精神科治療の鬼 ~熊木徹夫・水谷雅信の臨床哲学・心療対話~

  • ¥0

    無料

中公新書「精神科医になる」、日本評論社『官能的評価』シリーズ著者である精神科医熊木徹夫(あいち熊木クリニック院長)と、精神科医療について独特の臨床哲学をもつ精神科医水谷雅信(水谷心療内科院長)のコラボによって成り立つ精神科治療論・臨床随想。統合失調症、強迫性障害、発達障害、自閉症、ADHD、性の悩み、パニック障害、社交不安障害(SAD)、うつ病、躁うつ病、不眠症、性同一性障害、境界性人格障害、摂食障害(過食症・拒食症)、パチンコ(ギャンブル)依存症、買い物依存症、神経症、心身症、線維筋痛症など縦横無尽に論じます。ときに、音声・映像も配信します。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
精神科治療の鬼 ~熊木徹夫・水谷雅信の臨床哲学・心療対話~
発行周期
不定期刊
最終発行日
2018年10月07日
 
発行部数
9,957部
メルマガID
0000139489
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > こころ > カウンセリング

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

特報
『自己愛危機サバイバル
~摂食障害・醜形恐怖症・自己臭恐怖症の克服・治療~』
新刊のお知らせ。

~精神科治療の鬼~

http://www.dr-kumaki.net/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは、熊木です。

このたび(2018.9.28.)、
『自己愛危機サバイバル
~摂食障害・醜形恐怖症・自己臭恐怖症の克服・治療~』
を、中外医学社より、上梓しました。

私としては、3年ぶりの新刊書です。

以下に、本書の<まえがき>を掲載します。

これを読み、興味を持たれた方、
実際に今、ご本人やご家族が自己愛危機の問題、
および摂食障害・醜形恐怖症・自己臭恐怖症で苦しんでおられる方、
そのような方々には必ず役立つものになっていると自負しています。

一度手に取っていただければ、とても嬉しいです。

どうぞよろしくお願いいたします。

→→→ http://ux.nu/tJ3U5


―――――――――――――――――――――――――――――――――――


<まえがき ~「私のすべてを、見て欲しい」~>


私が精神科医になりたての頃、
ある先輩医師から次のようなことを聞かされました。

「君がこれから2年間の研修医時代に出会う患者さんを、
とりわけ大切にしなさい。

なぜだか分からないが、
最初に出会った患者さんとよく似た人々と
これからの精神科医人生で何度も出会うことになる。

そして、そこで現れたテーマに否が応でも向き合ううちに、
最終的にそれがライフワークとなっていく」

なんだかオカルト的なことを言う先生だ、
と当時は少々訝しく思ったのですが、
それから二十数年経過して振り返ったところ、
見事そのようになっている。

初学者であった私に胚胎したいくつかのテーマは、
今に至るまで私という精神科医の大本を形成してきているのです。

そしてこれからお話しする患者さんも、私にとり忘れ得ぬ人であり、
彼女との出会いが私の奥底にある何ものかを
激しく揺さぶったことは間違いありません。


それは、精神科医になり半年くらい経った時のこと。

私はその日、病棟の当番医で、
複数の患者さんを相手に、採血・点滴などを行っていました。

当時の私は、来る日も来る日も採血を立て続けに行っていました。

精神科医が採血ばかり、なんて変だな、と思う方が多いでしょう。

私も精神科医になったばかりの頃、
むしろ「精神科医はこころの医者だから、
精神療法のみに邁進すればいい」なんて考えていた。

同僚の精神科医も採血はうまくない人が多く、
だからといって、そのことに負い目は感じてないふうでした。

ところが、精神科医になって1ヶ月もしないうちに、
「身体的アプローチがうまくならなくて、
本当にいい精神科医療ができるのか」
などと生意気にも考えるようになりました。

精神科医にとり言語的アプローチはいうまでもなく重要なこと。

しかし、非言語的アプローチがなくては
深まらない関係性もあると予感したのです。

注射は、医師にとって一番基本的な身体的アプローチ。

まずこれから習熟を図ろうと思い、
外来の主任看護師に
「できる限りの採血をさせて欲しい。呼ばれたらすぐ行きますから」
と話し、了承を受けた。

これについて、元々注射に熱心ではない同僚からは歓迎され、
私に採血の仕事を回してくれました。

元来不器用な私は、当初失敗ばかりで、
患者さんにも看護師にも迷惑をかけていましたが、
忍耐強く受け止めていただける幸運もあり、
しわじわですが精度が上がっていきました 。

やがて、誰がやってもなかなか成功しない
難しい患者さんからの採血でも成功するようになっていき、
ようやく自信が持てるようになりました。

話を戻します。

その日の最後に、
一人の女性患者・Yさんのベッドサイドにやってきました。

彼女は摂食障害で2年にも渡る入院生活を送っていた。

初対面の私にも気さくに話しかけてくれ、
にわかにはその病気の重さを察せられませんでした。

腕をまくると、黒々とした脈が浮き出てきた。

「一見採血しやすそうだけど、これが手強いのよ。
注射針を刺そうとすると、くるりと脈が逃げちゃうの。
初めてやって注射に成功した先生はこれまでにないのよ」
と、なぜだか自嘲気味につぶやくのでした。

そのとき、注射を成功させなくとも、
彼女に責められることはなかったでしょう。

しかし、彼女を深く失望させるような気がした。

「何としても、一発で注射を決めなくては」と考えました。

結果は、成功でした。

すると彼女の顔はパァーと明るくなり、
「一回で成功させてくれた人は初めて」と言ってくれた。

その一件から、彼女は私を少し信頼してくれるようになりました。

ただ、私は彼女の担当医ではないので、
長いカウンセリングを行うことなどはない。

ただ、病棟で会えば挨拶をする、そのような関係でした。


それから数ヶ月経過したある日、
私は当直医として夜間の病棟回診をしていました。

そこで彼女に呼び止められた。

「どうしても、先生に見てもらいたいものがある。
それを見て欲しい」と。

回診が終了してから、彼女の元に行くと、
彼女は私を女子トイレの入り口付近に案内します。

彼女はトイレの洗面台に向き合っている。

私はトイレの外。

そこで
「これが私のすべて。
これまで誰にも見せたことはないけど、どうか見て欲しい」
と言って、いきなり身体全体を波打つように震わせました。

するとゴボンゴボンと異様な音。

そして口のあたりからビシャーと吐物が噴水のように溢れました。

手を口に入れることもなく!

これを何度も繰り返す。

内発的・律動的に嘔吐を継続するさまは、
「人間ポンプ」さながらです。

トイレの中は真っ暗ですが、
窓の外の薄明をバックに、蠢く彼女が影絵のように映し出されて、
まるで奇妙な夢を見ているかのよう。

ひとしきり吐いた彼女は、よろよろとトイレの外に這い出て、
すとんとへたり込みました。

私はここでようやく我に返り、
看護師を呼んで、彼女をベッドまで一緒に連れて行く。

そのとき、何て声を掛けたか、自分でも覚えていない。

その後、当直室に帰り、しばらく天井を見つめながら考えていました。

これまでに彼女とそれほど多くの言葉は交わしていませんが、
当時の私にとって、
取り扱いあぐねるような重いメッセージを託されたのだと感じました。

担当医でもない私が、Yさんとこれ以上濃密に関わるべきでないとは思う。

そんな私は、そもそも何をしてあげるべきだったのか、
それとも何もすべきでなかったのか。

このメッセージ、これからどう咀嚼してゆくべきなのか・・・。

それから何年もの月日が経ち、
あのメッセージに私なりの意味づけが行われました。

患者さんの信頼を受けることは難しいが、
患者さんの人生の一端を引き受けることはもっと難しい。

あの時、期せずして、患者さんの人生のとば口を覗く羽目になったが、
当時の私はただ慄然とするだけで、それを受け止める度量がなかった。

詰まるところ、
「おまえに、患者さんの人生を受け止める覚悟ができているのか」と、
問われた気がしてならない。

そして今、私は摂食障害治療の専門家になっている。


本書は、摂食障害・醜形恐怖症・自己臭恐怖症など、
自己愛危機にさらされた女性達が、
格闘・克服した過程を描いた記録書であり、
伴走した精神科医から同様の悩みで苦しむ女性達
(そして、治療に携わる方々)に捧げる指南書です。

教科書的なことにはあまり触れていませんので、
そのような記述を望まれる方は他書をご参照ください。

ただ、本書にはあちこちに、
苦しみ喘ぐなかからしか発せられないであろう
本音の言葉・値千金の言葉が横溢している。

あなたに自分の人生を受け止める覚悟があるなら、
必ずやこころに響く言葉に出合えるでしょう。

人生はリレーです。

かつてYさんから私が大切なバトンを受け取ったように、
あなたも先輩たちからどうかこのバトンを受け取ってほしい。

そこに「ありのままの自分が、存在することを許せるようになる」ヒントが
あるはずです。


熊木徹夫(あいち熊木クリニック)

→→→ http://ux.nu/tJ3U5

───────────────────────────────────

●マガジン名「精神科治療の鬼」
●発行元:「臨床感覚の広場」
●発行責任者:熊木徹夫
●執筆者:熊木徹夫、水谷雅信

<関連サイト>
あいち熊木クリニック(愛知県日進市) 
http://www.dr-kumaki.net/
http://www.dr-kumaki.net/mobile/
水谷心療内科(岐阜県多治見市) 
http://www.dr-mizutani.jp/
「精神科薬物の官能的評価」をみんなで語るブログ   
http://dr-kumaki.blogspot.jp/
お問い合わせ・メルマガの感想 
http://www.dr-kumaki.sakura.ne.jp/postmail/postmail.html 

※1:本メルマガは、臨床情報の提供のみを目的としたもので、
これは医療行為に該当しません。
また、本メルマガの正確性、合法性および道徳性については、補償いたしません。
よって、本メルマガを利用し発生した、
被害および民事、刑事問題については、当方は一切の責任を免れます。
この情報に関わる最終判断は、読者の皆様ご自身の責任でお願いします。

※2:サイト「臨床感覚の広場」 http://www.dr-kumaki.com/
の掲示板における書き込み、および本メルマガで取り扱わせていただく
精神科薬物の<官能的評価>、および本メルマガに掲載される記事の著作権は、
いずれも熊木徹夫および水谷雅信に帰属します。
必ず<精神科医熊木徹夫・記>あるいは<精神科医水谷雅信・記>と付記ください。
(あなたのお知り合いへの転送を、歓迎します)

※3:本メルマガへのご意見・ご感想、
熊木や水谷への各種ご質問(臨床相談、よろずQ&Aについても)は、
以下まで、お願いします。
http://www.dr-kumaki.sakura.ne.jp/postmail/postmail.html

※4:本メルマガ「精神科治療の鬼」では、熊木あるいは水谷に対しての
精神科臨床に関する講演・取材のご依頼を承っております。
詳しくは、以下にお問い合わせください。
http://www.dr-kumaki.sakura.ne.jp/postmail/postmail.html

※5:現在、相互紹介は承っておりません。

Copyright(C),2004-2018 臨床感覚の広場 All Rights Reserved.

───────────────────────────────────

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎精神科治療の鬼 ~熊木徹夫・水谷雅信の臨床哲学・心療対話~
のバックナンバーはこちら
⇒ http://archives.mag2.com/0000139489/index.html?l=nil0003225

◎精神科治療の鬼 ~熊木徹夫・水谷雅信の臨床哲学・心療対話~
の配信停止はこちら
⇒ http://www.mag2.com/m/0000139489.html?l=nil0003225

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ