心呼吸 ~大切な人を想う時間

  • ¥0

    無料

「まぐまぐ特選!おすすめメルマガ」に選ばれました。あなたにとって「大切な人」はいますか?そっと心に手を当て、大切な人のことを思い出してみてください。内気で口下手な私が、大切な人を思い続けていくために感じてきたことをお伝えします。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
心呼吸 ~大切な人を想う時間
発行周期
週刊
最終発行日
2006年11月25日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000144057
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > こころ > 心理学

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

         心呼吸 〜大切な人を想う時間

          http://www.slow-hot.com/
                          スローほっとコム
                          2006/11/25 vol.104
__________________________________
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆◆


こんにちは。スローほっとコムの松岡です。

スポーツの秋 といいますが、最近、バレーボールやサッカー、マラソンなど、
テレビでもスポーツ番組が多いですね。

私はスポーツ観戦をするのが好きで、試合を見るのも好きですが、テレビ解説
の人がいろいろとそのスポーツについてや選手について語るのを聞くのが好き
なんです。

だから、生の試合を見に行くよりも、家でテレビ観戦をする方が好きです。

この間の東京国際マラソンでも、高橋尚子選手について、元マラソン選手の増
田明美さんが、「高橋選手は、なにより沿道からの応援に力をもらって強くな
れる選手だ」と言われ、そんな高橋選手が大好きになりました。

高橋選手、北京五輪への道はけわしいけれど、がんばって!!

そして、男子バレーも、がんばってください!!


それでは今日も、ゆっくりとおつきあいくださいね。


・..・∵・..・∵・..・∵・..・∵・..・・..・∵・..・∵・

◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       今週の心 第104話「家族ってそういうもの」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先週の土曜日、テレビで「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」を観
ました。原作は、リリー・フランキーさん著のベストセラーとなった本です。

私は、本が映画化されたりドラマ化されると、本の方が先に読みたくなるんで
すが、この「東京タワー〜」は、本を読むまえにドラマを観ました。

ドラマを観て、一番に感じたのは、「あぁ、家族だなぁ」ということでした。

この物語は、リリー・フランキーさんの半生を描いたもので、リリーさんがイ
ラストレーターを目指し上京したものの、貧乏暮らしでアパートを追い出され、
ホームレスになったり、オカンが癌で闘病生活に入ると、その看病をしたりと、
それはとても波乱万丈な人生でした。

そして、そこには、オカンとボクとの、強い絆がありました。

ボクが上京して、貧乏生活していたとき、アパート代を払ってくれたのはオカ
ンだったし、オカンを九州から東京へ呼び寄せて、一緒に暮らそうといったの
は、ボクでした。

そしてもうひとり、オトンの存在がありました。

オトンは、酒癖がわるく、常に家を不在にしていながら、時々あらわれ、問題
ごとを起こすのです。

ボクは小さな頃から、そんなオトンが嫌いで、どうしてオカンはそんなオトン
と別れないのだろう とずっと思っていました。

その答えは、オカンが病の床についたときに、わかりました。

オカンが癌に侵され、余命いくばくかというとき、オトンが九州から東京へや
ってきました。

その時も、ボクはオトンに対して、不快感を示していました。

するとオカンが言うのです。「こんなに時間をかけて、東京まで来てくれたん
だから…」

そして、「(オトンのことは)私がわかっていればいいんだから」と、にっこ
り微笑むのです。

家族って、きっとこういうものなんだろうな と思いました。

家族って、どこまでいっても、家族なんだな と思いました。

まわりからみれば、オトンは、どうしようもない父親だったかもしれないけれ
ど、

そんな父でも、オカンにとっては自分の夫で、

オカンにしかわからない、オトンの優しさや、愛すべき部分があるのだと。

「そういうとこ、困るよなぁ」って部分が、

家族や、大切な人にとっては、その人のよさだったりするのかもしれないなぁ
と、思ったのです。

いつもいつも、いいときばかりではないかもしれないけれど、

家族って、ずっと、つながっているものだと思う。

だから、「家族」という最小単位から、すこしずつ、すこしずつ、糸をつむぐ
ように、自分自身の絆を、人間関係を、築いていくことが大切なんだなぁ と
思いました。

それともうひとつ、ボクから「東京にでてこんね」とさそわれたとき、「いっ
てもええんね?」とにっこり答えられるオカンは、すばらしいと思いました。

自分を必要としてくれる人、大切に思ってくれる人のそばで生きていくために、
柔軟な頭と心が必要なんだなぁ と思いました。


私もいつか、息子が大きくなって、東京に出ていくようなことになったとき、
そのときは、一緒に東京タワーに上がれるといいなぁ。



●あとがき==========================================================●


最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

リリー・フランキーさんといえば、今、NHKで、アニメ「おでんくん」が放
送されていますが、私はこの「おでんくん」が大好きです。

おでんの具が、登場人物になってでてくるのですが、アニメの中に、人生があ
り、愛があり、特に大根先生の語る人生には、心うたれるものがあります。

「東京タワー」のドラマをみて、リリー・フランキーさんの描く「おでんくん」
だからこそ、人生味あるアニメになるんだなぁ と、あらためて納得しました。


メールマガジン「心呼吸 〜大切な人を想う時間」は、みなさまからのお便り、
ご感想、ご意見をお待ちしております。

どんなひと言でも、どんな感想でも、きっと、とっても励みになります。あな
たの声を、お待ちしております!

では、また来週、お会いしましょう!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★…────────────────────────────────…

●発行元:スローほっとコム http://www.slow-hot.com/
●発行責任者:松岡貴美子
●ご購読の停止・配信先変更:http://www.mag2.com/m/0000144057.html
●ご意見・感想・お問い合わせ:kokoro@slow-hot.com
●まぐまぐID:0000144057 http://www.mag2.com/

…────────────────────────────────…★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ