞を受賞しています。


《5》劇団俳優座LABO公演『女と男とシェイクスピア』
  12/08-12/16劇団俳優座5F稽古場
  出演:中村たつ、小笠原良知、河内浩、山本順子、佐藤あかり、
   若井なおみ、八柳豪、相波詩織、山田定世、椎名慧都
  脚本:デヴィッド・ウィリアムソン 訳:佐和田敬司 演出:森一
  一般=3,800円 大学生・シニア=3,000円
  高校生以下=2,500円 ハンディキャップ=2,500円
   https://goo.gl/qXbGCM
  俳優座が稽古場公演でオーストラリア戯曲を上演。現代の大学に
  時空を超えてシェイクスピア本人が現れるというお話のようです。
  中村たつさんの演技が観たいですね。


《6》つばき荘上演委員会『精神病院つばき荘』
  12/13-12/16新宿ゴールデン街劇場
  出演:川口龍、土屋良太、近藤結宥花
  脚本:くるみざわしん(光の領地) 演出:土屋良太
  全席自由 前売3200円 当日3500円
   https://www.facebook.com/hikarinoryouchi/posts/2073905049340853
  「日本の劇」戯曲賞受賞作の『同郷同年』↓がすごく面白かった、
   http://shinobutakano.com/2017/09/14/6850/
  くるみざわしんさんの戯曲が東京で上演されます。くるみざわさんは、
  私の知る限りの情報ですが、現役の精神科医でいらっしゃるんですよね。
  『精神病院~』は第23回(2017年度)劇作家協会新人戯曲賞の最終候補です。


《7》shelf『AN UND AUS|つく、きえる』
  12/14-12/17 The 8th Gallery (CLASKA 8F)
  出演:川渕優子、三橋麻子、沖渡崇史、横田雄平、江原由桂、杉村誠子、
   大石憲、鈴木正孝
  脚本:ローラント・シンメルプフェニヒ 訳:大塚直 演出:矢野靖人
  一般前売/当日とも 3,500円
  学生(前売・当日共)2,500円
   http://theatre-shelf.org/next.htm
  ドイツの劇作家シンメルプフェニヒさんが新国立劇場に書き下ろした
  2013年の戯曲を、矢野靖人さんが演出。ドイツでも上演されています。
  東日本大震災と東京電力福島第一原発事故が題材です。
  シンメルプフェニヒさんの戯曲は『昔の女』↓『アラビアの夜』も好き。
   http://www.shinobu-review.jp/mt/archives/2009/0314175205.html
   http://www.shinobu-review.jp/mt/archives/2013/0619110600.html
  戯曲集:https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784846006044


 ☆☆☆────────────────────────────── 
  前売2000円台&以下の気になる作品を6本ご紹介します。
 ──────────────────────────────☆☆☆

★[1]新国立劇場演劇『スカイライト』
  12/01-12/24新国立劇場小劇場
  ※12/01-02はプレビュー、12/06初日
  ≪東京都、兵庫県≫
  出演:蒼井優、葉山奨之、浅野雅博
  脚本:デイヴィッド・ヘア 翻訳:浦辺千鶴 演出:小川絵梨子
  (プレビュー公演)A席:5,400円 B席:2,160円
  (本公演)A席:6,480円 B席:3,240円 Z席(当日券):1,620円
   https://www.nntt.jac.go.jp/play/performance/16_011668.html
  無料で参加できる“ギャラリー・プロジェクト”が始まっています。
  ・演劇のおしごとVol.2「「劇作家」とは?」
   12月10日(月)18:30~ 無料、要申込。
   出演:渡辺えり 小川絵梨子
   https://goo.gl/VyzW7t
  ・公演ガイドツアー
   12月23日(日・祝)の公演終了後に開催。参加費200円、要申込。
   https://goo.gl/PgoZh5

 ●お薦めポイント●

  『誤解』『誰もいない国』↓に続く新国立劇場の小川絵梨子シーズン新作。
   http://shinobutakano.com/2018/10/05/10838/
   http://shinobutakano.com/2018/11/30/11335/
  1995年初演の英国の三人芝居を小川さんが演出されます。

  デイヴィッド・ヘアー戯曲といえば、『パーマネント・ウェイ』
  『スタッフ・ハプンズ』『ブルー・ルーム』『ブレス・オブ・ライフ』など、
  「面白かった!」と快哉を叫びたくなる作品ばかり。

  『スカイライト』はNTLiveでの上映↓を2度観に行ったほど面白かったです。
   http://www.shinobu-review.jp/mt/archives/2015/0704112727.html

  蒼井優さんと浅野雅博さんが別れた不倫カップルを演じるなんて、
  私好みすぎるキャスティングです♪ 12/1、12/2はプレビュー公演で
  チケット代が格安! 3日間休演した後に初日を迎えるのも楽しみ。


★[2]ONEOR8『ゼブラ』
  12/04-12/09東京芸術劇場 シアターイースト
  ≪東京都、茨城県、北海道、岩手県、大阪府≫
  出演:冨田直美、和田ひろこ、恩田隆一、伊藤俊輔、山口森広、弘中麻紀、
   星野園美、瓜生和成、吉田芽吹、新垣里沙、矢部太郎
  脚本・演出:田村孝裕
  劇団創立20周年特別価格:前売 2000円 当日 2500円
  ※未就学児童のご入場はご遠慮ください。
   http://oneor8.net/pg18.html
  田村孝裕さんが作・演出する劇団ONEOR8(ワンオワエイト)が代表作↓を
   http://www.shinobu-review.jp/mt/archives/2009/0610220130.html
   http://www.shinobu-review.jp/mt/archives/2011/1223220625.html
  劇団創立20周年特別価格で上演。信じがたい低価格!
  前売り完売続出で追加公演決定(12/9(日)11:00開演)。今すぐ予約!


[3]世田谷パブリックシアター『戯曲リーディング
  「イザ ぼくの運命のひと PICTURES OF YOUR TRUE LOVE」』
  12/08-12/09シアタートラム
  出演:北乃きい、篠山輝信
  原作:ヴォルフガング・ヘルンドルフ 上演台本:ロベルト・コアル 
  翻訳・演出:小山ゆうな 音楽・演奏:国広和毅
  一般 1,800円 高校生以下 900円 U24 900円
  ※未就学のお子様はご入場いただけません。
   https://setagaya-pt.jp/performances/201812reading.html
  昨年高評価を得たドイツ戯曲『チック』↓のサイドストーリーの朗読。
   http://shinobutakano.com/2017/08/14/6366/
  『チック』翻訳・演出の小山ゆうなさん、主演の篠山輝信さんが再び参加。
  北乃きいさんが『チック』に登場した少女イザを演じます。


★[4](公社)国際演劇協会日本センター『紛争地域から生まれた演劇シリーズ10』
  12/13-12/16東京芸術劇場アトリエウエスト
  ・12月13日(木)19時30分/12月16日(日)14時
   『コモン・グラウンド (Common Ground)』
   出演:霜山多加志、小林あや、蔵下穂波、松村良太、野々山貴之、
    きっかわ佳代、マイ
   作:ヤエル・ロネン&アンサンブル 翻訳:庭山由佳 演出:小山ゆうな
  ・12月14日(金)19時30分/12月15日(土)14時
   『これが戦争だ (This Is War)』
   出演:亀田佳明、手打隆盛、堀源起、吉野実紗
   作:ハナ・モスコビッチ 翻訳:吉原豊司 演出:生田みゆき
  当日精算/全席自由 1500円(学生1000円)
   http://iti-japan.or.jp/conflict/
  年末恒例の「紛争地域から生まれた演劇シリーズ」は2作品の朗読上演。
  今年からさいたまネクスト・シアターの本公演↓に取り上げられ、
   http://shinobutakano.com/2018/06/27/10007/
   http://shinobutakano.com/2018/11/15/11249/
  ますます注目を集めています。前売り完売。翻訳の庭山由佳さんが
  ドイツ版劇評、ドイツ版トレーラーをご紹介くださっています↓。
   https://twitter.com/wanibuehne/status/1067964658399637505


[5]劇団劇作家プロデュース『ドラマリーディング「空の村号」』
  12/13-12/16ブレヒトの芝居小屋
  出演(組み合わせ違いで4種類あり):クラウンYAMA、大堀茜、洪美玉、
   高坂諭、渋沢やこ、剣持直明、上田桃子、鬼頭典子
  脚本:篠原久美子 演出:関根信一
  全席自由 前売 2,500円 当日2,700円
  フリーチケット 4,500円(4公演までご覧になれる定額チケット)
   https://shinichifs.exblog.jp/28776251/
  『空の村号』は篠原久美子さんの2012年初演戯曲で、斎田喬戯曲賞を受賞。
  東京電力福島第一原発事故後の飯舘村が舞台の児童劇です。
  篠原さんからのメッセージ(2013年)がこちら↓で読めます。 
   https://iwj.co.jp/wj/open/archives/107204
  私は2014年に拝見↓し、繰り返し上演されるべき作品だと思いました。
   http://shinobutakano.com/2014/04/11/8536/


[6]高校演劇サミット『高校演劇サミット2018』
  12/27-12/29こまばアゴラ劇場
  出場校:盛岡市立高等学校『月面、着陸。』
   東京都立世田谷総合高等学校『レイズ』
   精華高等学校『大阪、ミナミの高校生3』
  1日券:3,000円 1演目券:1,500円
  高校生1日券:1,000円(高校生限定・12月27日(木)のみ)
  *日時指定・全席自由 *未就学児童はご入場いただけません。
   http://www.komaba-agora.com/play/6525
  高校演劇は日本が誇るべき演劇の1ジャンルだと思っています。
  立候補して選ばれた3校の作品をまとめて観られる素晴らしい機会です。
  現役生はもちろん、高校演劇をご覧になったことがない方も是非体験を。
  昨年のレビュー:http://shinobutakano.com/2017/12/29/8193/


≪ミュージカル≫

 ○ホリプロ『ミュージカル「スリル・ミー」2018』
  12/14-27東京芸術劇場シアターウエスト
  ≪東京、大阪、愛知≫
  [出演]私役:成河、彼役:福士誠治/私役:松下洸平、彼役:柿澤勇人
  ピアノ伴奏:朴勝哲
  脚本・音楽・歌詞:STEPHEN DOLGINOFF
  翻訳・訳詞:松田直行 演出:栗山民也
  8,500円
   http://hpot.jp/stage/thrillme2018
  2011年日本初演↓を観てとても面白かった、100分の短いミュージカル。
   http://www.shinobu-review.jp/mt/archives/2011/0922002533.html
  キャスト違いで上演が重ねられています。小空間で堪能できる好機会!


 ○フジテレビジョン『ミュージカル「サムシング・ロッテン!」』
  12/17-30東京国際フォーラム・ホールC
  出演:中川晃教 西川貴教 瀬奈じゅん 平方元基 清水くるみ 橋本さとし
   青山郁代 池田紳一 井上花菜 可知寛子 小暮キヨタカ 小山侑紀
   坂元宏旬 高橋卓士 高原紳輔 竹内真里 常住富大 丹羽麻由美
   伯鞘麗名 福田えり 辺田友文 横山敬 横山達夫
  作詞・作曲:ウェイン・カークパトリック、ケイリー・カークパトリック
  脚本:ケイリー・カークパトリック、ジョン・オファレル
  上演台本・演出:福田雄一
  S席12,500円 A席9,500円 B席7,000円
  ※未就学児童入場不可 ※営利目的の転売禁止
   http://www.something-rotten.jp/
  2015年のトニー賞受賞ミュージカルを福田雄一さんの上演台本・演出で。
  中川晃教さんと西川貴教さんのミュージカル共演って歌唱力×歌唱力?!
  Sibro・2018年9月号で公演紹介↓をさせていただきました。
   http://shinobutakano.com/2018/09/14/10681/


≪親子向け企画≫

 ○吉祥寺シアター「吉祥寺ファミリーシアター in Winter」
  12/08、16吉祥寺シアター
 ・12/08(土)11:00~/14:00~
  モモンガ・コンプレックス『ダンス・パフォーマンス的プログラム
  「あわあわあわあ。」』(約45分、おすすめ:3才~)
  出演:臼井梨恵、加藤典子、仁科幸、白神ももこ
  作・演出:白神ももこ  
 ・12月16日(日) 11:00~/15:00~
  to R mansion『パントマイムシアター
  「トゥーアールランド」』(約60分、おすすめ:4才~)
  出演:上ノ空はなび、野崎夏世、丸本祐二郎、Toshi-Rock
  脚本・演出:to R mansion
  チケットは両公演共通:[全席自由]一般500円/小中学生300円
  乳幼児の膝上鑑賞は無料・お席利用の場合のみ300円
  ※未就学児の方は必ず保護者同伴でご鑑賞下さい。
   https://goo.gl/mdQzy8
  モモンガ・コンプレックスとto R mansionが吉祥寺シアターで、参加して
  楽しめる親子イベントを開催。私は両団体ともとても好きです。


 ○立川シアタープロジェクト『子どもとおとながいっしょに楽しむ舞台vol.3
  「ドリトル先生と動物たち、月へゆく」』
  12/21-12/23たましんRISURUホール(立川市市民会館)
  出演:村上哲也、平佐喜子、小林至、竹原千恵、岩倉真彩、井藤あやほ、
   藤谷みき、うえもとしほ、大谷昌史
  原作:ヒュー・ロフティング(訳:河合祥一郎) 脚本・演出:倉迫康史
  ムービング・ディレクション:上ノ空はなび(to R mansion)
  大人:前売り¥1500 当日¥2000 中高生:前売当日共¥1000
  小学生以下:前売当日共¥500 3歳以下膝上無料
   https://tachikawa-sozosha.jp/engeki/ttpj/dolittle.php
  たちかわ創造舎チーフ・ディレクターの倉迫康史さんは、にしすがも創造舎で
  「子どもに見せたい舞台」シリーズ↓を手掛けていらっしゃいました。
   http://www.shinobu-review.jp/mt/archives/2007/0826005203.html
   http://www.shinobu-review.jp/mt/archives/2008/0822164409.html
   http://www.shinobu-review.jp/mt/archives/2010/0818000340.html
   http://www.shinobu-review.jp/mt/archives/2011/0813144040.html
  2009年に上演↓された『ドリトル先生と動物たち』の続編かしら♪
   http://www.shinobu-review.jp/mt/archives/2009/0812113216.html


≪首都圏以外≫

 ○KUDAN Project『真夜中の弥次さん喜多さん』
  11/29-12/02ナビロフト
  ≪愛知県、兵庫県、三重県≫
  出演:小熊ヒデジ、寺十吾
  脚本・演出:天野天街
  日時指定・自由席 一般:前売3,300円/当日3,600円
  25歳以下:前売2,500円/当日2,800円 高校生以下:前売・当日:1,800円
   http://www.officek.jp/kudan/yajikita2018.shtml
  頭がこんがらがって興奮しちゃう、日本製二人芝居の傑作。過去レビュー↓
   http://www.shinobu-review.jp/mt/archives/2013/0927224855.html
  ※メルマガ11月号に載せそびれたので今月掲載しました。


 ○カンパニーデラシネラ『古典名作シリーズ「ドン・キホーテ」』
  12/01-12/02穂の国とよはし芸術劇場PLAT アートスペース
  12/08北九州市立美術館 本館エントランスホール
  ≪愛知県、福岡県≫
  出演:大庭裕介、崎山莉奈、雫境、鉾久奈緒美、伊吹卓光、藤田桃子
  原作:ミゲル・デ・セルバンテス
  演出:小野寺修二 テキスト:山口茜
  愛知→<整理番号付自由席>一般:3,000円 U24:1,500円 高校生以下:1,000円
  福岡→<全席自由>一般:1,500円 子ども(5歳~小学生):500円
  ※未就学児の入場はご遠慮ください。
   https://derashinera.jp/activity/don_quixote-2018/
  小野寺修二さん率いるカンパニーデラシネラが学校巡回公演中↓。
   https://twitter.com/oyuyusuke/status/1062724669172736000
  一般観客も観られるのは、豊橋と北九州のみ↓です。
   https://twitter.com/derashinera/status/1067418332859555840
  『ロミオとジュリエット』(2016年)の野外短縮版の記録↓
   http://shinobutakano.com/2016/05/22/1932/


 ○認定NPO法人ニコちゃんの会
  『身体的にバラエティあふれるひとたちの演劇公演 走れ!メロス。』
  12/21-12/23ゆめアール大橋 大練習室(福岡)
  出演:北島美由紀 小出直子 小寺美咲 里村歩 佐野優馬 瀬川サチカ
   堤泰子 中江育子 中村とし子 中村ひとみ 二ノ宮直子 平畑貴志
   廣田渓 森裕生 山口恭子 尾崎礼 井上直己
  原作:太宰治「走れメロス」 構成・演出:倉品淳子
  (全席自由・日時指定)前売り2,000円 当日2,500円
   http://www.nicochan.jp/2018/10/24/melos/
   https://www.facebook.com/events/191605094989732/
  倉品淳子さんが構成・演出を手掛ける、障害を持つ/持たない人たちに
  よる創作劇。2016年に拝見した『BUNNA』↓には猛烈に感動しました。
   http://shinobutakano.com/2016/10/01/3310/


≪ご参考≫

 「しのぶの演劇レビュー」↓に今月のしのぶの観劇予定あり。
  http://shinobutakano.com/2018/11/29/11323/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆2 【先月のベスト3】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.松竹『十一月新派特別公演 犬神家の一族』
  11/14-11/25新橋演舞場
  ≪大阪府、東京都≫
  物語も演出も演技も面白かった!人生初の桟敷席での鑑賞は、自分も
  見世物のひとつのようになった感覚があり、全く新しい体験でした。
   http://shinobutakano.com/2018/11/30/11326/

2.日生劇場・NISSAY OPERA 2018『コジ・ファン・トゥッテ』
  11/10-11/11日生劇場
  菅尾友さん演出のオペラ。まさか主役姉妹をAIにするとは…!
  AI姉妹が男たちに屈せず、武器を奪って彼らに向ける演技を挿入。
  古典を現代の視点から読みかえることで、気づかされることが多い。
  指揮者(広上淳一)とオペラ歌手らが一緒に演技する趣向も楽しい。
  フィオルディリージ役の嘉目真木子さんの歌と演技が素敵。
   http://opera.nissaytheatre.or.jp/info/2018_info/cosi_fan_tutte/

3.パルコ・プロデュース『豊饒の海』 ←上演中★
  11/03-12/02紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA
  ≪東京都、大阪府≫
  三島由紀夫の長編小説を舞台化。振付、転換のアンサンブルが綺麗。
  感情に突き動かされる人々の刹那をシンプルかつ美的に表し、
  制御が効いているのが好み。死と官能の交差を味わえた。
   https://twitter.com/shinorev/status/1062251192544186369

 その他は新国立劇場演劇『誰もいない国』、
 F/T18/シーム・スレイマンプール×ブッシュシアター『NASSIM』、
 可児市文化創造センター/ala Collectionシリーズ『移動』、
 さいたまネクスト・シアター『世界最前線の演劇2「第三世代」』、
 ワタナベエンターテインメント/ゴーチ・ブラザーズ/ぴあ『光より前に』、
 劇団青年座『残り火』、らまのだ『青いプロペラ』、
 ナショナル・シアター・ライヴ2018「ヤング・マルクス」等、順不同。

 ◎メルマガのバックナンバーはこちら↓で全て公開中!
   http://archives.mag2.com/0000134861/
  メルマガ号外は誰が観ても楽しめそうなものを選んで発行しています。
  2018年11月(観劇数13作品)は残念ながら発行しませんでした。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆3 【英国演劇の映画館上映情報~NTLiveの新上映など~】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◎英国ロイヤル・ナショナル・シアターが選んだ演劇界最高峰の舞台が
  映画館で楽しめるナショナル・シアター・ライヴ(日本では2014年~)。
   http://www.ntlive.jp/

  2018年のラインアップは2017年より1本多い8本!
  「エンジェルス・イン・アメリカ 第一部&第二部」
  「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」
  「アマデウス」「イェルマ」「フォーリーズ」
  「ヤング・マルクス」「ジュリアス・シーザー」

 ○新上映「ジュリアス・シーザー」
  11/30-12/09 TOHOシネマズ日本橋ほかなど
  12/01-07 福岡中洲大洋劇場
  出演:ベン・ウィショー、ミシェル・フェアリー、他
  作:ウィリアム・シェイクスピア
  演出:ニコラス・ハイトナー
   https://www.ntlive.jp/juliuscaesar
  ロンドンで舞台をご覧になった森岡実穂さんのご感想↓
   https://84679040.at.webry.info/201803/article_6.html
  ※メルマガ11月号に載せそびれたので今月掲載します。


 ○「フォリーズ」
  12月7日(金)~12月13日(木)吉祥寺オデヲン
   http://cinemaodeon.jp/soon/index.html
  12月8日(土)~15日(土)神戸アートビレッジセンター
  ※9日、11日休
   https://www.kavc.or.jp/cinema/3594/
  感想:http://shinobutakano.com/2018/10/19/10994/

 ○「イェルマ」
  12月9日(日)~21日(金)神戸アートビレッジセンター
  ※10日~15日、18日休
   https://www.kavc.or.jp/cinema/3596/
  感想:http://shinobutakano.com/2018/09/30/10794/


《年越しだよ!豪華NTLiveアンコール祭り@シネ・リーブル池袋》
  https://goo.gl/MVvi75

 ○「ハムレット」
  2018/12/15(土)~12/21(金)
  2019/1/5(土)~1/11(金)
  感想:http://shinobutakano.com/2015/12/04/813/

 ○「夜中に犬に起こった奇妙な事件」
  2019/1/5(土)~1/11(金)
  感想:http://shinobutakano.com/2016/02/19/1983/

 ○「フランケンシュタイン」(カンバーバッチ博士版)
  2018/12/15(土)~12/29(土)、2019/1/2(水)
  感想:http://www.shinobu-review.jp/mt/archives/2014/0418195129.html

 ○「フランケンシュタイン」(カンバーバッチ怪物版)
  2018/12/15(土)~12/28(金)、2018/12/31(月)、2019/1/4(金)
  感想:http://www.shinobu-review.jp/mt/archives/2014/0418195129.html

 ○「イェルマ」
  2019/1/5(土)~1/11(金)
  感想:http://shinobutakano.com/2018/09/30/10794/

 ○「アマデウス」
  2018/12/22(土)~2019/1/4(金)
  *1/1元旦は上映なし
  感想:http://shinobutakano.com/2018/07/09/10124/

 ○「ハングメン」
  2018/12/30(日)及び2019/1/3(木)のみ
  感想:http://shinobutakano.com/2017/04/20/5315/

 ○「一人の男と二人の主人」
  2018/12/29(土)、12/30(日)、2019/1/2(水)~1/4(金)
  感想:http://shinobutakano.com/2017/11/11/7528/


  ありがたいことにNTLiveは次々に再上映され、追いかけるのが大変(笑)。
  公式facebook、公式twitterでこまめにご確認を。
   https://www.facebook.com/ntlivejp/
   https://twitter.com/ntlivejapan

  【料金】一般3,000円、学生2,500円

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆4 【編集後記など】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◎私事ですが、年末までに引っ越しをすることになりました。、
  しばらく観劇などは低空飛行になりそうです。ふんばります!


 ◎観客投票イベント「CoRich舞台芸術アワード!2018」は賞金20万円!
   https://stage.corich.jp/award2018/
  昨年↓に続き、今年も舞台芸術団体に賞金があって嬉しいです!!
   https://stage.corich.jp/award2017/result
  「観たい!」「観てきた!」のクチコミ件数等が一定条件を満たす
  CoRichメンバーのみ投票できます。私は毎年参加↓しています。
   https://stage.corich.jp/user/57/award_watch
  メンバー登録⇒ https://stage.corich.jp/login


 ◎シアターガイドが休刊になりました。原因は会社の倒産だそうです。
  大ショック…。シアターガイドが届かない月初はものすごく久しぶり(涙)。
  「「シアターガイド」12月号で休刊 発行元が倒産、存続求める声も」↓
   https://www.asahi.com/articles/DA3S13791002.html
  演劇ジャーナリストの徳永京子さんが↓呼びかけていらっしゃいます。
   https://twitter.com/k_tokunaga/status/1058031997501636608
  「どこかの出版社が丸ごと引き取って復刊してくれませんか?」
  復刊されたら、私は必ず購入します!


 ◎気になるイベントをご紹介します。

 ・早稲田大学演劇博物館開館90周年記念 2018年度秋季企画展 
  現代日本演劇のダイナミズム 記念イベント
  「岩松了×風間杜夫×坂井真紀トークショー
   逃げる劇作家、岩松了を追いかけて。」
  日時:2018.12.11(火)18:30~20:00
  会場:早稲田大学大隈記念講堂大講堂
  出演:岩松了、風間杜夫、坂井真紀 司会:徳永京子
  定員:1,000人 ※要事前予約・先着順 参加費:無料
   https://www.waseda.jp/enpaku/ex/7366/
  徳永京子さんのトークは先月↓も拝聴。刺激的かつ示唆的でした。
   http://shinobutakano.com/2018/11/07/11132/


 ◎ご報告しておきたい「しのぶの演劇レビュー」内記事

 ・【稽古場レポート】 ↓12/2までABCホール(大阪)で上演中★
  ワタナベエンターテインメント/ゴーチ・ブラザーズ/ぴあ
  『光より前に~夜明けの走者たち~』10/24都内某所
   http://shinobutakano.com/2000/11/08/11142/


 ◎おすすめ舞台中継など on TV(おすすめがある時だけ掲載)
  ※個人的に、テレビの映像で舞台中継を見ることへの興味が薄れています。
   この欄は網羅性の点でも問題があるので、近々やめるかもしれません。

 【NHK-BSプレミアム】12/3(月)午前0時00分~ 午前4時14分[12/2(日)深夜]
   http://www4.nhk.or.jp/p-stage/x/2018-12-02/10/9723/2646270/

  パルコ・プロデュース『チルドレン』
  出演:高畑淳子、鶴見辰吾、若村麻由美
  作:ルーシー・カークウッド 演出:栗山民也

  パルコ・プロデュース『アンチゴーヌ』※再放送
  出演:蒼井優、生瀬勝久 ほか
  作:ジャン・アヌイ 演出:栗山民也


 ◎注目している役者さんに「しのぶさんのサイトでいつも
  オーディション情報をチェックしています」と言われて嬉しい!
  「受かりました!」と言われるともっと嬉しい♪
  「しのぶの演劇レビュー」に情報掲載をご希望の方は、
  お問い合わせフォーム↓からどうぞ。
   http://shinobutakano.com/contact/
  ※恐れ入りますが、必ず掲載するわけではありません。

 ◎ツイッターやってます!フォロワー約8890人に感謝♪
  ⇒ @shinorev : http://twitter.com/shinorev
  観劇感想の速報もたまにつぶやきます。
  震災・原発事故、政治・選挙関連のリツイートも多いです。

 ◎お仕事のご依頼、お問い合わせはこちらへ↓お気軽にどうぞ♪
   http://shinobutakano.com/contact/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆5 【このメルマガについての注意事項(毎月同じ内容です)】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 このメルマガは、高野しのぶの演劇への情熱で書かれています。
 沢山の人に演劇に触れてもらいたい! ので、クチコミ・転送 大歓迎です♪

 ☆ご友人、お知り合いにどうぞこのメルマガをご紹介ください!
  【面白い演劇を紹介してるメルマガはコレ!】
   ⇒ http://www.mag2.com/m/0000134861.html

 ☆もしこのメルマガを観てお芝居に行かれたら、劇場でのアンケート用紙に
  「高野しのぶのメルマガで知った」等、書いていただけると嬉しいです♪

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ◎東京および関東近郊の情報に限らせていただいております。
 ◎掲載内容には細心の注意を払っておりますが、
  間違いがあることもあります。情報は主催者URLでご確認ください。
 ◎お薦めを観に行って面白くなかったら・・・ごめんなさいっ。

 ◎簡単なプロフィールはこちらです。
  → http://shinobutakano.com/introduction/

 ◎購読・解除はこちらから簡単にできます。
  まぐまぐ → http://www.mag2.com/m/0000134861.html

////////////////////////////////////////////////////////////////



メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ