フラワーエッセンス入門 光のしずくで魂を癒す

  • ¥0

    無料

花のエネルギーで心・体・魂を癒すフラワーエッセンスとレメディ。22年の研究・実践歴のある専門家で、ヒーラー、アルケミスト、牧師でもある筆者が、古代の花療法の伝統、現代の自然科学と心理療法的アプローチまでを合わせて、深く広い視点から話しかけます。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
フラワーエッセンス入門 光のしずくで魂を癒す
発行周期
月1回+
最終発行日
2019年01月24日
 
発行部数
1,105部
メルマガID
0000145854
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > こころ > 癒し

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

Flower Medicine: Essence, Remedy and Healing

☆ フラワーエッセンス入門 ☆


2019年1月24日号


目次

1. Web講座「フラワーメディスン入門 パート3」
  受付け中です


2. SHAS校長のインタビューが入った本
 『魂の医療 ― これからの時代に必要な視点、
  価値観、療法を探る』が出版されました
 (抜粋紹介あり)


3. SHASでハンズオンヒーリングを学ぶための
  道案内 2019年版


ーーーーーーーーー ☆ ーーーーーーーーー


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1. Web講座「フラワーメディスン入門 パート3」
  受付け中です
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


 パート3の最初の講義は2月23日です。

 手続きの完了した人からアクセス情報を配信
しています。
 

 ☆ 講座の詳細とシラバス
 ▼ https://lifeschool.org/intensive-retreat/flower-medicine/



ーーーーーーーーー ☆ ーーーーーーーーー


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2. SHAS校長のインタビュー2つを含んだ
 『魂の医療』がナチュラルスピリット社から
  発売になりました

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 
 「ホリスティック医療の向かう先」を
テーマに「各分野の最先端で仕事をする
10人にインタビュー」という、なかなか
これまでなかった企画の本です。

 私は「自然との関係を結び直す 
フラワーエッセンスとフラワーメディスン」
と「エネルギーの使い手 ハンズオン・
ヒーリング」の章で話をしています。

 インタビュー形式ですが、見出しからも
わかるように、内容はみっちり詰まって
います。

 長く学んできた人たちとのクラス以外
では話したことのない話題も結構話もあり、
長く私の書いたものを読んできた人にも、
すすめられる内容です。



<見出し>

「フラワーレメディー」の創始者、
 エドワード・バック
ホメオパシーからフラワーレメディーへ
さらにフラワーエッセンスへ
共振(リソナンス)と本質(エセンティア)
エッセンスに作り手のエネルギーが影響する
その人の全体を見ること
花と共振する魂
プラクティショナーの在り方
「フラワーメディスン」への思い
部族の人々の先見の明


<抜粋紹介>



 ぴったり合ったフラワーエッセンスを
選ぶには、その人の感情性はどのような
ものか、考え方のパターンにはどんな
癖があるか、その人の全体的なタイプや
本質はどのようなものなのかなど、
対話や観察を通してていねいに見て
いくことが必要です。

問題や悩みというのは、本人の深い
ところにある本質と、周りの世界との
葛藤から来るものだからです。

(中略)

プラクティショナーの役割は、その人と
対話をしながらテーマを掘り下げるのを
助け、その人がまだ自分で見ることの
できていない自己の本質を鏡のように
映し返してあげることです。

ですから、プラクティショナーには
エッセンスや植物についての知識だけでは
なく、人間に対する観察力も必要であり、
人生経験も豊富なほどよいのです。

(中略)

私が師事したジェシカ・ベアは、
バックレメディーと漢方の経絡やツボの
知識までを結びつけて、治療に応用して
いました。

フラワーレメディーのミストと
セルソルトだけで、10年近く聴力の
なかった人の耳をその場で聴こえるよう
にするなど、驚くような治療の光景も
目にしました。

私はヒーラーとしての専門訓練を
受けているので、チャクラやヒューマン
エネルギーフィールドとフラワー
エッセンスの効果について、観察と
研究を重ねてきました。また、性格
構造論の性格タイプとの関係に
ついても早くから気づいていました。

ヒーリングとフラワーエッセンスを
組み合わせて仕事をしている間に、
特定のタイプレメディーが
当てはまる人の体つきや顔立ち、
肌の質、エネルギーフィールドの状態、
神経系の発達の具合などが、共通して
いることに気づいたのです。
 
大切なのは、どのようなアプローチで
あっても、問題や症状を細切れの
キーワードでとらえるのではなく、
その人の全体を丸ごと診ることです。

自分のクライアントのために
エッセンスを選ぶとき、私はその人の
人格(パーソナリティー)、体質や
体つき、チャクラやエネルギーの
状態、そして魂の傾向性を見ながら、
その人と特定の花の間にリゾナンス、
つながり、対応が感じられるか
どうかの手応えを、納得がいくまで
探します。

 また、対面のセッションであれば、
ハンズオン・ヒーリングにフラワー
エッセンスを組み合わせることも
あります。




書籍のリンクはこちら
▼ http://alchemical-heart.cocolog-nifty.com/temple/2018/12/post-ea69.html



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

3. SHASでヒーリングを学ぶための道案内 
  2019年版

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 「SHASで勉強を始めたいのですが、
どこから入ったらいいですか」という質問に
答えて、まずハンズオンヒーリング用の
「道案内 2019年版」をまとめました。

 手が空いたら、フラワーエッセンス療法
用の「道案内」もまとめます。

 ここしばらく、ハンズオンヒーリングの
対面の講座は前提条件のあるものが多く
なっていましたが、2019年は久しぶりに、
入門講座と基礎講座があります。

 5月のハンズオンヒーリング入門講座(
対面)は申込み受付けを開始しています。


SHASでハンズオンヒーリングを学ぶための
道案内 2019年
▼ https://lifeschool.org/2019/01/22/learn-hands-on-healing/


ーーーーーーーーー ☆ ーーーーーーーーー

School of Healing Arts and Sciences
http://lifeschool.org/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

新規購読、メアド変更、配信停止などの
手続きは「まぐまぐ」のマイページから
https://mypage.mag2.com/mypage/subscribe/SendSubscribeMagazineListMail.do
マガジンID=0000145854


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「フラワーエッセンス入門」
発行 School of Healing Arts and
Sciences
Copyright (C) 2019 School of Healing
Arts and Sciences. All rights resrerved.
あらゆる媒体におけるすべての版権を
所有。このメールマガジン内および
リンク先のすべての文章と画像を含む
コンテンツを、許可なく外部の媒体、
メディア、ブログ、SNS、ポータル
サイト等に転載・転用することを禁じます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<以下はまぐまぐからのお知らせ>
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ